【ミズノ】GFPRO試打レビュー!これは上級者向けラバーですね

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

 

 

 

今回は、

 

 

 

ミズノのGFPROを試打した感想について
書いていきたいと思います^^

 

 

 

ミズノのラバーは割りといい感じなので、
最近試打を続けていて、
これまでGFT40、45と
レビューを書いたのですが、

 

 

今回はGFPRO、そして次回はGFT48という感じで
GFシリーズのレビューを書いていきますので、
ミズノのラバーが気になっているという場合は、
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

【ミズノ】GFPRO試打レビュー

 

 

まずは、

 

GFPROの外観を見てみると、

 

 

シートは不透明で光沢感がある感じで、
引っかかりが強い感じ^^

 

 

 

で、スポンジはかなり気泡が大きいんですよね!

 

 

 

 

気泡が大きいスポンジというと、
硬度が柔らかいスポンジに多いのですが、

 

 

GFPROは47.5度というスポンジ硬度でありながら
かなり気泡が大きく入っているので、

 

「ちょっとこれまであったような
PRO系ラバーとは違うかも?」

 

 

というような予感がありましたね(笑)

 

 

 

 

 

で、実際にGFPROを打ってみると、

 

 

 

ハードでかなり威力が出て
打ち負けたりすることがない
いかにも上級者向けのラバーという感じなんですが、

 

ラバーにボールが食い込む感じがあるので、
上級者向けラバーではありますが、
ボールを制御できなくなってしまうというような
コントロールのしづらさはあまり感じませんでした。

 

 

 

 

ただ、ドライブを擦り打ちしてしまったり、
しっかりインパクト出来なかったりすると
カウンターされやすい棒球になってしまうので、
しっかりとした技術力とフィジカルがないと
安定したプレーがしづらいですし、
GFPROの良さを引き出すことができなくなってしまいますね。

 

 

 

 

 

ツッツキやストップなどは、
シートで浅く捉えるようにすると弾みが抑えられ
コントロールしやすくなるので、
普通に打つと弾み過ぎてしまうという場合は
シートで浅めに捉えるというふうにすると良いと思います。

 

 

 

 

また、

 

この食い込ませると弾み擦ると弾まないという
GFPROの落差を上手く使いこなせれば
かなり緩急のつけたプレーができ
相手を揺さぶることができるでしょう。

 

 

 

 

ただ、

 

 

 

硬度的にはテナジーよりも硬い感じなので、
余裕でテナジーが使いこなせるくらいの
レベルがないとGFPROを使いこなすことは
難しいかもしれません。

 

 

 

 

GFPROは名前の通り、
上級者の選手がさらに上のプレーを
目指すために使うような感じのラバーなので、
性能はどれをとっても素晴らしいのですが

 

 

GFPRO性能を使い切るには
同時に実力も必要になってくるという感じなので、
誰にでもおすすめできるラバーではなく、

 

 

本当に実力のある人が
さらに上を目指すために
自ら手に取って使ってみる
というような感じの
ラバーだと思いました。

 

・【ミズノ】GFPRO

 

 

まとめ

 

 

今回はGFPROの試打レビューを
書いてみましたがいかがだったでしょうか?

 

 

GFPROはかなり上級者向けの
ラバーになっている感じだったので、
腕に自信があるという方は
使ってみる価値はあるのではないかと思います。

 

 

この記事が何かのお役に立てれば嬉しいです(*´ω`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください