【卓球ラケット】ビスカリアのレビュー!中国張継科使用ラケット

どうも卓球好きしゃちょ~です^^

今回は中国の張継科選手が使用しているラケット
としても有名なバタフライの「ビスカリア」を
試打してみたレビューについて書いていきたいと思います!

世界のトップ選手が使っている事も多いビスカリア

一体どんなラケットなんでしょうか?

 

 

【卓球ラケット】ビスカリア(バタフライ)のレビュー!

 

 

ビスカリアはバタフライから発売されていた
アリレートカーボン搭載のラケットです。

今だとティモボルALCや張継科ALCが
アリレートカーボン搭載モデルとして
販売されていますよね^^

・ティモボルALCとティモボルスピリットは違いがあるのか試打してみた結果

 

ちなみに、このビスカリアは日本では廃盤になっているのですが、
海外ではまだ普通に販売されていてとても人気があるそうです(笑)

なので、それが日本に逆輸入されてかなりの高値を
つけているなんて光景を目にすることも多いですが、
良いラケットなので多少高値でも取引されていますね!

 

と、余談はこれくらいにしておいて、
ビスカリアは一体どんなラケットなのか
レビューしていきたいと思うのですが、
ビスカリアで特徴的だと思うのが
やはりボールを捉える独特の打球感と
バックハンドが振りやすいグリップにあると思います。

 

 

ビスカリアのグリップを見てみると
くびれた形状をしていて、
全体的に太めの作りになっているのですが、
この独特のグリップ形状は
バックハンドを打つ時のフィット感を高めてくれるので
バックハンドドライブをガンガン打っていくことができます。

しかも、ビスカリアには適度なしなりがあるので
木材合板とまではいきませんが
しっかりボールを掴む感覚があるので
バックハンドがただ振りやすいというだけでなく
連打しても安定させやすいという
とても優秀なラケットだと思います!

なので、例えばチキータで先手を取って両ハンドドライブで
畳み掛けていくというような
高速卓球をしたい選手にはうってつけのラケットですね。

 

ただ、個人的にはバックハンドが打ちやすい分
フォアハンドが打ちにくいと感じました(^_^;)

ビスカリア独特のグリップ形状からなのか
フォアハンドを打つときは手のひらへの
フィット感がバックハンドを打つ時に比べると少なく
ラケットの角度が出しにくいような感じがあったので
ビスカリアでフォアハンドを打つ場合は
グリップへの慣れが必要だと思いました。

また、ビスカリアは張継科選手が使っているように
粘着ラバーとの相性がとても良いのですが、
ビスカリアに粘着ラバーを組み合わせるのであれば
しっかりとラケットを振り抜けるパワーがないと
ボールが思ったように飛んでくれずミスが増えてしまうかと思います。

ビスカリアはどちらかというとハードな打球感なので
そこに粘着ラバーを組み合わせるとなると
ある程度パワーがないと打球時にボールが弾けてしまう感じになって
思ったようにボールがコントロールできなくなってしまう
という事が増えてしまう可能性がありますね。

逆に、ソフトなテンション系ラバーを貼ると
なぜかボールを掴む感覚が倍増して
誰でも扱いやすいラケットになってくれるので
ビスカリアを最初使い始めるときは
ソフトなテンション系ラバーから初めてみると
気に入る確率が高くなるような気がします。

 

まとめ

 

今回はビスカリアのレビューについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

発売から時間が経っているラケットですが
世界のトップ選手がいまだにこぞって使っている
とても高性能なラケットなので、
一度使ってみる価値はあるラケットだと思います。

バックハンドが異常に打ちやすいグリップなので
バックハンドを苦手としている選手が使えば
弱点を簡単に補強することができるかもしれませんね。

1 Comment

しおん

どうもこんにちは!いつも楽しく読ませていただいてます。
ビスカリアと張継科ALCは打球感は違いますか?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください