エボリューションMX-P試打レビュー!テナジーと比較して思った事とは?

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

 

 

今回は、

 

エボリューションMX-Pの
試打レビューをしていきたいと思います^^

 

 

エボリューションMX-Pを
使っている人も多い気がしますし、
サムソノフ選手をはじめ
トップ選手の間でも使われているラバーなので、

 

 

一体どんなラバーなのか
気になりますね^^

 

 

 

 

エボリューションMX-P試打レビュー

 

 

 

ということで、
エボリューションMX-Pを貼ってみました^^

 

 

 

 

シートの質感はどっしりとした感触で、
曇り系の色をしてます。

 

 

 

 

 

スポンジは「レッドパワースポンジ」というそう。

 

 

 

 

かなり気泡大きいですね~

 

 

ハードスポンジとはなってますが、

 

 

気泡の大きさからなのか
指で押した感覚は割りと柔らかい印象を受けました。

 

 

 

 

 

では、早速試打していきたいと思います。

 

 

 

まずフォア打ちしてみると…

 

 

 

 

おお~

 

 

 

 

気持ちよく打てますね~

 

 

 

当てるだけで、
きれいに相手コートに入る…

 

 

 

これは、ひょっとしたら…
かなり使いやすいラバーかも!

 

 

 

という予感めいたものは
試打を始めた瞬間からあったんですが…

 

 

 

それは間違いではなかったですね。

 

 

 

 

次に、ドライブを打っていくと、

 

 

当たれば入るという感じで、
安定して何本もきれいに
ドライブが決まってしまいうし
金属音も若干鳴るので楽しいです(笑)

 

 

 

そして、
かなり回転がかかりが良いのか
ボールが走っていきますね^^

 

 

 

 

そこまで回転をかけようとしなくても
ラバーの性能で回転が
がっつりかかってくれてる感じです。

 

 

 

 

で、MX-Pはハードスポンジを
採用しているということだったので、

 

 

試打する前は、

「かなり硬い打球感なのでは?」

と予想していたんですが、

 

 

割りとソフトな打球感なのが好印象でした。

 

 

 

 

この打球感なら誰でも使いやすいかと思いますね。

 

 

 

 

ただ、
エボリューションMX-Pがすごいのは
ソフトな打球感でありながら、
普通にハードなラバー以上の
ボールが繰り出せるところなんです。

 

 

 

 

一般的には、

 

 

ソフトな打球感のラバーだと
ボールの威力が出にくかったり、
強打する時に打ち負けてしまったり、
という事がありますが、

 

 

 

エボリューションMX-Pは
質が良いシートとスポンジのおかげで
ソフトな打球感でありながら
ソフトなラバーのデメリットが
払拭されているという感じです。

 

 

 

 

扱いやすいのに
回転もかかるし、威力も出る…

 

 

という感じで、

 

 

 

どんな技術をやるにしても
やりにくいというのがなく

 

 

 

エボリューションMX-Pは
万能系ラバーといっても
良いのではないかと思います。

 

 

エボリューションMX-Pとテナジーを比較してみる。1番近いのは…

 

 

 

エボリューションMX-Pは
どんなラバーなのか?

 

 

ということは先程書いたんですが、

 

 

 

エボリューションMX-Pと
テナジーの比較について
気になっている人も多いようなので、

 

 

 

一応、個人的な感覚ではありますが、

 

 

 

エボリューションMX-Pとテナジーの
比較についても書いていきたいと思います^^

 

 

 

 

まず、エボリューションMX-Pは
打球感的にはテナジーFXに近いと感じました。

 

 

 

MX-Pは割りに柔らかい打球感なんです。

 

 

 

で、エボリューションMX-Pは
グッとボールを持ってから飛ばすまでの
時間がテナジーよりも少し長い感じで、

 

 

全体的なスピード感でいうと
テナジーの方がスピードが出やすいという印象ですが、

 

 

回転量的にはエボの方がかかっている事もあるので、

 

 

テナジーだと弾み過ぎてしまうとか、
テナジーだとスピードが速すぎる
と感じてしまうような場合は
エボリューションMX-Pにすることで、
丁度良い塩梅にする事ができるかもしれません。

 

 

 

また、テナジーシリーズの中で
どれに似ているかということでいうと
テナジー05FXが最も近いと感じました。

 

 

まとめ

 

 

今回は、エボリューションMX-Pの
試打レビューを書いてみました^^

 

 

エボリューションMX-Pを試打してみて、
これは良いラバーだと思ったんですが、

 

 

 

エボリューションMX-Pは
ザイロンカーボンとの相性が
結構良い感じなんですよね^^

 

 

 

MX-Pは柔らかい打球感だけど
しっかりしていて打ち負けることがなく、
それでコントロールしやすい感じなので、

 

 

テナジーとザイロンカーボンだと
少し弾み過ぎて使いにくいと思っていたんですが、

 

 

 

エボリューションMX-Pと
ザイロンカーボンを組み合わせてみたら
丁度良い弾み感になって
割りとどんぴしゃな感じで、

 

 

MX-P自体は弧線が高く上がりやすいラバーで、
ザイロンカーボンは直線的な飛びをするラケットなので
この組み合わせは割りとバランスが良いと感じてます。

 

 

 

なので、ちょっと使ってみて検証していこうかな?
と思ったりしてます。

 

 

 

ということで、
少しでもエボリューションMX-Pの
イメージが伝わりましたら幸いです^^

 

 

・【TIBHAR】エボリューションMX-P

 

 

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください