インナーフォースレイヤーALCとALC.S両方打ってみて感じた違いについて書きます

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

 

 

 

前回は、

 

 

インナーフォースレイヤーALC.Sの
レビューを書いてみたんですが、

 

 

 

 

今回は、インナーフォースレイヤーALCと
インナーフォースレイヤーALC.Sを
両方打ってみて感じた違いについて
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

 

 

 

 

 

 

インナーフォースレイヤーALCとALC.Sを両方打ってみて感じた違いとは?

 

 

 

というわけで、

 

 

インナーフォースレイヤーALCと
ALC.Sを両方打ってみたわけなんですが、

 

 

 

 

 

 

まず、

 

 

率直な感想としては、

 

 

 

インナーフォースレイヤーALCは中上級者向けのラケットで
ALC.Sは初中級者向けのラケットだということですね^^

 

 

 

 

 

インナーフォースレイヤーALCは
素材の打球感が7割程度残っている感覚があり、
割りと硬めな打球感で、
ボールのスピードもかなり出るのに対し、

 

 

 

インナーフォースレイヤーALC.Sは
素材の打球感が2割程度で
かなり打球感がソフトで
弾みが抑えられたラケットだと感じました。

 

 

 

 

なので、

 

 

 

インナーフォースレイヤーALCは
これまでアウター系ラケットを使っていたけれど
ちょっと弾み過ぎると感じていた人が
使った時にしっくりくる弾みになっている
ラケットだと思いましたし、

 

 

 

インナーフォースレイヤーALC.Sは
木材合板ラケットを使っていた人が
素材入りラケットに変えた時に
違和感なく使うことができる
打球感と弾みになっている

 

 

というふうに感じました(*´∀`*)

 

 

 

 

ちなみに、

 

 

インナーフォースレイヤーALCは板厚が6mmで
インナーフォースレイヤーALC.Sは5.5mmとなります。

 

 

 

 

画像で2本を見比べてみると、

 

 

インナーフォースレイヤーALC.Sの中板が
かなり薄い事が見て取れ
アリレートカーボンがよりラケットの内側に
配置されていることが分かります。

 

 

 

 

このことから、

 

 

アリレートカーボンが中板に近く、
外板から遠い位置に配置されるようになるほど、
打球時の素材感が緩和されてくる
というようになるようですので、

 

 

 

素材の打球感があまり好きではない
というような場合は、
同じインナー系のラケットでも
できるだけ素材が入っている位置が
中板に近く外板から遠いものを
選ぶようにすると良いかもしれませんね。

 

 

 

まとめ

 

 

 

今回はインナーフォースレイヤーALCと
ALC.Sを両方打ってみて感じた違いについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

 

 

 

見た目的にはかなり似ている感じですが、

 

 

 

実際打ってみると、

 

 

インナーフォースレイヤーALCは素材感が7割なのに対し、
ALC.Sは2割くらいとかなり打球感が違うので、

 

 

 

素材が得意な人はインナーフォースレイヤーALC、
素材が苦手な人はインナーフォースレイヤーALC.S

 

 

 

という感じで選ぶようにすると良いと思います^^

 

 

 

この記事が何かの参考になれば幸いです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください