リズムP試打レビュー!45°なのに音が鳴る驚きのプラ対応ラバー!

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

今回は、JOOLA(ヨーラ)の
リズムPというラバーを試打したので
レビューを書いていきたいと思います。

リズムのプラ対応版で「リズムP」
というネーミングになっているようなんですが、

ノーマルリズムはリーズナブルだけど使いやすい
と、もともと評判が高いラバーだっただけに、
プラ対応になったリズムPが
どんなラバーになっているか気になりますね。

人気記事

リズムP試打レビュー!45°なのに音が鳴る驚きのプラ対応ラバー!

ということで、リズムP(Rhythm-P)を
インナーフォースレイヤーALCに貼ってみました。

リズムPのトップシートは
ハイグリップで威力が出るやや固めの
シートになっているとの事。

ミクロポアスポンジを見てみると、
大きめの気泡がたくさん入っており、
高い弾みとコントロール性を予感させます。

気泡の大きさだけ比べてみると、
テナジー25FXよりも、
リズムPの方が大きいことが分かりますね。

では、早速リズムPを打っていきます。

まず、軽くフォア打ちしてみると…

とても使いやすいです(笑)

ボールがやや上方向に飛び出してくれるので、
安定してコートに入ってくれる感が
リズムPはとても高いですね。

続いて、ドライブを打ってみると、
パキーン…

え?Σ(´∀`;)金属音鳴る…

これは、驚きました!

まさか、45°のラバーでここまで音が鳴るとは…
ってくらい、ドライブを打つと音が鳴ります!

で、ドライブを打つ瞬間の球持ちもあり、
しっかり弧線が出てスピードも速いので、
リズムPは音が鳴る楽しさだけでなく
性能の高さもちゃんと両立されている
良いラバーだと感じました。

音が鳴るラバーというと、
30°台~40°前半までが多いですが、
リズムPは45°の硬度で音が鳴っているわけなので、

「音が鳴るラバーが使いたかったけど、
どれもソフト過ぎて使いたいものがなかった…」

というような場合は、
リズムPを使うしかないですね。

で、他にもいろいろ技術をやってみたんですが、
特にやりづらいと感じる技術もなかったので、
誰にでもおすすめできるラバーなんじゃないかなと思います。

あと、リズムPはスピン系といっても、
ガツッと強く引っかかりが感じられるわけではなく、
クッと適度に引っかかってくれる感じなので、
良い意味で回転に鈍感なところもあって
神経質にならなくて良いですし、

適当に打っても弧線が上がって、
ボールが入ってくれて、
音も鳴ってくれるので、

打球音にこだわりつつも、
ラバーの性能にもこだわりたいという人には
うってつけのラバーかもしれません^^

・【JOOLA】リズムP(Rhythm-P)

まとめ

今回は、リズムPのレビューを
書いてみましたがいかがだったでしょうか?

プラ対応の引っかかりが良いシートで
45°のスポンジ硬度にもかかわらず、
しっかり音が鳴るのには驚きでした(笑)

もし興味がある場合は、
みなさんもぜひリズムPで音を鳴らして
楽しく卓球されてみてください。

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする