キョウヒョウプロ3ターボオレンジ試打レビュー!合うラケットやおすすめの使い方

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

今回はコメントで試打希望があった
キョウヒョウプロ3ターボオレンジの
試打レビューについて
書いていきたいと思うんですが…

ここのところかなり
キョウヒョウシリーズを使い込んでいるので、
その勢いで一気にキョウヒョウシリーズの
レビューを書いていきたい感じです(笑)

で、このキョウヒョウプロ3ターボオレンジは…

キョウヒョウプロ3のシートに
日本製の弾力があるスポンジを
くっつけたものということで、

「最速のハリケーン」と
宣伝されていました。

「キョウヒョウは弾まないから…」
という層をターゲットに
している感じもありますが、

実際どれくらい弾むようになったのかは
打ってみなければ分からないので
ターボオレンジの実力について気になっている人は
かなり多いのではないでしょうか?

ということで、
早速キョウヒョウプロ3ターボオレンジの
試打レビューを書いていきますので
何かの参考にしていただければと思います^^


スポンサーリンク




 


スポンサーリンク




キョウヒョウプロ3ターボオレンジ試打レビュー!弾みを期待し過ぎると…

ということで、
キョウヒョウプロ3ターボオレンジです^^

これまでのキョウヒョウシリーズの
パッケージとはがらりと
印象が変わってます(笑)

で、裏側を見てみると…

中国製のキョウヒョウシートに
日本製の高弾性スポンジを組み合わせると共に、
さらにスピード性能を向上させるアクティブチャージ(AC)を搭載。
従来のキョウヒョウラバーよりスピード性能をUPさせた
プラ対応粘着ラバーが完成しました。

とあり期待が高まりますね(*^^*)

で、

シートを取り出してみると、

粘着ラバーなのに
若干テンションぽく
反り返ってるのが
分かりますでしょうか?

これは新鮮ですね~^^

スポンジのターボオレンジは
NEOスポンジを少し濃くしたような色合いで

スポンジをアップしてみると…

気泡はかなり小さめです。

スポンジを指で押した感じは
ファスタークG-1のスポンジを
さらに固くしたような印象がありました。

では、早速打ち込んでいきたいと思います。

まず、軽く玉突きしてみると、

コンコンコン…

結構硬い感じで、
本来の粘着ラバーっぽい打球感です。

次にフォア打ちしてみると、

飛ばない…(^_^;)

あれ??

そこまで飛距離出ないです。

シートの粘着力が強く、
かなり硬い質感なので、
軽く打っただけでは
飛ばない感じです。

が、かなり回転がかかる感じはあります。

次に、

ドライブをしてみると…

確かにスピードは出てるけど
やっぱり粘着ラバーの域を出ないなぁ

という感じでした。

なので、ターボとはなっていますが、
テンション系ラバー並のスピードや飛距離は
期待しない方が良いかもしれませんΣ(´∀`;)

シートはあくまでもプロ3のものなので
弾みがアップしたスポンジを
合わせてはありますが、
あくまでもプロ3を弾むように
改良したものと捉える方が自然かもしれません。

もちろん、

強くインパクトすることができれば、
かなりボールのスピードが出ますし、
飛距離も出てくれて、
回転はエグいことになるので、
使いこなすことができれば
強い武器になってくれるのは間違いありません。

が、硬いのでパワーがないとキツイ感じです(^_^;)

ただ、

シートの引っかかりは相当良いので、
キョウヒョウプロ3ターボオレンジを使うと
サーブの回転量やツッツキの回転量が一気に増え
サーブレシーブの展開がよくなりますね(笑)

ターボオレンジはブツッと回転が切れるのが
非常に分かりやすく
回転を切る技術が抜群にやりやすいので
前でプレーする選手の方は
かなり相性が良いかもしれません。

それこそ、キョウヒョウプロ3ターボオレンジは
伊藤美誠選手も使用してるとの事ですが、

ターボオレンジでブツッとサーブを切って
相手がつないできたボールを速攻とか、

レシーブをブツッと切って
ループ気味に来たところを
カウンターという感じで

伊藤美誠選手のような
プレースタイルの方が
使うのはアリだと思います。

実際ターボオレンジは硬い分
スマッシュが打ちやすかったです^^

あと、全体的にラバーが硬い分
ボールがラバーに食い込みにくいので
やや下から上方向めにスイングしないと
ボールが下に落ちてしまう感じになり
ネットにかかってしまいやすかったですね。

ターボオレンジはボールの飛び方が
キョウヒョウNEO系とは違っているので、
使いこなすには慣れがいりそうです(;´∀`)

ということで、ここまでバババッと
ターボオレンジのレビューを
書いてみたんですが、
一度まとめると…

  • 弾みは粘着ラバー、テンション系には敵わない
  • 硬い分弾くプレーがやりやすい
  • NEO3よりも回転量は出る感じ
  • 硬い分ボールを上方向に飛ばすイメージで打たないと落ちてしまう感じがあった
  • 下がると厳しいので前で使う方が良さそう

という感じでした。

もしよかったら参考にしてみてください。

キョウヒョウプロ3ターボオレンジに合うラケットは?

ここからはキョウヒョウプロ3ターボオレンジには
どんなラケットが合うのかということについて
少しご紹介していきたいと思うんですが、

個人的には、

硬くて弾むラケットと合わせるのがおすすめ
という結論になりました。

ターボオレンジを
柔らかい打球感のラケットと組み合わせたところ
ボールを打つ時にパワーが吸収されてしまい、
エネルギーロスが大きくなってしまい
使いづらかったんですが、

カーボンラケット組み合わせた所、
インパクトのパワーをしっかりと
ボールに伝えられる感じで、
エネルギーロスが少なくなり、
性能を引き出しやすくなったと感じました。

それと先程もお伝えしましたが、

キョウヒョウプロ3ターボオレンジは
回転をかけるのはもちろんですが
弾くプレーもやりやすいラバーなので、
弾きを活かすためにも硬いラケットと
組み合わせた方が全体的に良い感じなんですよね。

ラケットとラバーを両方硬くしてしまうと、
一般的には上級者向けと言われますが、
キョウヒョウプロ3ターボオレンジは
弾み的には弾まない方のラバーなので
多少基礎ができていれば
硬いラケットと組み合わせたとしても
使いこなせるのではないかと思います。

まとめ

ということで、

今回はキョウヒョウプロ3ターボオレンジの
試打レビューを書いてみました。

プラ対応のキョウヒョウということで
かなり注目されているラバーだと思いますが、
弾みという面ではこれまでのキョウヒョウNEO3と
同じくらいだと思います。

が、NEO3とターボオレンジ
どっちを使ったら良いか分からない
という方がいたとしたら、

  • 使いやすさ重視なら「キョウヒョウNEO3」
  • 回転量重視なら「ターボオレンジ」

という感じですすめるかと思います。

・【Nittaku】キョウヒョウプロ3ターボオレンジ

この記事がみなさんの参考になれば嬉しいです^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする