【ミズノ】GFT48試打レビュー!フォアに貼ってガンガン攻めるラバーですね

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

 

 

 

前回はGFPROの試打レビューを
書いてみたんですが、

 

 

 

今回は…

 

 

GFT48の試打レビューについて
書いていきたいと思います。

 

 

【ミズノ】GFT48試打レビュー

 

 

では、早速GFT48のレビューをしていきます。

 

 

 

まず、外観は、
GFシリーズらしい、
引っかかりの良いトップシートに、

 

 

 

 

黄色のスポンジという組み合わせです。

 

 

 

 

 

GFT48はスポンジ硬度が47.5°ということで
GFPROと同じスポンジ硬度ではあるんですが、
かなりGFPROと比べるとかなり
気泡が細かいことが分かります。

 

 

赤面のラバーがGFPROですが、
かなりスポンジの気泡が大きいですよね。

 

 

 

 

で、実際に試打してみると、
やはりGFT48の方がGFPROよりも
打球感がハードな感じでした。

 

 

 

GFPROはボールがスポンジに
深く食い込んでから飛んでいく
という感覚が強いのですが、

 

 

GFT48はシートでボールを掴んで
スポンジはボールを弾き飛ばすという感じで、
GFPROとGFT48は同じスポンジ硬度のラバーですが、
全く別物のラバーでした。

 

 

 

 

で、GFT48の方がGFPROよりも
ボールの飛距離が出る感じなので、
フォアの威力を重視する方であれば
GFT48をフォアに貼る方が
打ち合いなどで勝ちやすくなるかもしれません。

 

 

 

また、GFT48はスポンジが硬い分
打ち負けづらいので
スマッシュやブロック、
カウンターなどの技術も安定しやすい
という印象がありました。

 

 

 

逆にバックでGFT48を使ってみると、
少し硬すぎる感じがあり
ボールのコントロールが難しかったので
バックでGFT48を使用してみようとお考えの場合は
一度試打してみてフィーリングを
確かめてからの方が良いかもしれません。

 

 

 

というのも、
GFT48はシートの引っかかりの良さと
スポンジの硬さが相まって
相手の回転の影響をモロに受けてしまいやすく
レシーブ時にボールが弾け飛んで
いってしまいやすいからなんですね。

 

 

 

シートの引っかかりが良い分、
グッと掴んで安定感のある
ドライブを打つことができる反面、
ツッツキなどのレシーブ時には
角度や力加減を慎重に調節しないと
狙い通りのレシーブをすることが
かなり難しかったので、

 

 

 

バックの安定感を重視するという方には
GFT48は合わない可能性が高いかと思います。

 

 

 

なので、GFT48はフォアに貼る前提で考えて、
GFPROやGFT45、40の中から
最もバックで使いやすいものをチョイスする
というような感じの組み合わせにするのが
今のところベストなのではないかと思います。

 

 

・【ミズノ】GFT48

 

 

まとめ

 

 

ということで、

 

 

今回はGFT48の試打レビューを
書いてみたのですがいかがだったでしょうか?

 

 

 

GFT48はミズノのラバーの中で
最強クラスの威力を出せるラバーなので、
使うのであればフォアがおすすめです^^

 

 

 

この記事が何かの参考になれば嬉しいです(*´ω`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください