エボリューションEL-P試打レビュー!硬度がテナジー05に近い感じ

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

 

 

 

今回は、ティバーから発売されている
エボリューションEL-Pの
試打レビューを書いていきたいと思うんですが、

 

 

 

以前エボリューションEL-Sは
すでにレビューしていましたので、
興味がありましたら、
ご一緒にどうぞ^^

 

・エボリューションEL-S試打レビュー

 

 

 

エボリューションEL-P試打レビュー!テナジー05に近い感覚があるラバーでした

 

まずは、

 

 

エボリューションEL-Pの
外観を見ていきましょう^^

 

 

 

 

エボリューションEL-Sと
シートの質感はあまり変わらず、
しっかりとグリップ力が感じられます。

 

 

 

 

スポンジの気泡はかなり大きめですね^^

 

 

 

 

EL-Sと比較してみると、
EL-Pの方が明らかに
スポンジに気泡が大きい事が分かります。

 

 

 

 

 

実際指でEL-SとEL-Pを押し比べてみると、
明らかにEL-Pの方が柔らかいので

 

 

同じELシリーズではありますが、
硬度は若干違っているようです。

 

 

 

 

では、早速エボリューションEL-Pを
試打していきたいと思います(^^)/

 

 

 

 

まず、フォア打ちしてみると、

 

 

 

 

かなり、弧線が高く上がって
安定してラリーが続く
感じがありますね~

 

 

 

これは、テ◯ジーに似た感覚です!

 

 

 

 

エボリューションEL-PはEL-Sと比べると
かなりボールの食い込みが良いので
当てるだけで良い感じの
ボールが打てるという感覚が強いです。

 

 

その分、回転のかけやすさや
回転の絶対量はEL-Sの方が高いですが、
扱いやすさという面では
EL-Pの方があると感じましたね(*^^*)

 

 

 

また、EL-Pの方がEL-Sより
ボールのスピードや飛距離が出るので
フォアに使いやすいかもしれません。

 

 

 

で、エボリューションEL-Pで
結構やりやすかったのが

 

 

ツッツキ打ちなんですが…

 

 

 

エボリューションEL-Pでツッツキ打ちすると
なぜかいとも簡単にツッツキが持ち上がってしまうんですよね(^_^;)

 

 

 

 

普通、

 

しっかり回転をかけて持ち上げる
ように打たなければならないようなボールが

 

EL-Pはラバーが勝手にボールを
上に持ち上げてくれる感じなので、
神経質に下回転を持ち上げる
というような打ち方をしなくても
OKというような感じでした(笑)

 

 

 

 

これはかなりスゴイですね^^

 

 

 

 

EL-Sも下回転打ちがやりやすいと感じましたが、
EL-Pはそれ以上でしたね~

 

 

 

で、エボリューションEL-Pを
打っている中で思ったのが、
結構テナジー05に感覚が近いということでした。

 

 

 

 

ラバーの全体的な硬さもそうなんですが、
適度にボールがラバーに食い込んで
勝手に回転がかかって飛んでいってくれる
という感覚がかなり近いものがあるんですよね^^

 

 

 

もちろん、
完全に同じというわけではありませんが、
エボリューションEL-Pは
ポストテナジー05の
有力候補の1枚に入るラバーなので
もし興味がある場合は
一度試してみると良いかもしれません。

 

・【TIBHAR】エボリューションEL-P

 

 

まとめ

 

 

 

今回はエボリューションEL-Sの
試打レビューを書いてみましたが
いかがだったでしょうか?

 

 

 

エボリューションEL-Sは
かなりスピン重視タイプのラバー
といった印象が強かったので、

 

EL-Pも個性がはっきりしたラバーなのでは…

 

 

と予想していたんですが、

 

 

 

良い意味で予想を裏切られたという感じでした(笑)

 

 

 

エボリューションEL-Pは
かなりバランス重視のラバーという感じで
回転とスピードとコントロールの
バランスが取れた良いラバーだと感じました。

 

 

 

割りと打球感が柔らかめなので、
使いやすい感じのラバーです^^

 

 

 

もしよければ参考にしてみてください(*´∀`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください