【卓球】ロビングマン対策!ロビング打ちを確実に決めるコツとは?

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

 

 

3球目攻撃出来たけど
そこからロビングでしつこく粘られて
ロビング打ちをミスって
決めきることができなかった…

 

 

といような
苦い経験を持っている方も
多いのではないでしょうか?

 

 

 

まして競った場面で
ロビング打ちをミスってしまったりすると
精神的にもキツイものがあります(^_^;)

 

 

 

なので、
普段の練習の時からロビング打ちの
練習をしておいて
いざロビングを上げられても
しっかりと落ち着いて打ち込めるように
準備しておくことが大切だと思うんですが、

 

 

 

「そもそもどうやったらロビング打ちが
上手く入るのか分からない…」

 

と疑問に思っている方も少なくないと思いますので、

 

 

 

今回はロビング打ちのコツについて
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

 

 

 

 

【卓球】ロビングマン対策!ロビング打ちを確実に決めるコツとは?

 

 

 

では、早速ロビング打ちを
確実に決めるために
意識すべきポイントについて
見ていきましょう(*^^*)

 

 

1,肩の筋肉をしっかりと回してほぐしておく

 

 

ロビング打ちを確実に決めるために
まずやっておきたい事は、

 

 

肩の筋肉をしっかりほぐしておく

 

 

ということです。

 

 

 

ロビング打ちをする場合、
バドミントンのスマッシュや
野球のピッチングの動作のように
肩が上から下に動くように
スイングしていく事になりますが、

 

 

肩の回りの筋肉が硬くなってしまっていると
肩が上に上がらずロビング打ちが
しづらくなってしまいますので、

 

 

まずはしっかりと肩の回りの
筋肉をほぐすようにしましょう。

 

 

2,半身の体勢をつくり上から振り下ろすように打球する

 

 

ロビングを打つ時は、

 

 

ボールに対してしっかり半身の体勢をつくり、
バウンドがしっかり上がった所を
肩を大きく回すようにしながら
下に叩きつけるように打球していきましょう。

 

 

 

卓球のロビング打ちの感覚がつかめないという場合は、

 

 

バドミントンのスマッシュや
野球のピッチングをするような
イメージでロビング打ちをしてみると
上手くいきやすいかと思います。

 

 

 

また、振り下ろしたラケットは
自分の腰のあたりまで
しっかりと振り下ろす事を意識し、

 

 

少し前に体重をかけるようにしながら
ロビング打ちをすることが大切です。

 

 

 

 

3,ボールのバウンドと自分の打点を合わせる

 

 

ロビング打ちの3つ目のポイントは
ボールのバウンドと自分の打点を
合わせるということです。

 

 

例えば、高く上がったロビングを打つ場合
ものすごく高くバウンドしたところを
打球しようとしてしまうと
自分の打点からずれて上手く打球できず
オーバーミスしたりネットミスしやすく
なってしまいますよね。

 

 

 

ですから、
ロビングを上げられた場合は
まずは落ち着いてボールの
軌道を予測し先程ご紹介したように
半身の体勢で打球準備をしておき、

 

 

バウンドが高いようであれば、
ボールが少し落ちてきて
自分の顔の高さより少し高い位置に
来たところを打球するようにすると
ロビング打ちがしやすくなります。

 

 

まとめ

 

 

今回はロビング打ちのコツについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

 

 

ロビング打ちは一度コツさえ
掴んでしまえば、
しっかり打ち込んでいくことが
できるようになるので、

 

 

ロビング打ちに苦手意識があるという場合は
今回ご紹介したポイントを参考にして
ロビング打ちの練習をしてみてください。

 

 

 

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです(*´∀`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください