フォルティウスFTバージョンD試打レビュー!素材入りなのに木材の打球感

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

 

 

 

みなさん…

 

お待たせしました(^_^;)

 

 

 

フォルティウスFTバージョンDが
発売したらすぐ手元に届くようにしたかったのですが、
なかなか届かず…

 

 

レビューを書けるのがかなり遅くなってしまいました(;・∀・)

 

 

 

 

が、

 

 

やっとフォルティウスFTバージョンDが届いて
いろいろと打ってみることができたので、
早速みなさんにフォルティウスFTバージョンDの
感想をシェアしていきたいと思います^^

 

 

フォルティウスFTバージョンDの外観

 

 

まずは、

 

 

フォルティウスFTバージョンDの
外観をのせておきます^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上板の下にわずかに見える
白い線のようなのが
デュアルウェブだそうです^^

 

よく見ないと分からないほどですが、
これが弾みをアップさせてくれる素材のよう。

 

 

フォルティウスFTバージョンD試打レビュー

 

 

というわけで、

 

 

フォルティウスFTバージョンDを
試打してみた感想を書いていきたいと思います。

 

 

 

 

まず…

 

 

フォルティウスFTバージョンDを
打ってみた瞬間の第一印象は

 

 

「想像以上に飛ぶ!」

 

 

というものでした(笑)

 

 

 

 

ちょっとドライブを打ったつもりのボールが…

 

 

 

バッキューン

 

 

 

って感じでボールが
吹っ飛んでいってしまいました(^_^;)

 

 

 

正直、最初は

 

「これを使いこなせるのか?」

 

 

と疑問もあったんですが、

 

 

 

打っているうちに、
段々と慣れてきて

 

 

フォルティウスFTバージョンDは
弾みと使いやすさをかなり高いレベルで
両立したラケットだと
思うようになってきました^^

 

 

 

 

フォルティウスFTバージョンDには
デュアルウェブという素材が
上板の下に配置されているので、

 

 

俗に言うアウター系素材のラケットになるんですが…

 

 

 

これまでアウター系素材ラケットとは
打球感が明らかに違っていて、
完全に木材合板ラケットの打球感なんですよね(^^)/

 

といってもかなり硬い木材合板ラケットの打球感なので、
ノーマルFTに比べるとかなり打球感は硬いですが…

 

 

なので、例えるならばフォルティウスFTバージョンDは
キョウヒョウ王に打球感が似ている感じです。

 

 

 

 

フォルティウスFTバージョンDは
木材のしなりがかなりあって
それに素材の弾みが加わったという感じなので
ドライブを打つとかなり重たいボールが打てます(*^^*)

 

 

木材のしなりで回転がかかって
デュアルウェブと7枚合板で
ボールのスピードが出るという感じですね^^

 

 

 

これまでのアウター系素材、
カーボンと◯◯などだと
弾ける感じが強く
回転がかけづらい感じもありましたが、

 

 

デュアルウェブは入っているかどうか
分からない感じの素材で、

 

 

木材合板そのままという打球感なので
デュアルウェブが入ったことで
回転がかけづらくなったという
感じは全くしませんでしたね~

 

 

 

弾み的にはザイロンカーボンよりも
ちょっと弾むという感じなんですが、
打球感が木材合板なので、
フォルティウスFTバージョンDは
相当弾むのに扱いやすさもあるという
これまでになかったタイプの
ラケットというイメージですね(^O^)/

 

 

フォルティウスFTバージョンDに合うラバーは?

 

 

 

ここからは、

 

 

フォルティウスFTバージョンDに
合うラバーはどんなラバーなのか?

 

 

ということについて
書いていきたいと思います^^

 

 

 

 

まず、

 

 

フォルティウスFTバージョンDは
かなり弾むラケットになるので、
個人的には特厚クラスの
厚いテンションラバーを貼ってしまうと
弾み過ぎてコントロールが
難しくなってしまうと感じました!

 

 

 

なので、思い切って「中」のラバーを
貼ってみたんですが、
薄いラバーと組み合わせると
これまで使っていた用具と同じくらいの
弾みに落ち着いたという感じだったので、

 

 

 

これから、
フォルティウスFTバージョンDを使うとしたら
薄い厚さのテンションラバーを貼って
使い始めた方が無難だと思います(笑)

 

 

 

で、薄いラバーで慣れてきたら
段々とラバーの厚さを上げていく
という感じにすると良いかと思います^^

 

 

 

それに、薄いラバーにすると
ラケットの重量が軽くなって
スイングスピードが速くなったり、
回転がかけやすくなったりするというような
メリットもあるので、

 

フォルティウスFTバージョンDに
あえて薄いラバーを組み合わせる
というのはかなり合理的な
組み合わせといえるかもしれませんね!

 

 

 

 

あと、

 

 

フォルティウスFTバージョンDは
粘着ラバーとの相性もかなり良いです!!

 

 

 

本家の大島選手もフォアに
キョウヒョウを貼っているそうですが、
フォルティウスFTと粘着ラバーは
かなりグッドな組み合わせなので
フォルティウスFTを手に入れたら
一度は使ってみて欲しいと思います。

 

・【MIZUNO】フォルティウスFTバージョンD

 

まとめ

 

 

ということで、

 

 

今回はフォルティウスFTバージョンDの
試打レビューを書いてみましたが
いかがだったでしょうか?

 

 

 

これまで評価が高かった
フォルティウスFTの
次世代ラケットということで
かなり注目度が高いラケットかと思いますが、
なかなか可能性を秘めたラケットだと思うので、
もし興味があるのであれば
一度チェックしておくと良いと思います^^

 

 

 

木材合板の打球感を残し
弾みをアップさせたラケットなので、
カーボン系素材の打球感が苦手な人で
弾むラケットを探していたという場合は
フォルティウスFTバージョンDが
かなりおすすめになってきます。

 

 

 

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです(^o^)

1 Comment

インナー

インナーALC,Sの素材が入っているのにあまり弾まないタイプと打球感はどちらが硬いですか?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください