ラザンターシリーズとティモボルALCの相性について書きます!

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

 

 

今回は、

 

 

質問であった

 

 

ラザンターシリーズと
ティモボルALCの相性について
書いていきたいと思うんですが…

 

 

 

ラザンターシリーズは
まだまだ出始めたラバーということもあり、
どんなラケットと相性が良いのか
ということがまだ未知な部分が多いです。

 

 

 

で、そんなラザンターシリーズと
バタフライの名作ラケットである
ティモボルALCを組み合わせたら
ということは興味がある
という方はかなり多いと思いますので
これについて検証してみました(⌒▽⌒)

 

 

ラザンターシリーズとティモボルALCの相性は良い?悪い?

 

 

 

ということで、

 

 

早速ラザンターシリーズと
ティモボルALCの相性について
書いていきたいと思うんですが、

 

 

 

結論からいってしまうと、

 

 

 

ラザンターシリーズと
ティモボルALCの相性は
かなり良いと思います。

 

 

 

で、中でもラザンターの「R」シリーズの
方が相性が良いと感じています。

 

 

 

 

ラザンターはドライブ時に
かなり弧線が高く出てくれる傾向があり、
そしてボールが良く走ってくれるので、
ラザンターを使うとドライブの威力が
かなり上がるなんて事もあったりするんですが、

 

 

 

そのラザンターにティモボルALCのような
素材入りラケットを組み合わせた場合、
攻撃時の威力をかなり出しやすくなります。

 

 

 

 

 

 

ただ、ラザンターR47、R50は
テナジーシリーズよりもスポンジ硬度が硬いので
使いこなすために技術と筋力が
テナジーよりもさらに高いレベルで
求められるラバーになっているとも思います。

 

 

ラザンターのR47やR50の場合
インパクトが弱いとボールの飛距離や
威力が出なくなってしまい
カウンターされやすくなったり
ネットミスが出やすくなってしまいますからね(^_^;)

 

 

 

 

なので、例えばティモボルALCに
テナジーを貼って十分に使いこなせているのであれば、
スポンジが硬めのラザンターR47やR50をチョイスし、

 

 

もし、テナジーで硬度が硬いと感じていたような場合は
R42やR37をチョイスしてみる
というようにすると良いと思います。

 

 

 

 

R42やR37をティモボルALCに組み合わせると
威力は落ちてしまいますが、
コントロールのしやすさは格段に良くなるので
かなり使いやすい感になります^^

 

 

 

また、ラザンターシリーズは
厚さが2.3ミリのウルトラマックスがありますが、
ウルトラマックスだと弾みすぎてしまい
使いづらいと感じる人も少なくありませんので、

 

 

 

最初は、2.0ミリから試してみると良いかもしれません^^

 

 

まとめ

 

 

 

今回はティモボルALCとラザンターシリーズの
相性は良いのかどうかということについて
私なりの感想を書いてみました。

 

 

ティモボルALCとラザンターの組み合わせは
かなりドライブが走って爽快なので、
一度試してみる価値はあると思います。

 

 

もしよかったら参考にしてみてください(*^^*)

1 COMMENT

いちま

ドニックのワルドナーCFZなどのあまりメジャーではない用具のレビューをお願いします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください