インナーフォースレイヤーALCとファイヤーフォールACの違いについて書きます

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

今回は、少し前に質問があった、

バタフライのインナーフォースレイヤーALCと
ビクタスのファイヤーフォールAC

この2本のラケットの比較について
書いていきたいと思います。

私自身、インナー素材ラケットを
使うことがかなり増えてきているんですが…

やはり、インナー素材ラケットは
アウター素材ラケットより
コントロールしやすく、
木材ラケットより弾む感じの
バランスが良いラケットが多いですからね。

そんなインナー素材ラケットの中でも
インナーフォースレイヤーALCと
ファイヤーフォールACは人気の2本なので、

「どっちを選んだら良いか迷っている…」

という方も少なくないと思いますので、
もし迷っているという場合は、
この記事を参考にしてみてください(*^^*)

人気記事

インナーフォスレイヤーALCとファイヤーフォールACの違いについて

ということで、
早速この2本の比較をしていきたいと思います。

まず、どちらのラケットも
弾みとコントロール性が高い
というのは共通しているのですが、

この2本だけで比較するのであれば、
ファイヤーフォールACの方が
打球感が柔らかいので
コントロールがしやすく
誰でも使いやすいと思います^^

インナーフォースレイヤーALCは
打球感がやや硬めで、
しっかり打たないといけない感が
ファイヤーフォールACより強いので、

個人的には、
ファイヤーフォールACを選んだ方が
ハズレにくいのではないかと思います^^

ただ、ラケットの硬さの好みは
個人差がある部分なので、

硬いラケットが好きな場合は
インナーフォースレイヤーALC、

柔らかめのラケットが好きな場合は、
ファイヤーフォールAC

という感じで、
選んでも良いと思います^^

というわけで、
インナーラケットの中で
人気が高い2本を比較してみたんですが、

単純にファイヤーフォールACは
木材合板よりの雰囲気で、
インナーフォースレイヤーALCは
アウター素材寄りのラケットに
なっていると思うので、

どちらのフィーリングが好みか
によって選び分けるようにすれば
大きくハズレるという事は少ないと思います。

ちなみに、
インナーフォースレイヤーALC.Sは
ファイヤーフォールACより
さらに木材ラケット寄りです。

ファイヤーフォールACは板厚が厚いので
結構弾みもあるんですが、
ALC.Sは板厚が薄いので
弾みも控えめといった感じです。

ということで、

人気インナーラケット3本を
比較してみました^^

もしよかったら参考にしてみてください(*^^*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. リン より:

    カーボネード45のレビューをお願いしたいです
    合板ラケットや他のアウター、インナーの素材系ラケットとの違いや合うラバーも知りたいです