【卓球】ナックルサーブのレシーブ方法!上手く返球する3つのポイント

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

 

 

今日は、ナックルサーブに対する
レシーブ方法について

 

書いていきたいと思うのですが…

 

 

ナックルサーブって、

ツッツキをしてしまうと浮いてしまうし、
かといって普通にドライブをすると、
落ちてネットミスしてしまったりするので、

 

ナックルサーブのレシーブが苦手…

 

 

と、

 

感じている人も多いのではないでしょうか?

 

 

 

私もナックルサーブのレシーブは
それほど得意ではなかったので
気持ちが良く分かるんですが、

 

 

実はナックルサーブを出された時に
上手く返球することができる
確率をグッと高める方法があるので、

 

 

 

今回はナックルサーブに対する
レシーブのコツについて
ご紹介していきたいと思います。

 

 

【卓球】ナックルサーブのレシーブ方法!

 

ナックルサーブに対するレシーブをする時は…

 

 

  1. 回転をかけて返球する
  2. ネット際にボールを落とすイメージで打つ
  3. 打球点はできるだけバウンド直後を狙う

 

という3つの事を意識すると、
ナックルサーブを上手く返球しやすくなります。

 

 

 

まず、

 

 

ナックルサーブは当てるだけでは
ボールがラケットから落ちてしまうので、

 

 

しっかりと回転をかけてレシーブする

 

 

ということが大切です。

 

 

 

で、基本的にはループ系のドライブをすると
安定して返しやすいのですが、

 

 

 

ナックルサーブをドライブする時には
注意点が2つほどあります!

 

 

 

それは何かというと…

先程の3つのポイントの2番と3番ですね!

 

 

 

「ネット際に落とすイメージで打つ」

 

ということと、

 

「打球点はできるだけバウンド直後を狙う」

 

ということを守るようにして
ナックルサーブのレシーブをしてみてください。

 

 

 

ナックルサーブをドライブすると…

 

自分がイメージしているよりも
飛距離が出てしまい
オーバーミスしてしまう

 

 

ということが多発する傾向があります。

 

 

 

なので、

 

ナックルサーブは…

 

短いドライブを打つイメージでレシーブをすると…
実はちょうど良い長さのドライブになります。

 

 

また、打球点は自分のコートでボールが
バウンドした直後を狙うようにすると…

 

ボールが浮きづらくなり
低くレシーブしやすくなり、
飛距離も出にくくなるので、
上手くナックルサーブを
返球しやすくなります!

 

 

 

ということで、まとめると…

 

 

ナックルサーブをレシーブする時は、

 

 

  1. 回転をかけて返球する
  2. ネット際にボールを落とすイメージで打つ
  3. 打球点はできるだけバウンド直後を狙う

 

 

ということを意識してレシーブしてみてください^^

 

 

 

ちなみに、

 

 

ナックルサーブに対しては
できるだけツッツキをしない方が良いですね。

 

 

 

ナックルサーブはツッツキをさせて
浮いたレシーブを狙い打ちする

ためのサーブになるので、

 

 

ナックルサーブをツッツキしてしまうと、
相手の思うつぼですからね(笑)

 

 

 

なので、

 

「ナックルサーブ=2球目攻撃のチャンスボール」

 

という意識でいて…

 

 

 

ナックルサーブが来たらすぐに
攻撃できるようにしましょう!

 

 

 

ということで、

今回はナックルサーブのレシーブ方法についてでした。

 

 

 

少しでも参考になれば嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください