【卓球】ドライブの引き合い(打ち合い)で打ち勝つ4つのポイント!

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

 

 

卓球の花形となるプレーといえば…

 

 

激しいドライブの引き合い(打ち合い)ではないでしょうか?

 

 

 

私も初心者の頃はドライブの
引き合いが出来るようになりたい…
と憧れていましたが、

 

 

はじめは、
ドライブの引き合いをすると、
すぐにミスしてしまうので、
ドライブの引き合いは難しい
と思い込んでしまいがちです。

 

 

ただ、しっかり引き合いのコツを
掴んでしまえさえすれば、
面白いほど引き合いが出来るようになるので、

 

 

今回はドライブの引き合いのポイントについて
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

 

 

【卓球】ドライブの引き合いで打ち勝つ4つのポイント

 

 

ドライブの引き合いで打ち勝つために必要な
3つのコツについて紹介していきます!

 

 

1,ボールにしっかり前進回転をかける

 

 

ドライブの引き合いで打ち勝つ1つ目のポイントは、
しっかりボールに前進回転をかける
ということになります。

 

 

ドライブの引き合いでは、
相手のボールに強い前進回転がかかって飛んでくるので
しっかり前進回転をかけかえすようにしないと
押し負けてしまう原因となります。

 

 

2,弧線を高く上げるように意識する

 

 

ドライブの引き合いに打ち勝つ2つ目のポイントは…

 

 

ボールの弧線を高く上げることを意識する
ということになります。

 

 

引き合いになった場合、
台からやや下がっている状態になると思いますが、

 

 

少し下がった場所からドライブを打つ場合
弧線をしっかり描かせるようにしないと
ネットにかかってしまう原因になるので、

 

 

やや高く弧線を上げるような意識で、
引き合いをするようにすると
ミスしづらくなります。

 

 

3,体全体を使って打球する

 

 

ドライブの引き合いでは
台から下がってボールを打つ事になるので、

 

 

しっかりと体全体を使って
ボールを飛ばすようにしないと
良いボールを打つことができません。

 

 

打球前にしっかり溜めを作って
体のバネを思いっきり使うようにして
ボールを打球するようにしましょう。

 

 

4,打点はバウンド頂点の落ち始め

 

 

ドライブの引き合いで打ち勝つ4つ目のポイントは…

 

 

ボールがバウンドして頂点から落ち始めた瞬間を狙って打つ
ということになります。

 

 

引き合いになった場合、
速い打点を狙って打とうとすると、
オーバーミスしやすくなりますし、
逆に打点が遅くなり過ぎてしまうと、
威力が出なくなってしまうので、

 

 

ボールが台にバウンドして
頂点から落ち始めたあたりを
打球するようにすると、
ボールをコントロールしやすくなります。

 

 

・ドライブの引き合い【動画】

 

 

まとめ

 

 

今回はドライブの引き合いで打ち勝つ
4つのポイントについて書いてみましたが
いかがだったでしょうか?

 

 

引き合いになって得点ができると
試合中の流れもつかみやすくなりますし、
見ている人も楽しませることができるので、
引き合いもしっかり習得していきましょう。

 

 

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください