ラクザXソフト(RAKZA X soft)試打レビュー!硬度は割と普通です

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

以前ヤサカのラクザXのレビューを書いたんですが、
今回はラクザXソフトを試打してみたので
ラクザXソフトをのレビューをしていきたいと思います。

ラクザXは扱いやすく威力も出せる万能系ラバーだったので
スポンジが柔らかくなるとどうなるのでしょうか?

 

 

ラクザXソフト(RAKZA X soft)試打レビュー!硬度は柔らかすぎない感じ

 

ラクザXソフトのシートはラクザXと同じものが使われているようです。

ただ、スポンジの硬度が40~45°とラクザXよりも5°ほど
柔らかいスポンジが搭載されており
画像だと分かりづらいかもしれませんが、
上がラクザXソフト、下がラクザXで、
ラクザXソフトの方がスポンジの気泡が粗く
入っていることが分かりますね!

 

では、早速ラクザXソフトを試打してみます。

 

ラクザXソフトでフォア打ちしてみると
かなりボールを包み込んで離す感じがありますね~

ボールがしっかりスポンジに食い込んで
飛んでいってくれる感覚があるので
とてもコントロールしやすいと感じました。

 

で、ラクザXソフトでドライブを打ってみると…

スピードと回転はラクザXに及ばないのですが、
打球時に金属音が鳴りボールの弧線が高く出るので
ラクザXよりもよりドライブ安定して台におさまってくれる感じですね。

 

ただ、ラクザXソフトはインパクトが弱いと
スピードと回転があまり出ないので
カウンターされやすくなってしまうとも思いました。

ラクザXはインパクトが軽くても
ラバーが勝手にボールを飛ばしてくれて
スピードが出てくれる感じなんですが、
ラクザXソフトではインパクトをしっかりしないと
スピードが出てくれず回転量も出ず
ボールも台に浅く入ってしまう感じになってしまうので
打つ時はしっかりインパクトすることが重要かもしれません。

それに、結構強めにインパクトしても
余裕で台におさまってくれるので
もともと、そういうラバーなのかもしれませんが。

 

また、ラクザXソフトでストップした時思ったのが
ボールが「ボヨーン」と跳ねてしまう感じが強く
ストップが浮いたり長くなりやすいということでした(^_^;)

コントロールできないほどではないんですが、
ラバーでボールが跳ねてしまう感覚があるので
台上技術がやりづらいと感じました。

ただ、もしかしたら木材合板ラケットに貼ると
印象が違ってくるかもしれませんね。
今度やってみたいと思うのですが、
アウター素材系のラケットだとしならないので
本来の回転量が出しきれなくなってしまっている可能性がありますので。
(輝龍もそうだったんですが)

 

まとめ

 

ラクザXソフトはラクザXよりも
台に確実にボールがおさまってくれるので
プレーの安定感を重視したいという人に
おすすめできるラバーだと思います。

ラクザXソフトはものすごい速いボールが出せたり、
ものすごい回転量を出せるという方向性のラバーではなく
どんなボールも返しやすいバランス型のラバーといえますね。

【Yasaka】ラクザXソフト

 

また、ラクザXソフトといってもそこまで
スポンジが柔らかいわけではないので、
ラバーの重量もそれなりにある感じです。

ラクザXよりは軽いですが、
ラケットのサイズにカットして50g近くあるようなので、
ラクザXソフトだから重量が軽いと思い込んでしまっていると
期待を裏切られる可能性があるので注意してください!

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください