ラザンターR50試打レビューと率直な評価!粘着に近いテンションラバー

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

今回はラザンターの中で最もスポンジが硬い
ラザンターR50を試打した感想を
書いていきたいと思います。

正直、50°のスポンジ硬度は硬すぎるのでは?
というような予想をしていたのですが、
実際のところはどうだったのか
ということを率直にレビューしていきます。

 

ラザンターR50試打レビューと評価!粘着ラバーに近いテンションラバー

 

ラザンターR50の外観です。

ラザンターR50を手に持ってみると
かなりずっしりとした感じでした。

スポンジは50°とかなりハードながらも
気泡が目に見えて分かる感じで
反発力が高そうな感じですね^^

打ってみるとどんな感じがするのでしょうか?

 

というわけで、早速ラザンターR50を試打していきます。
ちなみに、インナーフォースレイヤーALCに貼って試打しました。

 

まず、フォア打ちをしてみたのですが、
ガンガンとボールを叩くような打球感で
かなり硬い感じですね。

「あれ、これって粘着ラバーだっけ?」
というくらい粘着ラバーで打っているような感覚なんですが、
粘着ラバーよりも弾んでくれるので
粘着ラバーよりも軽く打てる感じで、
ファスタークG-1よりも少し硬い打球感という感じ。

 

で、ラザンターR50でドライブを打ってみると…

しっかりインパクトすればするほど
回転もスピードもありえないボールが出ますね~\(^o^)/

 

ズッドーンと疾走していく感じ(;・∀・)

それでいて、重たいボールなんですよね…

 

正直、こんなに威力が出るラバーは
そうそうありません!!

ただ、インパクトが弱いとそこまで弾まないので
スポンジにボールが食い込む強さのインパクトで打つのがポイントですね。

スポンジにボールが食い込めば食い込むほど
スポンジの弾力が解放されて
怪物級の威力が出るようになるという感じです。

 

ただ、どうしてもラバー全体が硬いので
安定して気持ちよくドライブを連打できる
という感じではないので、
コントロールはやや難しい部類のラバーという感じなんですが、
だからといって、扱えないというような感じではないので
ラザンターR50は人によって扱いづらかったり
扱いやすかったりと評価が変わりそうですね~

 

で、ラザンターR50はULTRAMAXだと
弾み過ぎて使いづらい気がしたので
2.0mm厚のスポンジをチョイスして
ラケットを軽量化してスイングスピードを上げることで
威力を引き出していくという方向性にした方が
使いこなしやすくなるのではないかと思います。

 

で、さきほどもラザンターR50は粘着ラバーに近い感じの
ラバーということはお伝えしたわけなんですが、
今テンション系ラバーを使っている方は
ラザンターR50に乗り換えると
打球感がかなり変わってしまうのでそこだけ注意が必要ですね。

逆に、今粘着ラバーを使っている人だったり、
フォア面にがっつり硬いラバーを貼って使っている
というような人はラザンターR50に貼り替えるだけで
ボールの威力が上がると思いますよ^^

【andro】ラザンターR50

 

まとめ

 

というわけで、ラザンターR50のレビューをしてみたんですが、
とにかく威力がヤバイくらい出るラバーでした!

で、かなりハードなスポンジを搭載していながらも
そこまで扱いづらいラバーではないので
不思議な感じがしたんですが、
使いこなすためにはしっかりとインパクトが
できるくらいの実力がなければならないので
上級者向けのラバーなのは間違いありませんね。

ラザンターR50は粘着ラバーを使いこなせる人や
硬いラバーへの苦手意識がない人、
そして腕に自信がある人が手に取るべきラバーだと思います^^

この記事が何かの参考になれば嬉しいです。

1 COMMENT

板垣 雄平

ラザンターに合うラケットはどんなラケットがいいですか?
僕はティモ・ボル専用のラケット使っていますが、ラザンターには合いますか?
それを聞きたいです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください