ブライスハイスピード試打レビュー!回転がかけやすい超スピード系ラバー

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

 

 

テナジーが発売される前は
ハイテンションラバーのブライスが
最高峰のラバーに君臨していたと思うんですが、

 

 

テナジーが発売されたことで、
一気にトップ選手がテナジーを使用するようになり、
テナジーの時代がやってきました。

 

 

やってきたんですが、

 

 

ブライスシリーズは後継ラバーが発売されて
現在ではスピード系テンションラバーの
ポジショニングをしっかりとキープしてますね。

 

 

 

で、そんなブライスシリーズの最新作である
ブライスハイスピードを試打したので、

 

 

今回はブライスハイスピードを試打した
感想やレビューをみなさんに
シェアしていきたいと思います^^

 

 

 

ブライスハイスピード試打レビュー!回転がかけやすい超スピード系ラバー

 

 

 

ということで、

 

 

ブライスハイスピードを
貼ってみました^^

 

 

 

 

やや埃っぽいですが…

 

 

これまでのブライス同様しっとり系のシートですが、
サラッとした感じはなく、
しっかり引っかかる感じのシートです^^

 

 

 

次に、スポンジを見ていくと、

 

 

 

 

白いスポンジで、
弾力感がかなりあります。

 

 

そして、
シートの表面の厚さをよく見てみると、
かなり薄いのがお分かりいただけるかと思うんですが、

 

 

これは「マイクロレイヤー」という
新技術になっているそうです。

 

 

シートを薄くすることで
打球時のひきつれが大きくなり、
ボールの引っかかりを
良くする効果があるそう。

 

 

 

なので、随所に改良が加えられている
最新式のラバーというわけなんですね。

 

 

 

 

では、早速ブライスハイスピードを
打ち込んでいきます。

 

 

 

まず、フォア打ちしてみると…

 

 

ボール速っ…(^_^;)

 

 

って感じです(笑)

 

 

 

自分のイメージの数倍速く
ボールが飛ぶ感覚がありますね。

 

 

 

まさにハイスピード…

 

 

名前通りのラバーです。

 

 

 

で、次にドライブを打っていくと…

 

 

 

ヤバイ…

 

 

速すぎる(;´∀`)

 

 

 

なんじゃこりゃレベルで
ボールが飛んでいくんですが、

 

 

早送りしている映像を
見ている感じなんですよガチで。

 

 

 

で、これまでのスピード系
テンションラバーというと、

 

 

 

ボールが直線的に飛びやすく、
どうしてもネットミスしやすい
イメージがあったんですが、

 

 

ブライスハイスピードの場合は
スピン系テンションラバーほど
高い弧線はでないものの
しっかりと弧線を描いて
ボールが飛んでいってくれるので
思ったよりもネットミスは出ませんでした^^

 

 

 

で、ブライスハイスピードは
球離れもボールのスピードも激速なので、
しっかりボールを打っている
という感覚はあまりないですね。

 

 

 

ラケットに当たったと同時に
ボールが飛んでってる

 

 

という感じで、

 

 

 

ボールが飛ぶのが速すぎて
ちょっと言過ぎかもしれませんが
自分が打ったのかどうか
分からなくなる感じがするんですよね(^_^;)

 

 

 

なので、一発狙う時以外は
かなりコンパクトスイングで
戻りを速くしていないと
返ってくるボールに反応できない感じです。

 

 

 

それと、ブライスハイスピードのドライブは
スピードは激速なものの、
回転量という点ではそれほど多いわけではないので、
スピードを利用されて速いブロックや
カウンターをされやすいという印象がありました。

 

 

 

なので、特に一発狙うような場合は
しっかり相手が返しづらいコースを
狙って打つようにしないと
リターンエースを決められやすく
なってしまうかと思います。

 

 

 

思いますが、
ブライスハイスピードのボールは相当速いので、
軽く打ってるのに相手が反応できず
ボールが抜けてしまう事が平気であるんですけどね(笑)

 

 

 

 

あと、思ったよりもサーブやツッツキの
回転を切りやすいのが驚きでした。

 

 

 

初期のブライスは
やや回転をかける感覚が
掴みづらい感じがあったんですが、

 

 

ブライスハイスピードは
マイクロレイヤーを採用したからか、
かなり回転をかける感覚を
つかみやすくなっていると感じました。

 

 

 

なので、サーブやツッツキ、
台上のコントロールが
割りとそつなくこなせる感じですね!

 

 

 

ただ、ブライスハイスピードの
大きな弱点としては、
ループドライブをした時は
とことんボールのスピードが出ません。

 

 

 

普通にドライブしたり、
スピードドライブする場合は
ブライスハイスピードは
他のラバーの追随を許さないくらい
ボールのスピードが出てくれるんですが、

 

 

シートに引っ掛けるように
ループドライブをしようとすると、
スピードが極端に遅くなり、
そして回転もほとんどないような
甘いボールになりやすいので、

 

 

ブライスハイスピードは
ループドライブ禁止の
ラバーかもしれません。

 

 

 

ここまで、
ボールスピードの落差が出るラバーというのも
珍しいとは思うんですが、

 

 

ブライスハイスピードを使う場合は
ループドライブを使わず、
コンパクトにドライブを連打したり、
決め球を思いっきりぶち抜く
という感じが良いのでしょうね^^

 

 

・【BUTTERFLY】ブライスハイスピード

 

 

まとめ

 

 

今回は、
ブライスハイスピードの試打レビューを
書いてみましたがいかがだったでしょうか?

 

 

ブライスハイスピードは
スピードで押していく
というプレースタイルに
うってつけのラバーだと思います。

 

 

とにかくボールのスピード性能が
半端なく高いラバーなので
非常に面白いラバーでした。

 

 

 

ということで、
この記事が何かの参考になれば嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください