【ミズノ】GFT40試打レビュー!スピン重視でドライブの弧線が気持ち良く出ます

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

 

 

今回は、ミズノの「GFT40」の
試打レビューを書いていきたいと思います。

 

 

 

少し前に1つ硬めのGFT45を
試打したんですが、
その時は割りと好印象だったので、
GFT40も打ってみるのが楽しみでした。

 

 

 

では、早速GFT40を試打してみた感想を
ご紹介していきます(^^)/

 

 

 

 

 

【ミズノ】GFT40試打レビュー!スピン重視でドライブの弧線が気持ちよく出るラバー

 

 

ということで、

 

 

ミズノのGFT40です^^

 

 

 

 

シートの質感は光沢感があり
引っかかりが良い
ドイツ系テンションラバーという感じで、

 

 

 

スポンジは黄色で
かなり気泡がたくさん入っており
柔らかいですが、
コシがあってしっかりと弾力がある感じです。

 

 

 

 

 

では、軽くフォア打ちしてみます。

 

 

 

すると、

 

当てるだけで返ってしまう
という感覚がかなり強いですね。

 

 

 

GFT40は柔らかいラバーですが、
シートの引っかかりがしっかり感じられて
特に回転をかけようとしなくても
勝手に前進回転がかかって
返っていってしまうという感じで、
フォア打ちは安定しますね。

 

 

 

続いて、ドライブを打ってみると、

 

 

かなり弧線がきれいに出てくれますね\(^o^)/

 

 

 

 

これは気持ちがいい!!

 

素晴らしくきれいな弧線が出ます(笑)

 

 

 

 

で、スピード重視ではなく
どちらかといえばスピン重視という感じですね。

 

 

 

ただ、スピン重視といっても
下回転に対してドライブをかけようとすると
若干持ち上がりにくいと感じました。

 

 

 

GFT40で下回転を打ってみると
ちょっと球離れが速く
ボールが持ち上がる前に飛んでしまう感じで
ボールをグーッと持ち上げるように
下回転を打つのは難しかったですね。

 

 

 

 

上回転同士の打ち合いの場合は
ボールがグッとラバーに引っかかってくれるので
球持ちがしっかりと感じられるのですが、

 

下回転をドライブする場合は
かなりドライブの感覚が発達している人でないと
GFT40は難しくなってしまうかもしれません。

 

 

 

ただ、
バックハンドでGFT40を使ってみると、
かなり下回転へのドライブも打ちやすく、
ブロックやレシーブも安定するので、
GFT40を使うならバックハンドで使うのが良さそうです^^

 

 

 

 

あと、GFT40は柔らかいラバーですが、
シートの引っかかりがしっかりあるので、
サーブやツッツキを切るのがやりやすく
浮きづらいのもメリットだと思います。

 

 

 

どうしても、柔らかいラバーだと
グッとシートに引っかかる感覚が
曖昧になりやすいのですが、
GFT40の場合はしっかり引っかかるので

 

 

柔らかいラバーで引っかかりがしっかりあるラバーを
探している場合はGFT40が良いかもしれません。

 

 

 

 

あと、全体的にラクザ7ソフトに
感覚が近い感じがありましたね~(笑)

 

 

 

ラクザ7ソフトもとても扱いやすく
回転がかかるラバーなんですが、
GFT40もそんな感じのラバーだと思いました。

 

 

 

 

ビックリするようなスピードとか
スピンがかかったりということはないけれど、
とにかく安定して使いやすい
というのがGFT40になるかと思います。

 

 

 

ただ、GFT40のレビューをいろいろと見てみると
良い評価をしている人とそうでない人とが
はっきり分かれている感じだったので、
使い手を選ぶラバーの可能性もありそうです(笑)

 

 

・【MIZUNO】GFT40

 

 

 

まとめ

 

 

ということで、

 

 

今回はGFT40の試打レビューを
書いてみましたが
いかがだったでしょうか?

 

 

 

GFT40は回転重視で
柔らかくコントロールがしやすいラバーなので
初心者の方にも良いかもしれません^^

 

 

 

もしよかったら参考にしてみてください(*´∀`*)

1 COMMENT

いっちー にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください