オメガVツアーDF(OMEGA V TOUR DF)試打レビュー!

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

 

 

今回は、質問があった

 

 

「オメガVツアーDF」のレビューを
書いていきたいと思います。

 

 

オメガVツアーDFは、
スピード重視のツアーに
さらにエネルギーロスの少ない
ダイナフリックシートを採用した
バージョンということで、

 

 

どんな性能を持ったラバーなのか
気になっている人も多いようですね(^^)

 

 

では、早速オメガVツアーDFの
レビューをしていきます!

 

 

オメガVツアー(OMEGA V TOUR DF)試打レビュー!

 

 

 

 

エクシオンのラバーは
パッケージがメタリックな感じで
とてもきれいです。

 

 

早速、パッケージから取り出してみると…

 

 

 

 

いかにもドイツ系テンションという
引っかかりの良い曇り系のトップシートですが、
ダイナフリックシートなので
さらにグリップ力が高まっている感じがあります。

 

 

 

 

そしてブラックスポンジ(笑)

 

気泡の大きさは、
VヨーロとVプロの中間くらい。

 

 

 

 

 

では、早速試打していきます。

 

 

今回はインナーフォスレイヤーALCに
貼って試打しました。

 

 

 

 

 

まず、軽くフォア打ちしてみると…

 

 

勝手に弧線を描いて、
相手コートにスッと飛んでいきます。

 

 

 

球離れは割と速い感じですが、
ダイナフリックシートのおかげか
勝手に弧線を描いてくれるので、
ボールの飛び方は素直といった感じ。

 

 

 

で、なんとなく打球感が
似てるラバーがあったような…

 

 

 

と、どこかで思っていたんですが、

 

 

 

思い出しました^^

 

 

「エボリューションMX-P!」

 

 

オメガVツアーDFは
MX-Pに近い感じなんです。

 

 

 

シートのグリップ力が高く、
ドライブの弧線が高く出やすい感覚なんかは、
本当にエボリューションMX-Pにそっくりです。

 

 

 

 

 

プレーしていて全体的に
ボールのスピードはMX-Pの方が
速く感じますが、

 

 

オメガVツアーDFも負けず劣らず
速いボールを打てますし、
回転という点ではオメガVツアーDFの方が
上回っていると感じました。

 

 

 

結構ドライブに対して
ブロックオーバーが出ていたので、
ドライブの回転量は高いですし、

 

 

 

ちょっと打点が下がってしまったとしても
弧線がググッと上がってくれるので、
しつこく粘れるラバーですね^^

 

 

 

あと、オメガVツアーDFは
シートが回転に負けないので
カウンタードライブが
やりやすいのも特徴です。

 

 

ただ、若干引っかかりが良すぎて、
それ故にボールコントロールが
難しくなってしまう…
という場面もあったので、

 

 

オメガVツアーDFはシートの
引っ掛かりの感覚を使いこなせれば、
覚醒できる予感が(笑)

 

 

・【XIOM】OMEGA V TOUR DF

 

 

オメガVツアーDFは
上級者向けのラバーになるのですが、
割と扱いやすいラバーなので、
中級者くらいの方でも全然
使いこなせる気がします^^

 

 

なので、オメガVツアーDF
気になっている場合は、
一度試打してみてはいかがでしょうか?

 

 

まとめ

 

 

今回は、オメガVツアーDFの
試打レビューを書いてみましたが
いかがだったでしょうか?

 

 

最後に、
オメガVツアーDFの特徴をまとめておくと、

 

  • 回転がかかって弧線が安定する
  • ドライブの弧線が高くでやすい
  • グリップ力を活かしたカウンターができる
  • 打点が下がってもなんとかなる
  • 食い込ませる打法と擦る打法どちらもいける
  • グリップ力の高さは慣れが必要かも

 

という感じです。

 

 

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば幸いです^^

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください