回転量の多いループドライブの返し方!カウンターする時の注意点!

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

今回は…

回転量の多いループドライブの返し方

について書いていきたいと思います。

ループドライブはしっかりボールを入れたい時に
重宝してくれる技術なので、
使う事が多い技術なのですが、

それは相手にとっても同じなので
試合ではかなり使われる事が多いかと思います。

ループドライブは普通のドライブよりも
ゆっくり飛んでくるものの
回転量が多いので普通に当てるだけだと
ボールの回転に負けてオーバーミスしてしまったり、
ボールが高く浮いてチャンスボールになってしまいます。

なので、

ループドライブをうまく処理することができるかどうか…

ということは、
かなり重要なポイントになります^^

人気記事

回転量の多いループドライブの返し方のポイント!

ループドライブは
普通のドライブよりも
回転量が多いので、

例えば、
普通のドライブをブロックする角度で
ブロックしてしまったりすると
ボールが上に浮いてしまいます。

なので、

ループドライブを返す時は

ラケットの面を通常よりもかぶせて
ボールの上の部分を打球することが大切です。

また、

ループドライブはボールが台についてから
時間が経てばたつほど伸びてくる感じになり
ボールを抑えづらくなってしまうので、

ループドライブを打たれた場合は
台にバウンドした直後くらいを
狙って打球するようにすると
安定して返しやすくなります。

ということで、

ポイントをまとめると、

ループドライブを返す時は…

  1. ラケットの面をかぶせ気味にする
  2. ボールの上の部分を捉えて打球する
  3. 台にバウンドした直後くらいを打球する

この3つのポイントを
意識するようにしてみてください。

回転量の多いループドライブを
返す感覚をはじめはなかなか
掴めないかもしれませんが、
このようなポイントをしっかりと
意識して打球するようにすれば
かなり返せる確率があがるはずです(^^)/

ループドライブをカウンターする時の注意点

というわけで、

ここまではループドライブの
返し方のポイントについて
ご紹介しました。

基本的には先程ご紹介した
3つのポイントが
ループドライブの返し方の
ポイントになるんですが…

ループドライブをカウンターする場合には
また別に少し注意点があるので、

ここからはループドライブを
カウンターする場合の
注意点についてシェアしていきたいと思います。

ループドライブをカウンターする場合
最も重要なポイントになってくるのが

打点

となるんですが、

ループドライブをカウンターする場合、
打点は大きく分けて、

  1. ライジング
  2. 頂点付近
  3. 遅い打点

の3つがありますが、

カウンターする時の打点によって
ラケットの角度や
スイング方向を変えないと
上手くカウンターがきまらなく
なってしまいます。

では、

私がそれぞれの打点で意識している事を
簡単にご紹介していくので
もしよかったら、
ループドライブをカウンターする時に
参考にしてみてください。

1,ライジングでループドライブをカウンターする場合

ライジングでループドライブを
カウンターしていく場合には

スイングをコンパクトにし
ボールがバウンドした直後を
ラケットの面をかぶせ
上回転をかけ返すイメージで打球するようにします。

なのでイメージとしては
チョリっとかける感じで
カウンターするという感じになります。

2,頂点付近でループドライブをカウンターする場合

ループドライブが台からバウンドして
高く上がってきた所でカウンターする場合は

ラケットを高くバックスイングを取り
上から下に打ち下ろすようなイメージで
カウンターするようにしています。

ループドライブが高く上がったところを
カウンターする場合は
かなり威力のあるボールを
打つことができるのがメリットなので、
決めに行くくらいの感じで
打つようにした方が良いですね^^

3,打点を落としてループドライブをカウンターする場合

ループドライブが落ちてきた所を
カウンターするような場合は

思いっきり回転をかけ返すようにし
なるべく弧線を高く上げるように
打ち返すようにすると良いです。

しっかりと回転をかけ返すことができれば
ループドライブを安定して打ち返すことができるかと思います。

まとめ

ということで、

今回はループドライブの返し方の
ポイントについてでした^^

普通のドライブは返すのが得意だけど
ループドライブを打たれると
上手く返すことができない…

というようなお悩みを持っている場合は
ぜひ今回紹介したことを参考にして
ループドライブを打ってもらって
返す練習をしてみてください。

この記事が何かの参考になれば幸いです(^o^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする