【卓球】自宅で出来るフットワークを鍛える練習方法!

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

 

 

卓球ではフットワークの俊敏さや
軽快さがとても重要になってきますが、

 

普段の練習の時だと
ボールをたくさん打つ事に意識が向いてしまい、
なかなか腰を据えてフットワークを
鍛える練習ができていない…

 

 

という方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

そこで、おすすめしたいのが
自宅ではフットワークを鍛えるようにする
ということなんですが…

 

 

 

ボールを打って練習することが難しい
自宅ではフットワークを鍛える練習をするようにすれば
実際にボールを打って練習する時に
足が動くようになってくるので
練習効率がよくなったり、
練習の質が高まって

 

卓球の上達スピードが上がりやすくなりますよ^^

 

 

【卓球】自宅で出来るフットワーク練習

 

 

というわけで、

 

自宅で出来るフットワークの練習方法について
いくつかご紹介したいと思います。

 

 

1,太もも上げ

 

 

自宅であまり広いスペースがなくても
出来るフットワーク練習といえば…

 

「太もも上げ」

 

があります。

 

 

 

左右の太ももを交互に
できるだけ高く上げるのを
繰り返すだけ

 

というシンプルなトレーニングですが…

 

 

太もも上げは思いついた時に
すぐに出来る手軽なトレーニングなので、
出来るタイミングがあったら
すかさず太もも上げをする

 

という感じで行うようにすると良いですね。

 

 

2,反復横跳び

 

 

フットワークの俊敏性を鍛えたい場合は
反復横跳びをするというのも有効な
練習方法になります。

 

反復横跳びをする場合は
若干スペースが必要になるので
家の中だと難しい可能性もありますが、
できる場所を確保して
積極的に行うようにすると良いと思います。

 

 

3,ランニング

 

フットワークのパフォーマンスを
維持するためには
スタミナが必要になりますが、

 

スタミナをつけるためには
ランニングをするのが効果的です。

 

 

家の周りをランニングして
足の持久力を高めるようにしましょう。

 

 

4,シャドーフットワーク

 

 

最後にシャドーフットワークなんですが、

 

これは、
頭の中でボールが飛んでくるのを
イメージしてそれに合わせて
フットワークし素振りで
ボールを打ち返す動作をする

 

という練習になります。

 

 

で、シャドーフットワーク練習をする場合は
基本的なフットワークメニューを
イメージして行うようにするのがおすすめです。

 

 

例えば、バックミドルバックフォアや
バック回り込みフォア、飛びつきフォアのように
イメージしやすいものだと
やりやすいと思います。

 

まとめ

 

 

ということで、

 

今回は自宅で出来るフットワーク練習の方法についてでした。

 

 

 

練習が終わって家に帰ってからは
卓球の練習を何もしない…

 

という人も多いかもしれませんが、

 

 

このようにフットワークであれば
家でも鍛えていくことが出来るので、
家での時間を有効活用して
ライバルとの差をグイグイ開いていく
ようにしてみてはいかがでしょうか?

 

 

この記事が何かの参考になれば嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください