キョウヒョウNEO2試打レビュー!合うラケットやNEO3との違いについて

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

今回は、キョウヒョウNEO2の
試打レビューについて
書いていきたいと思うんですが…

今思えば、

これまでキョウヒョウ3系ばかり使っていて、

最後に使った2系キョウヒョウといえば、
PRO2でしたΣ(´∀`;)

今でこそ、
用具レビューを書くため、
いろいろなラバーやラケットだったりを
使うようにしているんですが、

こんな目的でもない限りは、
わざわざ無駄に用具を集めてきて
打ち込んでいくなんてことは
する必要がありませんからね(笑)

でも、私がいろんな用具の
レビューを書くことで、
その用具の大体のイメージが伝わって、

みなさんが用具を実際使ってみる前に
自分に合った用具かどうかを判断しやすくなって、

自分に合った用具にできるだけ
短い距離で出会ってもらえたら嬉しいな

なんて思いながらいつもレビューを書いております^^

用具レビューだけでなく、
技術系だったり雑学系だったり、
いろいろな記事も書いていきたい、
とは思っていますが、
時間の関係上なかなか難しかったりしますので、

今後ともマイペースに記事更新を
続けていきたいと思います(^o^)

では、
少し話がそれてしまったんですが、
早速本題に移っていきます^^


スポンサーリンク




 


スポンサーリンク




キョウヒョウNEO2試打レビュー!NEO3とどう違う?

ということで、
キョウヒョウNEO2を貼ってみました^^

全体的なシートの質感は
NEO3とそこまで違いませんが、

指でシートを触ってみると、

明らかにNEO2の方が
NEO3よりも粘着力が高く
回転重視な感じです。

次に、スポンジとシートの粒形状を見てみます。

すると、
かなりシートの粒が太いことが分かりますね~

NEO3と比較してみると、
粒の太さの違いは一目瞭然です!

(上の画像がNEO2、下がNEO3です。)

これはかなりNEO3とは違うラバーに
仕上がっている予感…

ということで、
早速キョウヒョウNEO2を打ち込んでいきます。

まず、フォア打ちしてみると、

かなり安心感がありますね~

球離れがかなりゆっくりした感じで、
ボールをしっかり掴んでから飛ばす感覚なので、
1球1球しっかり打ち込むことができます^^

NEO2を打ってからNEO3を打つと、
球離れがかなり速く感じました。

では、

ドライブを打ってみます。

すると、

お~

NEO2の方が粘着らしい
嫌らしいドライブが出ます!

ボールの飛び方が変化しやすく
それでいて回転は猛烈にかかってくれるので、

スピードこそ遅くなってしまいますが、
これはこれでアリという感じです^^

それに、球持ち感がかなり強く感じられるので
ドライブを打つときも安心感があって、
使いやすいと感じました。

ただ、今回NEO2を貼ったのが
インナーフォースレイヤーALCということで、
結構弾むラケットに貼ったんですが、

思いっきり振っても全然ボールが
台をオーバーしないので、

弾まないラケットにNEO2を
合わせてしまったら
弾まなすぎてネットミスが増えそう…
とは思いましたね(;´∀`)

あと、台から下がると
本当に飛距離が出なくて厳しいので、

仮に弾むラケットと組み合わせたとしても、
プレー範囲は前中陣という感じです。

前で回転重視の卓球をして、
チャンスが来たら
決めに行くという感じの
プレースタイルであれば
NEO3を使うより
NEO2を使った方が
バシッとはまるのではないでしょうか?

普段はキョウヒョウ3系を使う事が多いですし、
実際トップ選手を見ても
多くの選手がキョウヒョウ3系を使っているので、

キョウヒョウといえば3みたいな
感じになっているんですが、

あえてキョウヒョウNEO2を使って
回転重視の粘着卓球で攻める
というのも全然アリだと思います(*^^*)

キョウヒョウNEO2に合うラケット

ということで、

キョウヒョウNEO2の試打レビューを書いてみたんですが、

ここからは、
キョウヒョウNEO2に合うラケットは
どんなラケットなのか?

ということについて
みなさんにシェアしていきたいと思います。

まず、キョウヒョウNEO2は
弾み的にかなり弾まないので、
基本的には弾むラケットと
組み合わせるのがおすすめです。

例えば、

  • アウター素材ラケット
  • インナー素材ラケット
  • 板厚が厚いラケット

このようなラケットと
組み合わせると良いと思います。

前陣でプレーするのであれば
弾まないラケットでも
良いのかもしれませんが、

台から少しでも下がってしまうと、
自分のスイングパワーを加えて打たなければ
飛距離が出ずネットミスになってしまう
ということが多かったので、

弾みをラケットで自分のプレー領域に合わせつつ
回転のかけやすさを追求していく
という感じにしていくのが良いと思います。

・キョウヒョウNEO2

まとめ

今回はキョウヒョウNEO2の
試打レビューなどについて
書いてみましたがいかがだったでしょうか?

回転重視のキョウヒョウNEO2ですが、
これまでのキョウヒョウ2と比べると
弾みもしっかりアップしているので、
そういった点では進化していると思いました。

もちろん、今ある他のラバーと比較すると
弾みという点では勝つのが難しいので、

実際使ってみて、
NEO2の弾まなさが許容範囲内かどうかで
NEO2を使うかどうかは決まってくると思いますが、

回転においては最強クラスのラバーになると思うので、
回転重視の卓球をするのであれば
NEO2は最適なラバーなのではないかと思います。

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする