キョウヒョウ3-50試打レビュー!キョウヒョウなのにドイツ系テンションラバーに近い打球感

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

今回は、

キョウヒョウを3-50を使った
感想を書いていきたいと思います^^

キョウヒョウ3-50は…

キョウヒョウ3のシートに
弾みの良いNo.50スポンジを組み合わせた
ラバーとなっていますが、
果たしてどんなラバーなのか
気になりますね。

人気記事

キョウヒョウ3-50試打レビュー!キョウヒョウなのにドイツ系テンションラバーに近い打球感

ということで、

キョウヒョウ3-50を
アコースティックに貼ってみました。

キョウヒョウ3-50は
粘着ラバー特有の
ズシーっとした感じが少なく、
テンションラバーのような
雰囲気があります。

スポンジを見てみると…

まるで、テ◯ジーの
ス◯プリングスポンジのような
色をした細かな気泡が入った
とてもソフトなスポンジですΣ(´∀`;)

これは、
もしかしたら…

と思って、

一応テナジーのスポンジも確認してみると…

やはり…

雰囲気似てるようです(笑)

そんな、キョウヒョウ3-50を
早速打ち込んでいきます。

まず、軽く玉突きしてみると、

ポンポン…

かなりソフトな打球感
というかテンションラバーの
打球音です(^_^;)

この時点でキョウヒョウ3-50は
テンションラバー寄りの
キョウヒョウだということは
間違いなさそうだったんですが、

実際打ってみると、

キョウヒョウなのに金属音が鳴るんですね(笑)

金属音といっても、
がっつり鳴るわけではありませんが、

キョウヒョウで金属音が鳴るって…
やばくないですか??

これは、

完全にテンションラバー

としか思えないような
打ち味をしてます。

ちなみに、
テンションラバーの中でも
ドイツ系テンションラバーの
打球感に近い感覚です。

ただ、シートはキョウヒョウ3のものなので、
完全にテンションラバーというわけではなく
2割くらい粘着っぽさは残っていて、

その残っている2割の粘着っぽさが、
回転のかけやすさに貢献してくれている感じです。

なので、イメージとしては、
ドイツ系テンションラバーの弾みを落として、
シートの引っ掛かりを粘着でプラスした
というような感覚のラバーなんですよね^^

最初、
キョウヒョウ3-50を打った時、

これまでのキョウヒョウと
全く違っていたので、

「これは本当にキョウヒョウなのか??」

と、一瞬とまどってしまいましたからね(;´∀`)

ガチ粘着のキョウヒョウに比べたら、
ボールの回転量は少ないですし、
弧線もテンションラバーっぽい
素直な弾道になっているのですが、

その分誰が使っても、
扱いやすくなってるだけでなく、
弾む分プレー範囲を広く取れたり、

食い込ませる打ち方、
擦る打ち方の両方が出来たりと、

かなり柔軟性が高い
マイルドなラバーに仕上がっているので
もし、キョウヒョウ3-50が
日本で発売されたら、
結構人気が出るかもしれません(^O^)/

まとめ

というわけで、
キョウヒョウ3-50をレビューしてみました^^

キョウヒョウ3-50は8割
ドイツ系テンションラバー
2割がキョウヒョウという感じで、

かなりテンションラバーっぽい
キョウヒョウになっているので、

キョウヒョウですが、
テンションラバーと同じ
感覚で使えてしまうという
全く新しいキョウヒョウでした!

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです(*^_^*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ドライブマン より:

    エクシオンのラケットやヨーラなどのメーカーのレビューもお願いします。