【卓球】ナックルサーブを分かりづらく出す方法

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

 

 

今日は、

ナックルサーブを分かりづらく出す方法

 

について書いていきたいと思います。

 

 

 

 

サーブの鉄板の組み立て方に
切れた下回転サーブとナックルサーブを
混ぜるというものがありますが、

 

 

普通に下回転サーブと
ナックルサーブを出してしまうと、

 

 

当然ですが…

 

 

相手に回転がバレてしまうので、

 

上手くレシーブされやすくなり、

 

 

その後の展開が不利になってしまいます。

 

 

 

なので、
分かりづらくナックルサーブを出せるようにしないといけません!

 

 

 

切れる下回転を持っていて
分かりづらくナックルサーブを
出すことができるようになると…

 

 

それだけで、
相手のレシーブミスを連発させる
ことができるようになり、
有利に試合を進めやすくなるんですが、

 

 

非常に簡単な方法で切れた下回転サーブと
ナックルサーブを出し分ける事ができるので
今回はその方法をご紹介したいと思います。

 

【卓球】ナックルサーブを分かりづらく出す方法

 

 

ナックルサーブを分かりづらく出すのに
1番シンプルなやり方は

 

サーブを出す時に、

 

ラケットに当てるボールの位置を変えるという方法です。

 

 

ガツッと切れた下回転を出す場合は、
右利きの選手の場合、
ラケットの左端の部分で
回転をかけるようにすると…

非常に切れた下回転サーブを出すことができるのですが、

 

 

ナックルサーブを出す時は、
ラケットの右端の部分で打球するようにすると…

 

 

同じ下回転サーブのフォームで打っても、
ナックル気味になってしまいます。

 

 

なので、はじめに切れた下回転サーブを出しておいて…

 

 

次に同じフォームで当てる位置を変えて
ナックルサーブを出します。

 

 

そこで、
相手が「切れてる」と判断してツッツキをすると

 

 

ぽわ~ん…

 

 

とレシーブが浮いて、
チャンスボールが返ってくるはずです。

 

 

 

 

このように、

サーブを打つ時にボールを
ラケットに当てる位置を変えるだけで

 

 

同じフォームでありながら、
違った回転のサーブを出すことができるので、

 

 

サーブ練習をする時は、
ラケットのどの部分に当てるかを
意識しながら出すようにすると、

 

 

サーブのレベルがググッと上がるはずです(*^_^*)

 

 

 

あとは、
いろんなフォロースルーを
つけるようにすれば、

 

より相手に回転を読まれづらくなりますね^^

 

 

 

このように、
下回転サーブとナックルサーブを
上手く出し分けられるようになると、
それだけでも効果的なんですが、

 

 

その他に横回転系を混ぜたり、
上回転系を混ぜたりすれば、

 

 

より、相手のレシーブの待ちを外しやすくなり、
自分のサーブからの展開を
良くしていくことができる可能性が高くなります!

 

 

 

ちなみに、この方法は下回転サーブだけでなく
ありとあらゆるサーブで応用することができるので、

 

 

今使っているサーブが横回転系という場合は…

 

 

切れた横回転を出す時はラケットの左端で打球し
ナックルを出す時は右端で打球するようにするだけです^^

※YGサーブは逆になります

 

 

 

ということで、

今回は分かりづらくナックルサーブを出す方法でした。

 

 

 

実践で非常に有効なサーブなので、
もしよければ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください