【卓球】フォームがきれいか汚いかあまり気にする必要がないと思う理由

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

 

 

卓球が上達してくると、
フォームのきれいさが
気になってくる事があると思うんですが…

 

個人的には最近は
フォームのきれいさには
あまりこだわらないように
なってきたというのが本音です(笑)

 

 

 

以前はきれいなフォームで打つ事を
意識していた事もあったんですが、

 

 

卓球で大事なのはフォームよりも
入るか入らないかという事なので、

 

 

フォームのきれいさを追い求める事は
あまり意味がない事なのではないか…

 

 

と思うようになりました。

 

 

 

 

ただ、卓球を見ている時は、

フォームが汚い選手よりも
きれいな選手のプレーの方が
見ていて気持ちが良いですけどね(笑)

 

 

 

やっぱり、天才と言われるような
卓球選手のフォームを見ると
非常にきれいなフォームなので、
極めて行くときれいな
フォームに行き着くのかもしれません。

 

 

 

 

行き着くのかもしれませんが、

 

それはフォームのきれいさを追い求めた結果ではなく
合理的なフォームはどういったものなのか
ということを突き詰めていった結果
そのフォームになったということだと思うので、

 

 

フォームのきれいさを追求しても
卓球は上手くならないということになるでしょう。

 

 

【卓球】フォームがきれいか汚いかあまり気にする必要がないと思う理由

 

 

つまり…

 

 

フォームがきれい=卓球が強い

 

という公式は、
一見すると間違っていないようですが、

 

 

間違っている公式なので、

 

 

 

フォームのきれいさを追い求めるような
卓球をしてしまうのは非常に危険

だと思います。

 

 

 

そもそも、

 

卓球では人によって
適している打ち方が違ってくるので、

同じ打ち方で統一するということが
できないという面があります。

 

 

なので、自分に合っている合理的な打法を
探し出していくということが
卓球で強くなるためには必要不可欠なんですが、

 

 

 

きれいなフォームばかり見て追い求めてしまうと、

 

 

最も重要な自分に合っている合理的な打法を
見つけにくくなってしまうので
卓球が上達しにくくなってしまう
という可能性が高くなります。

 

 

 

逆に、フォームが汚いように見える選手でも
かなり強い人がいたりしますが、

 

それは、汚いフォームに見えているようで、
実際は合理的なフォームになっている
からということだったんですね。

 

 

大事なのはフォームの形よりも自分に合った合理的な打法を見つける事

 

 

ということで、

 

 

卓球で大事なのは
フォームの形にとらわれてしまうことではなく、

 

 

自分に合った合理的な打法を見つける事

 

 

これに尽きると思います。

 

 

 

フォームがきれいだったら
ボールが勝手に入る…

 

 

というのは幻想的な考え方で
合っているようで間違っている
考え方となります。

 

 

 

じゃあ、

 

 

どう考えたら良いのか…

 

 

ということなんですが、

 

 

 

それは、

 

 

 

どう打ったら思い通りのボールが打ち返せるか

 

ということになります。

 

 

 

 

このように考えると
フォームがきれいかどうか

 

 

ということはあまり関係なくなっていきますよね?

 

 

 

なので、フォームがきれいか汚いかだけを見て
卓球を判断するのは危険というわけなんですね。

 

 

 

一見フォームが汚いように見えて
合理的な卓球になっている場合もありますし、
フォームがきれいなのに、
全くボールが入らない打ち方になっている
ということもありますからね。

 

 

 

ということで、

少し説明が長くなってしまったんですが、

 

 

 

ようは、

 

 

フォームがきれいか汚いかという
形の部分だけにとらわれすぎないようにしましょう!

 

 

 

ということが言いたかったんです^^

 

 

 

なかなか、難しい話のように
聞こえてしまうかもしれませんが、
少しでも何かの参考になれば嬉しいです(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください