ラザンターR47のレビューと評価!率直な感想とテナジー05との比較!

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

今回は今話題になっているラバー
「ラザンターR47」を購入してみたので
実際に試打してみたレビューを書いていきたいと思います。

これまで人気が高かった「ラザント」を
全シリーズ廃盤にしてアンドロさんが
発売に踏み切ったラバーということもあり
注目している人も多いみたいですね。

 

 

ラザンターR47の外観レビュー

 

ラザンターR47は、
「最新鋭のトップシートとグリーンスポンジにより、
常識破りのスピン性能・高い弾道・飛距離を兼ね備え、
あらゆる面で高い威力を発揮する」ラバーとの事。

外観はこんな感じ。

ラザンターR47のシートは引っかかりが良い系の
ドイツ系テンションラバーのシートという感じで、
見た目はファスタークとかV15と似ている感じでした。

ただ、やはり特徴的なのはグリーンスポンジですね!
抹茶色のような感じの色なので日本人には合うような気がします(笑)

 

ラザンターR47の試打レビュー

 

では、早速ラザンターR47を打ってみます。
今回はティモボルALCに貼って試打してみました。

 

一通りの試打を終えた感想は
やりにくい技術がないバランスが取れたラバー。
重さは結構重たい感じ。
回転重視系のラバーとスピード系ラバーの中間
というような印象がありました。

 

同時にスピード重視と謳われている
ラザンターV47も試打していたのですが、
回転性能に関しては
ラザンターR47の方が確かにあるものの
そこまで差が大きくない感じだったので、
ラザンターのRとVの回転性能の差は
そこまで大きなものは感じられなかった
というのが正直な感想です。

 

で、ラザンターR47がすごいのは
最初に述べたとおりなのですが
やりづらい技術がほとんどないということ!

ドライブ、ツッツキ、ストップ、フリック、チキータ、
カウンター、ブロックなど
いろいろな技術を試してみましたが、
どれもやりやすかったですね~

ラザンターR47はかなり弾むラバーなので
ストップとかレシーブが安定しなくなってしまうのではと
最初思ったりしたんですが、
そういった予想は良い意味で裏切られてしまいました。

 

また、カウンターとブロックがかなりやりやすく、
ブロックは当てるだけでかなり速いボールが返ってくれるので
相手をブロックで押したり、振り回したりということが容易でしたし、
カウンターは振れば入るというくらい
勝手にボールが台におさまってくれるので、
ブロックやカウンター重視で得点する機会が
多い選手はラザンターR47を使うと
より得点を増やしやすくなると思いました。

 

また、ドライブをしてみると、ボールの弧線が結構高く出る感じで
相手のコートに入ってからグッと落ちていく感じで、
こういったところで回転がしっかりかかっているな
ということを実感することができましたね。

 

そして、ラザンターR47のシートは
相手の回転の影響を割りと受けにくい方だと思うんですが
自分から回転をかけていくことができるので
そういった意味では相反した特徴を持っているという感じですね。

 

と、ラザンターR47の良い部分を上げてきましたが、
いくつかラザンターR47を打ってみて
気になった点もあったので
それについても紹介しておきたいと思います。

 

まず、ラバーの重さが結構あるということですね。

今回はULTRAMAXスポンジのラザンターR47と
V47を85gのティモボルALCに貼ったのですが、
両面にラザンターを貼って重さを測ってみると
189gだったのでラザンター1枚あたりの重さは50gくらいありますね。

ラザンターのULTRAMAXを両面に貼ってプレーしてみた時
ラケットがずっしりと重たく感じたので、
筋力に自信がない場合はULTRAMAXではなく
多少薄いスポンジにしたり
片面を軽いラバーにすると良いと思います。

 

あと、シートが薄くスポンジが厚いからだと思うのですが、
ラバーにボールが当たってから離れるまでが割りと
速い
感じがしました。

ラザンターはシートが薄くなっているので
ボールがシートに引っかかる時間が
わずかに少なくなっているのでしょうね~

引っかかりが少なくなっている分
しっかりとスポンジに食い込ませるような
イメージで打球すると
良いボールが出やすくなるという感じでした。

 

ラザンターR47とテナジー05の比較

 

ラザンターR47のライバルになるラバーは
おそらくテナジー05じゃないかなと思うんですが、
ラザンターR47とテナジー05を比較すると
どんな違いがあるのかざっくりとまとめていきたいと思います。

まず、テナジー05は回転のかけやすさだったり
勝手に飛んでいってくれる感覚が強いのですが、
ラザンターは勝手に飛んでいってくれる感覚はないものの
インパクトさえしっかりできれば
テナジー05よりも速いボールが打てるという感じです。

ただ、トータルとして扱いやすさは
やはりテナジー05の方が良いと思ったんですが、
それはテナジーがどんな打ち方をしても
なんだかんだでOKになってしまう感じなので
ラザンターR47よりも使いやすいとは
思ってしまいましたね~(^_^;)

【andro】ラザンターR47

 

まとめ

 

今回はラザンターR47のレビューをしてみましたが
いかがだったでしょうか?

ラザンターR47はスピードと回転が
高いレベルで両立されているラバーですし、
やりづらい技術というのも
比較的少ない方なので、
バランスの取れたラバーを探している
という方は一度使ってみると良いかもしれませんよ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください