フォルティウスFT試打レビュー!合うラバーを貼ると値段以上の性能に!

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

 

 

今回はミズノから発売されている
人気の7枚合板ラケット

 

 

「フォルティウスFT」の試打レビューを
書いていきたいと思います^^

 

 

 

バージョンDを買ったので、
比較するためにノーマルも
購入してみたという感じだったんですが、
結構評判が良いラケットだったので
個人的にもじっくり試打していきたい
と思っていたのでちょうど良かったですね(笑)

 

 

 

ということで、
早速フォルティウスFTを試打した
感想を書いていきたいと思います(^^)/

 

 

 

 

フォルティウスFT試打レビュー

 

 

フォルティウスFTの外観は
茶色のグリップに白のライン。

 

 

 

 

グリップエンドはミズノの
ロゴマークが入った
プレートがありカッコイイです^^

 

 

 

 

 

 

まず、軽く玉突きをしてみると、

 

 

 

ポンポンポン…

 

 

という感じで

 

 

7枚合板にしては
かなり打球感が柔らかく感じましたね~

 

 

 

7枚合板というと
割りと打球感が硬めな
イメージがあったので、
これは使いやすそうで
好印象でした。

 

 

 

 

で、実際打ってみると、
かなり打球感はソフトな感じがあり
ボールも弾むんですが、
台におさまってくれるという感じで
弾むラケットながらも
抑えも効いているので
コントロール性も悪くないと思いました。

 

 

 

 

で、個人的にフォルティウスFTで
魅力的だと感じた点は

 

 

ドライブを打つ時に厚く捉えれば捉えるほど
回転がかかりボールが伸びてくれて
安定して入るようになるという点でした。

 

 

 

 

 

フォルティウスFTはかなり
繊細な打球感が感じられるラケットなので

 

 

厚く捉えたり薄く捉えたりという
繊細なボールタッチの感覚が分かりやすいんですが、

 

 

フォルティウスFTは繊細なラケットながらも
強打に打ち負けない強さのあるラケットなので
幅広い球質のボールを打ち分けることができます。

 

 

 

 

なので、フォルティウスFTで
いろいろなボールの打ち方を試してみたんですが…

 

 

 

ボールを厚く捉えるように
ドライブをすると
ものすごい良いドライブが入る

 

 

といことが判明し、

 

「フォルティウスFTを使うなら、
このボールは武器になるなぁ」

 

 

と思わずにやけてしまいました(笑)

 

 

 

 

 

最近は、

 

 

 

ボールのスピードを出すために
特殊素材入りのラケットを
使用するという流れがあるように思いますが、

 

 

 

フォルティウスFTは木材の打球感の良さを
しっかりと持たせつつも
かなり威力が出せるようになっている
ラケットという感じなので、

 

 

 

5枚合板ユーザーがフォルティウスFTに
変更するというのもアリだと思いますし、
また特殊素材ユーザーが使いやすさを求めて
フォルティウスFTに変えるというのも良いと思います。

 

 

 

 

もちろん、

 

 

フォルティウスFTにしたからといって
必ずしもあなたに合うとは限りませんが、

 

 

 

フォルティウスFTは値段が
かなりリーズナブルなラケットなので、
手が届きやすく試しやすい
ラケットだと思うので、
もし気になるのであれば
使ってみても良いのではないでしょうか?

 

・【MIZUNO】フォルティウスFT

 

 

フォルティウスFTに合うラバーは?

 

 

ということで、

 

 

 

フォルティウスFTのレビューを
書いてみたんですが、

 

 

 

フォルティウスFTは
ラバーをかなり選ぶラケットなので、

 

 

フォルティウスFTを最大限に
活かすためには
合うラバーを貼って使用する

 

 

ということにつきると思いました。

 

 

 

 

で、どんなラバーがフォルティウスFTに合うのか?

 

 

 

ということなんですが、

 

 

 

これは…

 

 

 

ミズノの「GFT」シリーズのラバーだと思いました。

 

 

 

正直、こう書いてしまうと、
ミズノ信者みたいになってしまうので
嫌だったんですが、

 

 

 

やはりフォルティウスFTに
GFTシリーズのラバーを貼って打ってみると
「かなり理想に近い打球感でありながら
ボールの飛び方も素晴らしい」
と思ってしまうんですよね(^_^;)

 

 

 

なので、
フォルティウスFTには
GFTシリーズのラバーを
合わせておけば間違いないと思うんですが、

 

 

 

フォルティウスFTは引っかかりが
良いラバーとの相性が良い傾向があるので、
フォルティウスFTにはスピン系の
ラバーを合わせるというようにすると
良いかと思います。

 

 

まとめ

 

 

今回はフォルティウスFTの
試打レビューを書いてみましたが
いかがだったでしょうか?

 

 

 

フォルティウスFTは
コスパがとにかく高いラケットだと思うので、
一度使ってみて損はないラケットだと思います。

 

 

 

ただ、ブレードが少し大きい分
ラケットの重量が重たくなりやすいので
厚いラバーを両面に貼る場合は
重量が重くなりすぎないように
気をつけてください。

 

 

 

この記事が何かの参考になれば嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください