ラクザ7ソフト(RAKZA7soft)試打レビュー!下がらなければフォアでも使えそう

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

 

 

今日は、ヤサカの
「ラクザ7ソフト(RAKZA7soft)」の
試打レビューを書いていきたいと思います!

 

 

以前ノーマルラクザ7の試打レビューは
書いていたので、
今回はノーマルラクザ7と
ソフトの違いについても
伝えられたらと思います。

 

 

ラクザ7ソフト(RAKZA7soft)試打レビュー

 

ノーマルラクザ7は、

 

かなりスピンに特化した感じの
ラバーになっていたのですが、

 

 

ラクザ7ソフトのシートを見てみると、
ノーマル7と同じように
かなり引っかかりが強いシートです。

 

 

光に反射させてみると、
こんな感じ。

 

 

 

スポンジはクリーム色のような感じで
気泡がたくさん入っています。

 

 

 

 

では、早速ラクザ7ソフトを打ち込んでいきます。

 

 

 

一通りラクザ7ソフトを
使ってみた感想は…

 

 

どんな技術もそつなくこなせる
バランスが良いラバーという印象で
コントロール系ラバーと
ドイツ系テンションラバーを
融合させたような感じがありました。

 

 

 

ラクザ7ソフトは、

 

 

回転もかかるしスピードも出て、
それで安定して入るので
初心者~中級者の人が
かなり使いやすいとラバーだと思いました。

 

 

 

ノーマルラクザ7は自分でしっかり
力を加えないとスピードが出ない

感じのラバーだったのに対し

 

 

 

ラクザ7ソフトは純粋なテンションラバーという感じで

 

 

スポンジにしっかりと食い込ませて打つと
金属音が鳴ってラバーがボールを
飛ばしてくれました。

 

 

で、比較的ラクザXソフトと
打球感が似ていると感じたのですが、

 

 

ラクザ7ソフトの方が
ラクザXソフトよりも回転がかかりますね^^

 

 

ラクザ7ソフトの方が、
ボールを掴む感覚が分かりやすいので、

 

前中陣でミスなくドライブを振っていく
というような感じの選手と
相性が良いラバーという感じです。

 

 

一方、ラクザXソフトは結構球離れが速い感じがするので
角度を合わせて小気味よく前陣で連打するような
前陣攻守型型の選手と
相性が良さそうな印象です。

 

ラクザ7ソフトはバックと相性が良く、下がらなければフォアでも使えそう

 

 

ラクザ7ソフトをフォアとバック
それぞれで使ってみたのですが、

 

 

どちらかというとラクザ7ソフトは
バック面と相性が良いラバーだと思います。

 

 

フォアだと若干威力に物足りなさを
感じてしまう事があったのですが、
バックだとそういったことがなく
安定してコントロールできて
使いやすかったですね。

 

 

ただ、フォアでも下がらなければ
十分スピードも回転も不足しない
ボールを打つことができたので、

 

 

下がらないという条件つきではあるんですが、

 

ラクザ7ソフトはフォアでも全然使えるラバーだと思います!

 

 

 

あと、

 

ラクザ7ソフトは、

回転のかかりと弾みのバランスが良いので、
初心者や中級者の人が
ステップアップするための
ラバーとしても良いと思いました。

 

まとめ

 

 

ということで、

 

 

今回はラクザ7ソフトの
レビューを書いてみたんですが、

 

 

 

ラクザ7ソフトは、
かなりバランスの良い
優秀なラバーだと思いました。

 

 

やりづらい技術がなく、
回転もかかるしスピードも出るので
安定感のあるプレーをした人には
かなりおすすめできるラバーです。

 

 

 

もちろん、驚くほどの回転がかかったり
かっとぶというわけではないんですが、

 

 

むしろ、そこがラクザ7ソフトの強みになっている

 

 

という印象でした。

 

 

 

癖のないバランスの良いラバーを
探しているという場合は
ラクザ7ソフトを試してみる価値はありそうです^^

 

【Yasaka】ラクザ7ソフト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください