【STIGA】カーボネード45試打レビュー!弾むのにコントロールしやすい超高性能ラケット

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

今回は、質問があった…

カーボネード45について
書いていこうと思います!

カーボネード45といえば、
最近中国の女子トップ選手が
こぞって使っているということで、
注目している方も多いですよね(*^^*)

STIGAのラケットというと、
木材合板のラケットという
イメージがあったのですが、

カーボネード45は名前の通り
カーボンが2枚入っているので、
素材ラケットになります。

STIGAが作った素材ラケット
というだけでもワクワクしますが、
実際に打ってみたので、

早速カーボネード45を打ってみた
レビューを書いていきたいと思います!

人気記事

【STIGA】カーボネード45試打レビュー!弾むのに使いやすい超高性能ラケット

というわけで、

カーボネード45です^^

定価は2万円と強気の価格設定(笑)

あと、STIGAのラケットは
仕上げのクオリティが高いのも魅力ですね。

グリップの赤のラインは
ひと目でカーボネード45とわかります。

側面を見るとカーボンが上板のすぐ下に
配置されているのでカーボネード45は
アウター素材ラケットになります。

では、早速打ってみた感想を書いていきますね^^
(※F国狂3、Bテナジー05を貼って試打しました)

まず、軽くボールを弾ませてみると、
打球感が思っていたよりも柔らかく、
木材合板を思わせるような音が鳴ります。

というか、「ちょっと硬めの木材合板??」
と錯覚してしまいそうなくらい、
カーボンの主張が少ないですね~

大抵素材ラケットというと、、
アウター素材なら素材の主張が強く、
インナーラケットは素材の主張が弱い…

という感じでどちらにしても
素材が入っている感覚があるのですが、

カーボネード45は
違和感なく素材が木材の中に
溶け込んでいるという感じなので、
これにはとても驚きましたΣ(´∀`;)

「さすが作り方が上手い…」

と思わされましたね~(笑)

で、実際に打ってみると…

非常に弾みます!

粘着なのに、
テンションみたいなスピードの
ボールがいつもと同じ力加減で
打てちゃいますね(^_^;)

「これなら、一発で打ち抜きやすくなりそう…」

と思ったんですが、
普通に打ち抜けましたね^^

バックはテナジー05だったんですが、
補助剤塗ってるんじゃないかってくらいに、
速いボールがバシバシ打てるので、

カーボネード45恐るべしです(;・∀・)

で、多分…

「弾むラケットって使いこなせないんですよね~」

という方も多いと思うんですが、

カーボネード45は木材合板ラケットのように
ボールの飛び方が弧線を描いてくれますし、

しなりが感じられるので、
ボールを持って打つ感覚であったり、
回転をかける感覚というのがつかみやすい上に、

ラケットの重量も78グラム前後とかなり軽量なので…

ある程度技術のある方であれば
試してみる価値は確実にある
ラケットだと思いました。

私の場合、
カーボネード45を使ってみたら、
単純にボールのスピードが格段に上がって、
それでいてボールタッチも良くなったので、
手放すことはないと思います。

たまたまカーボネード45の相性が
絶妙に良かっただけかもしれませんが、

トップ選手がこぞって使っている
という状況を考えると、
私が思っている感覚というのは、
錯覚ではない可能性が高そうです。

「カーボネード45のレビューをお願いします」
というコメントがあったので、
レビューのために…と
買ってみたラケットだったのですが、

アリよりのアリだったので、
しばらくカーボネード45を
使い込んでいきたいと思います^^

・【STIGA】カーボネード45

まとめ

ということで、
最近注目度が高いラケット

カーボネード45について
レビューしてみましたが
いかがだったでしょうか?

軽くてめっちゃ弾んで
打球感は素材感がほとんどない…
そんなラケットはないんだろうな~

と思っていたのですが、

カーボネード45を打ってみて
もしかしたらこのラケットは
すべての条件を満たしているラケットなのでは…
と思いました。

もちろん、
木材合板のラケットと比べると
球離れは速いですが、

素材ラケットでありながら、
素材感がないくらいのフィーリングなので、
超高性能ラケットといって間違いないでしょう。

用具の進化を改めて
実感させられた1本でした^^

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. yuーki より:

    カーボネード90のレビューをお願いします