ラザンターR42試打レビュー!ラケット重量が重たくならない感じで良いです

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

今回はラザンターR42の試打レビューを
書いていきたいと思います^^

ラザンターR47・V47・R50と
硬いスポンジのラザンターを
レビューしてきたんですが、
スポンジが柔らかくなると
どんな変化が起こってくるのでしょうか?

 

ラザンターR42試打レビュー!ラケット重量が重たくならない感じで良いですね

 

ラザンターR42の外観です。

 

というわけで、早速ラザンターR42を試打してみます^^

 

まず、フォア打ちしてみると、
まさに使いやすい感じの打球感ですね~

ラザンターR47だとちょっと打球感
気持ち硬めな感じがしていたのですが、
R42だと違和感なく打ち込むことができました。

なので、ラザンターR42は違和感なく使える人が相当多いと思います。

 

ラザンターのスポンジ硬度が47以降だと
インパクトを強くしてボールをスポンジに食い込ませなければ
良いボールが出せない傾向があったのですが、
ラザンターR42は軽めのインパクトでも
スポンジにボールが入って
弾き返してくれてザ・テンション系ラバー
という感じのボールが出るので
特に難しく考えたりすることなく
ボールをどんどん打てるという感じでしたね。

 

で、ラザンターR42はバックとの相性が良いと
いわれているんですが、
実際フォアでも問題なく使えると思います。

貼っていたラケットがアウター系ラケットだった
からかもしれませんが、
スピードに不満はありませんでしたね。

逆に硬いラザンターよりも軽打した時の
ボールのスピードは上な感じです!

ただ、軽打だとボールのスピードがあっても
軽い感じになってしまうので、
威力を求める人には向かないですね。

 

が、これまでのラバーと同じ感覚で扱えるラバーなので
はじめてラザンターを使うのであれば、
まずはR42から使い始めてみるのがおすすめだと思います。

R47以降だとちょっとこれまでの
ラバーとは感覚が違ってくる感じですし、
重量も上がってしまいますからね~

R42だとULTRAMAXを両面に貼っても
割りと軽くて振り切りやすかったので
重量はそこまで気になりませんでした。

 

で、もし、ラザンターR42が使いやすいと感じて
さらにスピードや回転がもっと欲しいと
思ったのであればラザンターR47やV47、R50
というふうにステップアップしていくのが
最も失敗が少ない移行方法だと思います。

 

あと、ラザンターR42は金属音が鳴るので、
打ってて気持ちが良かったです。

【andro】ラザンターR42

 

まとめ

 

ということで、ラザンターR42のレビューを
してみたのですが、
ラザンターR42はラザンターの中で
最も無難で誰もが扱いやすいと思える
ラバーなのではないかと思いました。

割りと、打てばなんでも入る

というオートマチックな感覚があるので、
個人的にはラザンターの中で
1番使いやすかったかも…という感じです^^

というわけで、何かの参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください