ファイヤーフォールAC試打レビュー!インナー素材らしいバランス型ラケット

みなさん、あけましておめでとうございます^^

 

 

卓球好きしゃちょ~です(*^^*)

 

 

 

年末年始はブログの方は
お休み状態だったんですが…

 

 

これから再開していきますので
今後ともみなさんに
有益な情報共有ができたらと思います!

 

 

というわけで、

 

 

 

前置きが長くなってしまったんですが、

 

 

 

今回は、ビクタスのラケット
「ファイヤーフォールAC」の
レビューを書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

ファイヤーフォールAC試打レビュー!インナー素材らしいバランス型ラケット

 

 

ということで、

 

 

 

じゃん!

 

 

ファイヤーフォールACです。

 

 

 

 

ファイヤーフォールシリーズは
ブレードのデザインが
特徴的で好みが分かれそうですが、
ラバーを貼ったら見えないので
特に気にならないですね(笑)

 

 

ラケットをサイドから見てみると、
中心材の外側にアラミドカーボンが
挟み込まれていますが、

 

 

板厚は6.6ミリと厚めな感じなので、
かなり反発力が高そうな感じがあります。

 

 

 

 

 

グリップデザインは
落ち着いた色使いで、
使いやすそうで○

 

 

 

 

 

では、

 

 

早速ファイヤーフォールACを
試打していきます。

 

 

 

 

(V15エキストラで試打していきます。)

 

 

 

まず、軽く玉突きしてみると…

 

 

思っていたよりも
打球感が柔らかい感じです。

 

 

 

アラミドカーボンが入っているので
しっかり素材の打球感はあるのですが、

 

 

ラケットにボールがバウンドした瞬間の
フィーリングは一度ラケットに
ボールが食い込んでから反発するような感じです。

 

 

 

なので、打球音で表すと、
カンカンという音ではなく、
クワンクワンという感じで、
コンコンとカンカンの中間の音が鳴ります。

 

 

 

次に、軽くフォア打ちしてみると、

 

 

 

やはり、弾みますね~

 

 

かなりアウターラケットに近い感じです。

 

 

 

で、いろいろと
この後もファイヤーフォールACを
打ち込んでみたんですが、

 

 

 

これといって大きな特徴が
良くも悪くもないんですよねΣ(´∀`;)

 

 

 

とにかくバランスが取れていて、
飛び抜けている性能はないのですが…

 

 

どれを取っても、
レベルが高いという感じで、

 

 

 

優等生インナーラケット過ぎます(^_^;)

 

 

 

5教科全部80点取ってる
という感じですね~

 

 

 

やりづらい技術も特になかったですし、
プレーしていて不満を感じることもないので、

 

 

 

ファイヤーフォールACは
ラケット選びで迷っている人に
かなりすすめやすい1本ですね(笑)

 

 

 

 

自分の目指すプレースタイルが
まだ分からないけど、
とりあえず攻撃型でやっていきたいという人や、

 

 

いずれはパワー重視の卓球がしたいけど
まだまだパワーが足りないから、
硬いラケットは扱う自信がない

 

 

という人に、

 

 

ファイヤーフォールACは
マッチしてくるのではないかと思います。

 

 

 

実際ファイヤーフォールACは
かなり売れているという話も聞くので、
試打してみて思った通りの
評価を受けているのは間違いなさそうです(^o^)

 

 

・【VICTAS】ファイヤーフォールAC

 

 

まとめ

 

 

今回はファイヤーフォールACの
試打レビューを書いてみましたが
いかがだったでしょうか?

 

 

ファイヤーフォールACは
弾みもしっかりありながら、
打球感もソフト目で扱いやすいので、
弱点の少ないラケットといえますね。

 

 

時々使っている人を見かける
ようになってきたので、
これから少しずつビクタスの
ラケットを使っている人を
見かけることも増えてくるかもしれませんね^^

 

 

 

ということで、
もしよかったら参考にしてみてください(*´∀`*)

1 Comment

ドライブマン

同じインナーにカーボンが入っているインナーフォースレイヤーalcと比較してください!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください