インナーフォースレイヤーALC試打レビュー!扱いやすさと威力のバランスが高いです

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

今日はインナーフォースレイヤーALCの
レビューを書いていきたいと思います(^O^)/

今まではアウター系のラケットばかり
使ってきていたのですが、
インナー系のラケットはどんな感じなのか
ということが前々から気になっていたので
ようやく打ってみることができました~

 

 

インナーフォースレイヤーALC試打レビュー

 

というわけで、インナーフォースレイヤーALCです^^

インナーフォースレイヤーALCは素材がはさみこまれている位置が
ラケットの中心寄りなので、
アウター系のラケットよりも打球感が柔らかくなり
より木材ラケットに近い感覚になっていそうな感じ^^

 

というわけで、早速試打スタート!

 

まず、フォア打ちをしてみると
コントロールがしやすく
狙ったところにしっかりボールを
打ち返しやすいですね。

アウター系ラケットに比べると
打球時の硬さというのがやや緩和されていて
上板の部分で少し衝撃が吸収されてから
中のアリレートカーボンがボールを飛ばしてくれる
というような打球感です。

 

なので、明らかにアウター系ラケットよりも
ボールを打球している感覚がしっかりあって
弾みもアウター系より抑えられているので
コントロール性が上がっています!

 

で、ドライブを打ってみると、
アウター系のラケットと変わらないくらい
スピードが出ますね~(^_^;)

しっかりインパクトすると
内側に挟み込まれているアリレートカーボンが
しっかり顔を出してきてくれるので
アウター系ラケットのように
カーンとボールを打つ感覚に近くなり
アウター系ラケットに引けを取らないくらいの
ボールを出すことができました!

 

それでいて、コントロール性が上がっているので
アウター系ラケットだとコントロールしづらいけど
木材だと打球感が合わなかったり、
威力が出づらいと感じているばあいは
インナー系ラケットに変えると
かなりバランスが取れそうな感じですね。

 

で、インナーフォースレイヤーALCは
弱いインパクトをすると全く弾まないので、
これが台上技術の安定感を高めてくれる感じです。

ストップやサーブが
ぶっ飛んで長くなってしまう
ということはなかったですね。

それでいて、チキータやフリックをする時は
インナーのアリレートカーボンが
出てきてボールをしっかり飛ばしてくれるので
威力を出したり出さなかったり
ということを自由自在に自分で
コントロールすることができるラケットだと思いました。

 

なので、
台上技術のように細かいコントロールが
要求されるようなシーンではアウター系より
インナー系のインナーフォースレイヤーALCの方が
扱いやすさが1枚上手といった感じです。

 

あと、回転もかなりかけやすい感じで、
サーブやツッツキを切るのが簡単ですし、
長さをコントロールするのもやりやすいです。

アウター系だとサーブの時に弾み過ぎて
ボールが長くなってしまいやすい部分が
どうしてもあるんですが、
インナーフォースレイヤーALCは
内側に素材がはさみ込まれている分
素材の弾みによってボールタッチが
狂ってしまうということが少ないです。

 

というわけで、インナーフォースレイヤーALCは
使いやすく威力も出る高性能ラケットだと思いました。

アウター系ラケットだと打球感が硬すぎたり、
弾み過ぎて嫌というふうに感じていたり、
木材ラケットよりももう少し威力を出していきたい
というふうに感じている方には
インナー系ラケットのインナーフォースレイヤーALCは
かなりおすすめできるのではないかと思いました。

【BUTTERFLY】インナーフォースレイヤーALC

今後もインナーフォースレイヤーALCを使っていって
気づいたことなどがあれば
またみなさんにシェアしていきたいと思います^^

7 Comments

いっちー

インナーフォースレイヤーalc,sを使っていて弾みは足りないと思ったので、これに変えようと思います。どれくらい弾みに差があるでしょうか?また、ティモボルalcに変えたほうが良いのでしょうか?

返信する
卓球好きしゃちょ~

いっちーさん

そうですね、ALC,Sの方は使った事がないので
弾みの差は分からないのですが、

板厚がインナーALCが6.0mmで
ALC,Sが5.5mmなので、
それなりに弾みには差があると思います。

また、ティモボルALCとインナーALCですが、
弾みでいうとどちらも同じくらいに
個人的には感じるのですが、
打球感が違います。

ティモボルALCが硬めの打球感なのに対して
インナーALCは少ししなりがある感じです。

また、グリップの形状も異なってくるので、
今現在インナーALC,Sをお使いで
グリップに特に不満がないのであれば
インナーALCに変更した方が
無難な用具変更になるのではないかと思います^^

参考になれば幸いです(*^_^*)

返信する
いっちー

卓球好きしゃちょ~さん

ありがとうございました。卓球好きしゃちょ~さんはカルテットafcのご使用経験はございますか?グリップは自分で削るので特に不安はないですね。インナーフォースレイヤーalcとカルテットafcのどちらに変えればよろしいでしょうか?

返信する
いっちー

卓球好きしゃちょ~さん

ありがとうございました。卓球好きしゃちょ~さんはカルテットafcのご使用経験はございますか?グリップは自分で削るので特に不安はないですね。

返信する
卓球好きしゃちょ~

カルテットAFCは気になっていたのですが、
まだ打つ機会がありませんでした(^_^;)

丹羽選手が使っていたラケットなので気になりますね~

どちらも使いやすいラケットという
評判になっているので、
悩むところですが、

私の場合…

合わせるラバーがテナジー系であれば
インナーALC、
V15系であればカルテットという感じにすると思います^^

返信する
いっちー

多分、テナジーなどの高価なラバーが中古で売ってない限り打つことはないので、V15とかの飛ぶ方のラバーを貼るとおもいます。今は、両面ヴェガアジアDFでクラブに通っているのでコーチがどのようなラバーを貼るかは分かりませんがつまり、インナーの弾みはテナジーなどのラバーで補えということでしょうか。
カルテットの試打とレビューをお願いします。

いっちー

多分V15あたりのラバーを張るのでカルテットですかね。とりあえずカルテットの試打レビューお願いします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください