【卓球】フォアフリックのコツとフォアフリックが上達する練習方法

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

短いサーブを出して、
相手にツッツキをさせて
3球目攻撃する

というのは卓球では
王道の攻撃パターンですが、

相手の短いサーブに対して
フリックで2球目攻撃をして
相手よりも先手を取る事ができれば、
レシーブの幅がぐっと広がり、
試合をより有利に進めやすくなります。

 

で、今回はフォアフリックのコツ
について書いていきたいと思うんですが、

フォアフリックはちょっとした
コツを意識して打つようにするだけで
決定率も威力も出せるようになるので、

もしよければ参考にしてみてください^^

 

【卓球】フォアフリックのコツ

 

フォア前に来たボールを攻撃する技術が
フォアフリックになりますが、

フォアフリックを打つ場合には
いくつかコツがあるので、
1つずつ解説していきたいと思います^^

 

  • STEP.1
    肘を曲げ打球準備に入る

     

    フォアフリックを打つ場合は、
    腕を伸ばしきった状態で打とうとすると、
    ラケットの角度が不安定になりやすく、
    安定しなくなってしまうので、
    軽く肘を曲げボールに体を寄せるようにし、
    打球準備に入るようにします。

  • STEP.2
    ラケットの面を立て気味にし肘支点でスイングする

     

    フォアフリックの打球準備をする際は
    ラケットの角度をやや立て気味にする
    ということを意識してみてください。

    ラケットの角度をかぶせた状態で
    フォアフリックをしようとすると、
    回転を強くかけないと入らないですし、
    ボールのスピードも落ちてしまい、
    相手が取りやすいフリックになりやすいです。

    また、フォアフリックのスピードを出すためには
    肘支点で斜め上方向に強くスイングすると
    ボールのスピードが乗ったフリックになり、
    得点に結びつきやすくなると思います。

     

    ただ、強い下回転がかかっているような場合は、
    ムリにフリックしようとしてしまうと、
    ネットミスにつながってしまうので、
    フリックできるボールかどうかを
    よく見極める目を養うことも大切です。

    フリックしづらいボールであれば、
    すくいあげるようにフリックしたり、
    ツッツキやストップに切り替えても良いと思います。

    また、手首のスナップを使って
    フリックすると回転がかかります。

  • STEP.3
    ボールと体の距離感を大切にする

     

    フリックをするときは、
    ボールと体の距離感が適切かどうか?が
    決定率に大きく影響してきます。

    ボールと体の距離が近すぎても遠すぎても
    フリックが安定しなくなってしまうので、

    瞬時にボールに対して適切な距離感を取れるよう
    足を動かしフリックを行えるようにしましょう。

  • STEP.4
    弾くフリックで得点力を上げる

     

    フォアフリックで先手を取って
    攻めることができれば
    その後の展開を有利にすることができ

    相手のサーブから得点を上げることが
    できるようになりやすくなるのですが…

    フォアフリックに威力がないと
    逆に待たれて相手に狙われてしまうので
    できるだけスピードのある
    フォアフリックを打つことが大切になります。

    フォアフリックに威力を出すためには
    擦る感覚よりも弾く感覚を強くして
    ボールを打球するのがコツです。

     

  • STEP.5
    手首を柔らかく使いコースを打ち分ける

     

    フォアフリックのコースを打ち分ける際は、
    手首を柔らかく使い角度を変えて、
    コースを打ち分ける必要があります。

    フォアフリックを打つ際に、
    腕や手首に力が入りすぎていると、
    同じコースにボールがいきやすくなり
    相手に読まれやすくなってしまうので、

    様々なコースにフリックを打ち分けられるよう、
    手首を柔らかく使える意識を持って
    フリックを行うようにすると良いでしょう。

フォアフリックを上達させるための練習方法

 

フォアフリックを上達させたいと思ったときには

フォア前に小さく下回転のボールを
出してもらって
それを繰り返しフリックする
というような感じで多球練習すると良いですね。

いきなり、いろんな回転のボールを
フリックしていくというのではなく、

まずは下回転だけ出してもらって、
フォアフリックの精度を高めていきましょう。

 

で、下回転に対するフォアフリックが
安定して打てるようになってきたら…

ナックルや横回転系を出してもらうようにして
いろいろな球種に対応出来るようにすればOKです^^

 

まとめ

 

ということで、

今回はフォアフリックのコツや、
フォアフリックを上達させるための
練習方法について書いてみました^^

フォアフリックが出来るようになると
相手にフォア前を狙われにくくすることができますし、
先手を取って攻め込んでいくことができるので、

相手がサーブを持っている時に
得点しやすい状況を
多く作り出していくことができるようになります。

このように、
フォアフリックはかなり重要な技術なので、

今フォアフリックを安定して打てない…

というような場合は、

今回紹介した事を参考にして、
フォアフリックを練習してみてください^^

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください