粘着ラバーに合う特殊素材ラケットはどれ?ザイロンカーボンが少ない理由を考察

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

 

 

 

ここのところ
キョウヒョウばかり使っていて、

 

 

すっかり粘着ラバーの人

 

 

になっているんですが、

 

 

 

粘着ラバーをいろんなタイプの
ラケットに貼っていく中で、

 

 

相性が良いラケットと
そうでないラケットの
違いが分かってきました。

 

 

 

例えば、中国のトップ選手の
組み合わせといえば、
アリレートカーボンラケットに
キョウヒョウという組み合わせが多く、

 

 

 

最新の素材のザイロンカーボンに
キョウヒョウを合わせている選手は
ほとんどいないですよね?

 

 

 

で、

 

 

これは一体なぜなのか?

 

 

ということが、

 

 

 

実際にアリレートカーボンラケットと
ザイロンカーボンラケットに
キョウヒョウを貼って打っているうちに
分かってきたので、

 

 

今回は、この事について
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

 

 

 

 

粘着ラバーに合う特殊素材ラケットはどれ?ザイロンカーボンが少ない理由を考察してみた

 

 

ということで、

 

アリレートカーボンラケット(ビスカリア)と、

 

 

 

ザイロンカーボンラケット(水谷隼)

 

 

 

 

この2本にキョウヒョウを貼って
打ち比べてみる事にしました。

 

 

 

で、アリレートカーボンと
キョウヒョウの組み合わせは
結構使う事が多いので、

 

 

 

まずは、ザイロンカーボンとキョウヒョウの
組み合わせで打ち込んでいきます…

 

 

 

 

すると、

 

 

 

ザイロンカーボンにキョウヒョウを組み合わせると…

 

 

かなり弾む感覚が強くなって
粘着ラバーなのにコンパクトなスイングでも
スピードと飛距離を出すことが出来ました!

 

 

 

アリレートカーボンだと
できる限りしっかりスイングして
ボールにパワーを加えて打つようにしないと、
スピードや飛距離が出づらいですが、

 

 

 

ザイロンカーボンとキョウヒョウの組み合わせだと、
粘着ラバーをテンションラバーのように扱えてしまう
というのが衝撃的でしたね(笑)

 

 

 

やはり、
ザイロンカーボンはぶっ飛びラケットだと
改めて実感させられました^^

 

 

 

ただ、

 

 

ぶっ飛びといっても

 

 

キョウヒョウのように
粘着ラバーと組み合わせた場合、

 

 

テンションラバーほど飛距離はでないので

 

 

 

かなりスピードは出るけど
オーバーミスもしづらく、
それでいてシートの引っ掛かりの良さで、
弧線が高く出やすくなるので、

 

 

意外と、
ザイロンカーボンと粘着ラバーの組み合わせは
使いやすい組み合わせだと思いました^^

 

 

 

 

ですが、

 

 

 

中国のトップ選手を見てみると、

 

 

 

ザイロンカーボンにキョウヒョウを
組み合わせて使っている選手はほとんどおらず、
アリレートカーボンを使っている事が多いですよね?

 

 

 

 

これは一体なぜなのか?
ということなんですが、

 

 

 

 

アリレートカーボンとザイロンカーボンに
粘着ラバーを組み合わせて
打ち比べていく中で感じたのは、

 

 

 

ザイロンカーボンとキョウヒョウの組み合わせだと、

スピードは出るけど回転の絶対量が下がってしまい、
粘着ラバー特有のボールが出にくくなってしまう
というデメリットがある

 

ということでした。

 

 

 

 

ザイロンカーボンは打球時に
ラケットにボールが食い込むような
独特の打球感があるんですが、

 

 

この勝手に食い込むという
ザイロンカーボンの特性が
粘着ラバーの回転量を
抑えてしまう形になってしまうんです(^_^;)

 

 

 

粘着ラバーは擦るのと当てながら擦る
感じで打球するラバーですが、

 

ラケットがしなるというか粘る感覚がある、
アリレートカーボンラケットの場合
擦るまた当てながら擦って打つ打法がやりやすく
猛烈な回転量のドライブが出しやすいのですが、

 

 

 

ザイロンカーボンラケットだと、
擦ったり当てながら擦る打ち方をしようとしても、
ボールがラケットに食い込み
すぐパンっと弾けて飛んでいく
というザイロンカーボンの特性が
どうしても出てしまうため、

 

回転がかかりきる前に
ボールが飛んでいってしまい、
スピードは出るものの
回転量は減ってしまう
という感じでした。

 

 

 

 

なので、

 

 

わざわざ粘着ラバーの回転量が犠牲になってしまう
ザイロンカーボンに粘着を組み合わせるよりも
回転がかけやすいラケットと組み合わせた方が
粘着ラバー本来の性能を発揮することが出来る

 

 

というのが、
ザイロンカーボンに粘着という
組み合わせが少ない理由の
大きな要因となるのではないかと思います。

 

 

 

 

粘着ラバーを使うのであれば、
猛烈な回転量を出せるラケットが
前提条件としてあって、

 

 

その中で弾みや打球感などを
自分のプレースタイルに合わせて
チョイスしていくというのが
粘着ラバーを最も活かすことが出来ますからね^^

 

 

 

 

なので、比較的回転をかけやすい
木材合板ラケットや
アリレートカーボンラケットと
粘着を組み合わせるというのが
主流になっていますよね^^

 

 

 

 

ちなみに、

 

 

ザイロンカーボンは勝手に食い込んで
ボールを飛ばしてくれるという感覚があるので、
テンションラバーとの相性は抜群だと思いました。

 

 

 

テンションラバーは食い込ませて打つ
というのが基本になりますが、

 

 

ザイロンカーボンは勝手に食い込みが
発生してボールが飛んでいく感じになるので、
テンションラバーと合わせると
力を加えなくても良いボールが
楽々打ててしまう感じになってしまいます^^

 

 

 

若干球離れが速いとか、
弧線が直線的になりやすいなどの
ザイロンカーボンの特徴もあり
使いこなすには慣れが必要ですが、

 

 

ザイロンカーボンのボールの
スピードは激速なので、
もしザイロンカーボンを使いこなせたら
ボールが格段に抜けやすくなると思います。

 

 

まとめ

 

 

 

今回は粘着ラバーと特殊素材ラケットの
関係について書いてみました。

 

 

やはり、
ラバーとラケットがお互いの性能を
相乗効果的に発揮できる
組み合わせを見つけるのが
用具選びのコツになのかもしれません。

 

 

 

ということで、
この記事が少しでも参考なれば嬉しいです(*^^*)

2 COMMENTS

寒野

馬龍を始めとしてザイロン系使ってますよ
アウターザイロンはいませんがインナーザイロンなら沢山います

返信する
山本由紀子

私は今、昔に購入したカールソンのカーボン入りの5枚ラケットを使っています。
そこで中国ラバーのテンションラバーに貼り変えたのですが?
打音と手の感触に違和感があり、またきょひょうの極圧ラバーに張り替えました。
が・・・後二本のラケットはTSPとニッタクの5枚合板です。これにも
きょうひょう2を張り変えたのですが?打音と手の感触に違和感があり、
直ぐにカールソンのカーボン入りのラケットに張り返しました。でも
今日の説明では粘着としての働きが回転を抑えてしまうと書いてありましたが?
カールソンのラケットはありレートカボンか、それともザイロンカーボンなのか?
教えてください。折角、学生の時に卓球をやっていたので高齢者になって
もう一度やろうと・・・試合にも出ています。今度購入する時には
どのラケットに粘着があるか商品名を教えてください。お願いします。
昔からラバーは中国の粘着きょうようを使っていました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください