オメガVアジア(OMEGA V ASIA)試打レビュー!テナジーを硬くしたようなラバー

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

 

 

前回は、オメガVプロの試打レビューを
書いたのですが…

 

 

今回は続きということで、

 

 

 

じゃん

 

 

オメガVアジア(OMEGA V ASIA)の方を
試打していきたいと思います^^

 

 

オメガVアジア(OMEGA V ASIA)試打レビュー

 

 

オメガVアジアを開封していきます。

 

 

シートは不透明ながらも
光沢感がある感じです。

 

 

粒は細めのものが狭い感覚で
たくさん配置されている感じで、

 

スポンジの気泡は大きめのものが
無数に入っているように見えますね^^

 

 

スポンジをひっくり返して見てみると、
かなり大きめの気泡がたくさん入っていて
表面が凸凹としていますね~

 

 

 

 

 

では、早速オメガVアジアを試打していきます。

 

 

 

まず軽くフォア打ちしてみると、

 

割りと弾みすぎない感じで
コントロールがしやすいですね。

 

 

打球感は割りと硬い感じがするんですが、
飛びすぎる感じがないので
台に安定しておさまってくれます。

 

 

 

で、普通にフォア打ちをしているんですが、
ボールの弧線が上がって
ドライブのようになる感覚があるんですよね^^

 

 

 

 

これは…

 

 

テナジーにかなり似ているのでは!

という感じだったので、

 

 

早速ドライブを打ってみると…

 

 

 

やはり

 

 

ボールの飛び方がテナジーに
非常に似ている感じです!

 

 

 

オメガVアジアはテナジーよりも硬いので
テナジー05ハードという感じなんですが、

 

自分で回転をかけなくても
しっかりスイングできれば
ラバーが勝手に回転をかけて
飛ばしてくれるので、

 

 

あまり難しく考えずに、

 

 

とにかく無心でボールを捉える

 

 

ということを意識していればOK
というような感じで、

 

 

非常に夢中になれるラバーですね(笑)

 

 

 

 

で、

 

オメガVアジアは
ブツッと切れるシートなので、
サーブやツッツキを
ぶつ切りするのが
かなり簡単ですね^^

 

 

前回試打したオメガVプロよりも
オメガVアジアの方が
ブツッと切れる感じが強いです。

 

 

 

なので、

 

オメガVアジアはスピードや回転の性能的には
かなりトップレベルの性能を持ったラバーだと思います。

 

 

 

 

ただ、コントロール性や安定感という部分では
テナジーの方がかなり勝っている印象なので、

オメガVアジアはしっかり技術力がないと
使いこなせないラバーだとも思いました。

 

 

 

非常に持っているポテンシャルは高いのですが、

 

 

そのポテンシャルを引き出すのが
なかなか難しいラバーかもしれません。

 

 

 

しっかりハードヒット出来る人であれば
使いこなせるラバーだと思うので、

 

普段硬めのラバーを好んで使用している方であれば
オメガVアジアは気に入る確率は高いのではないかと思います。

 

 

 

 

個人的にはちょっと硬すぎて
扱いこなせないと思ったのですが、

回転量やスピードはトップクラスの性能を
持っているラバーだと思いました。

 

 

 

 

 

ちなみに、同じ硬度のラバーの
ラザンターR50との違いについてなんですが、

 

 

ラザンターR50の方がスピードと飛距離が出る感じで

 

回転はオメガVアジアという感じです。

 

 

 

いずれにしても…

 

 

50°のスポンジともなってくると

上級者向けのラバーになるので、

 

技術力に自信がないと貼れない感じだと思います(笑)

 

 

 

ただ、

 

 

そこまで使いづらいという感じではないので、
チャレンジしてみるというのは全然アリだとも思います。

 

 

 

ということで、

何かの参考になれば嬉しいです^^

 

 

【XIOM】オメガVアジア

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください