【卓球】カット打ちのコツ!カットマン対策に効果的な戦術とは?

ドライブマン同士の試合だと自分のプレーが出来るけど
カットマンが相手だと全くドライブが入らなくなってしまう
というようにカットマンを苦手としている
ドライブマンの方は少なくありません。

どうすればカットされたボールをうまくカット打ちして
カットマンを攻略していくことができるのでしょうか?

ということで、今回はカットマン対策として
カット打ちのコツやカットマンに効果的な戦術について
ご紹介していきたいと思います。

 

 

【卓球】カット打ちのコツ!

 

カットマンが相手の場合にはとにかく
下回転がかかったカットボールを
打ってくる割合が多くなるので、
このカットマンが返してくるカットボールを
うまくさばいていかなければ
カットマンに勝つことはできないでしょう。

では、どうすれば上手くカット打ちすることができるのでしょうか?

最初に1番大事な事をお伝えしたいのですが、
それは打てるカットボールかどうかを正確に判断する
見極めをしっかりとするということになります。

 

というのもどんなにドライブを練習したとしても
ドライブでの返球が難しいカットボールがあるんですね。

例えば、

  1. ドライブの回転を利用した回転量の多いカット
  2. エンドラインギリギリに入ってくる深いカット
  3. ギリギリネットを越えるような低いカット
  4. 自分の体勢が不十分な時

上記のような場合はカットをドライブで打ち返すとミスをしてしまう原因になるので
こういったカットボールが来た場合には
焦ってドライブミスをするよりもツッツキでつなぐというように
ミスをしないように我慢強く戦うのが
カット打ちでは大切なんですね。

 

そして、カット打ちのドライブというのは普通のドライブとは違って
下からボールを上に持ち上げるような打ち方をする必要があります。

・【卓球】ドライブの打ち方のコツ!

ですから、上回転に対するドライブはどちらかというと
ラケットを水平方向に振り抜くのに対し、
カットマンの下回転ボールに対しては
ラケットを下から上に振り抜くイメージになります^^

カット打ちの時にボールを持ち上げられないと
打球した時にボールがボトッと下に落ちて
ネットミスが多発してしまうことになりますので、
下から上方向にラケットを振り抜くことで
カットボールのネットミスを減らすことができるかと思います。

 

ただ、先程もお伝えした通り、ドライブをするのが難しいボールは
ドライブをしないで我慢強くツッツキでつないだりしなければなりませんし、
一方で回転がかかっていないナックルカットの場合には
下から上方向にドライブを振り上げてしまうと
オーバーミスをしてしまう原因になりますので、
とにかく回転の変化をしっかりと見極めることが大切です^^

といってもこれが難しいんですが…(苦笑)

 

いずれにしても、カットマンが最も嫌がるのはドライブマンが
ミスをしてくれないという状況になりますので、
カットマンの回転の変化をしっかりと見極めることと、
しっかりと粘り強くチャンスボールを待って
カット打ちをしていくというスタンスでやると
落ち着いてミスなくカット打ちをすることができると思います。

・カット打ちのコツ【動画】

 

カットマン対策!カットマンに効果的な戦術とは?

 

さて、ここまではカット打ちのコツについてご紹介しましたが、
ここからはよりカットマンを攻略しやすくするための
カットマンに効果的な戦術についてご紹介していきたいと思います。

まずカットマン対策として覚えておきたいことの1つめは
前後左右のコースを使い分けてカットマンを揺さぶっていくということです。

例えば同じコースばかりにボールを集めるような事をしてしまうと
カットマンの体勢を崩すことができないですし、
余裕を持ってカットされてしまうので
自分がカットマンに振り回されてしまうため
不利になってしまいます。

なので、カットマンをどんどん前後左右に揺さぶって
体勢を崩し甘いボールを上げさせるようにして
チャンスボールをしっかり決めるというような
堅実なカット打ちをすると良いとおもいます。

 

また、カットマンが取りづらい場所はどこだか分かりますか?

これはドライブマンもそうなのですが、
卓球においてミドルは共通の弱点といわれています。

ちょうど、体の真ん中からフォアまで行かないくらいの場所ですが、
ここに決定球を打てば完全なカットを返される確率はかなり低くなりますし、
一発で打ち抜ける可能性もぐっと高くなるので、
チャンスボールが来たらカットマンのミドルを狙うと良いでしょう。

 

また、カットマンが切れたカット、ナックルカットと
使い分けてミスを誘ってくるのと同じように、
ドライブマンも回転を思いっきりかけたドライブをしたり、
逆に回転をあまりかけないナックルドライブをしたりして
カットマンのミスを誘うのも効果的だとおもいます。

 

まとめ

 

今回はカット打ちのコツやカットマン対策に
効果的な戦術はどのようなものがあるか
ということについてご紹介しました。

カットマンは基本的にはドライブマン(相手)にミスをさせる
というパターンで得点を積み重ねていく戦術になります。

なので、カットマンと戦う場合はミスをしないことが大切ですし、
チャンスボールを待って畳み掛けてカットマンに
粘らせないという戦術を取るのがセオリーです。

ただ、最近ではカットマンでも攻撃力が高い選手が増えてきているので、
よりつなぐボールを厳しくおくらないと反撃されてしまう可能性もありますし、
カットマンに打たれても落ち着いてブロックなりカウンターなりを
できるように普段から意識してカット打ちの練習をすることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください