ラケットケースのおすすめな選び方!あなたにピッタリのケースとは?

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

 

 

 

卓球のラケットを安全に持ち運ぶために
欠かせないラケットケースですが、

 

 

ラケットケースってかなりいろんな種類があるので、

 

 

「どれにしたら良いか迷ってしまう…」

 

 

 

という方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

私も、

 

いろいろと迷った末に

 

ハードケースを使っているんですが、

 

 

 

 

ラケットケースってどれが1番良い
ということはなく、

 

 

それぞれにメリットデメリットがあるので、

 

 

自分に合ったラケットケースを選ぶことが大切なんですね!

 

 

 

 

そこで、今回はラケットケースの種類ごとに
どんな特徴があるのかということについて
書いていきたいと思うので、

 

 

 

今ラケットケース選びで迷っているという場合は
参考にしてみてください(^^)/

 

 

 

ラケットケースの種類別のメリットデメリット

 

 

 

ラケットケースのタイプによって
どんなメリットデメリットがあるのでしょうか?

 

 

1:ハードケース

 

 

1つ目は私も使っているハードタイプの
ラケットケースなんですが…

 

 

 

ハードタイプのラケットケースの
最大のメリットは
見た目のデザインがカッコイイということと
ラケットをしっかり保護することができる
ということになります^^

 

 

 

どうしても柔らかいタイプのラケットケースですと、

 

 

バッグの中で硬いものに
押しつぶされてしまったりすると
ラバーが凹んでしまったりする事があるのですが、

 

 

ハードケースであれば、
そういった心配はありません。

 

 

 

ただ、ハードケースは値段が他のケースに比べて
高いのでその点がデメリットといえますし、

 

 

 

あと、ラバークリーナーや
卓球ノートなどをしまう
ことが難しいので
収納力はやや低めです。

 

 

2:ハンドバッグケース

 

 

2つ目はハンドバッグタイプの
ラケットケースになります。

 

 

ハンドバッグタイプのラケットケースは
とにかく収納力が高いということがメリットですね^^

 

 

 

ラケット以外に、

 

  • ラバークリーナー
  • スポンジ
  • 卓球ノート
  • 大会要項の用紙
  • ボール
  • 予備のラバー

 

など、必要なものが余裕で納まります^^

 

 

 

ちなみに、

ハンドバッグタイプのラケットケースは
標準のサイズのものと大きめのサイズのものがあるので、
たくさん収納したいという場合は大きめのサイズのものを
選ぶようにすると良いですね!

 

 

 

で、

 

ハンドバッグタイプのラケットケースの
デメリットを考えてみたんですが、

 

 

あんまりないなぁ

 

 

と思います(笑)

 

 

 

が、

 

 

しいて言えば、

 

 

たくさん物を入れてしまうと
カバンの中でかさばってしまったり、
すぐに欲しいものが見つけづらく
なってしまったりということが
デメリットになる可能性がありますね。

 

 

3:ラケット型ケース

 

 

3つ目はラケット型のケースになります。

 

 

 

ラケット型ケースは
ラケットを1本だけしまうことができる

 

というかなりシンプルな作りになっているので、

 

 

とりあえず、

ラケットをしまって保護できればOK
というライトな感じの人におすすめですね^^

 

 

 

デメリットは、
ラケット以外をしまうことができないということですね。

 

 

4:ラケットヘッドケース

 

 

4つ目はラケットのヘッドのみを
保護するタイプの
ヘッドケースになります。

 

 

おそらく、

 

 

このタイプのラケットケースが
最もお値段が手頃で
シンプルな作りかと思います^^

 

 

 

で、ヘッドケースのメリットは
ケースをつけたまま素振りができるということですね~

 

 

グリップの部分は普通に持てる状態なので、
ちょっと重めのラケットを振る感じで
素振り練習ができてしまいます^^

 

 

 

なので、初心者さんには割りとおすすめかもしれませんね。

 

 

 

ただ、他のタイプのラケットケースと
比較するとラケットの保護力や
収納力は劣ってしまいます。

 

 

まとめ

 

 

ということで、

 

 

今回はラケットケースについて
いろいろとメリットデメリットを
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

 

 

 

どのタイプのラケットケースが
おすすめかということは
使う人によって違ってくるので、

 

 

一概にこれが良い!

 

 

とはいえないんですが、

 

 

それぞれのラケットケースの特徴を比べてみて
自分が1番魅力的に感じるものを
選ぶようにすると後悔のない
ラケットケース選びができると思います(*^_^*)

 

 

・卓球ラケットケースランキング【楽天市場】

 

 

 

この記事が何かの参考になれば嬉しいです(*´∀`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください