【ミズノ】GFT45試打レビュー!フォアバック両方使ってみた感想

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

今回は…

ミズノから発売されているラバー

GFT45を試打してみたので、
レビューを書いていきたいと思います^^

スポンサーリンク

【ミズノ】GFT45試打レビュー!フォアバック両方使ってみた感想

というわけで、

早速GFT45を試打してみた感想を
書いていきたいと思います^^

まず、

シートはかなり引っかかりが良い感じですね。

ドイツ製スピン系テンションラバー特有の
光沢感のあるシートが採用されています。

スポンジは黄色で、
やや大きめの気泡が無数に入っており、

指で押してみると

かなり反発する感じで

スポンジに指が押し返される感じですね~

では、早速試打していきます^^

まず、フォア打ちしてみると、

少し想像していたよりも
硬めの打球感で、
ファスタークG-1とか
エボリューションEL-Sに
打球感が近い印象を受けました。

ボールが勝手に飛んでいくというよりかは
力を加えた分だけボールが飛んでいく

という感覚のラバーですね^^

続いて、ドライブを打ってみたんですが、

かなりボールを掴む感覚があります!

打球する毎に「グッ」とラバーに
ボール引っかかる感覚があるので、
安心してドライブを打つことができました。

また、厚く当てるようにすればするほど
ラバーがボールを強く掴んでくれますし、
薄く当てると球離れが速くなり
ボールにスピードが出るので、

しっかり回転をかけるドライブや
スピード重視のドライブなど
性質の異なるボールを打ち分けるのが
やりやすいラバーだと思いました。

で、ドライブをかけると弧線が適度に上がってくれて
勝手に台におさまってくれるので
ラリータイプの選手が使うと
かなり相性が良いのではないかという感じです(*´∀`*)

あと、GFT45はストップやツッツキ、
サーブといった技術も安定して出来るラバーですね。

GFT45は3の力でボールを打てば3のボールになって、
7の力で打てば7のボールが出る

というように
プレーヤーの意思通りのボールが出るラバーなので、
ストップを止めたりだとか、
ツッツキを深く入れたりというような事も
かなりやりやすかったですね^^

あと、当然シートの引っかかりが良いので、
回転を切りやすいことも
扱いやすさにかなり貢献していると感じました!

今回はインナーフォースレイヤーALCに貼って
GFT45を試打していたのですが…

やや打球感が硬いという感じがあったので、
カーボン系ラケットには
1つ下の硬度となるGFT40を合わせた方が
使いやすかったかもしれないと感じましたが、

木材合板ラケットに貼るのであれば
GFT45の方が良いのではないかと思います。

で、フォアとバック両方使ってみたんですが、

GFT45はフォアバックどちらでも
使えるラバーだと思いました。

回転をかけるのもやりやすいし、
ボールを弾くのもやりやすいし、
コントロール性が高い、
オールマイティー系のラバーなので、
フォアに使ってもいけるし、
バックで使ってもいけるという感じでした(^^)/

あと、意外だったんですが、
かなりブロックがやりやすかったので、
守備系の技術のやりやすさを
重視する方なんかにも
GFT45は良いかもしれません。

・【ミズノ】GFT45

まとめ

ということで、

今回はミズノのGFT45の
試打レビューでした^^

かなりバランスが取れたラバーなので、
ファスタークシリーズのように
誰にでもおすすめできる
素晴らしいラバーだと感じました。

逆にいうと、
突出した性能というのはないのですが、
それがこのラバーの魅力になっている

という感じですね(笑)

また、お値段も割りと良心的な方だと思うので、
気になっている場合は一度試してみると良いかもしれません。

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです(^^)/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

 

コメント

  1. いっちー より:

    エクシオンのオメガVツアーDFとどちらが硬いですかね?それと、インナーフォースレイヤーALC,Sとカルテットの比較お願いします。