ラウンデルの試打レビュー!コントロール系ラバーにテンションを足した感じ

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

今回はバタフライから発売されている
ハイテンションラバー「ラウンデル」を
試打したのでレビューしていきたいと思います。

人気記事

ラウンデル試打レビュー!コントロール系ラバーにテンションを足した感じのラバー

ラウンデルのシートは透き通ったシートですね^^
バタフライのハイテンションラバーといえば
という感じです。

で、スポンジは白系で気泡があまり入っていないような
しっかり練り込まれたような感じ。

ということで、早速ラウンデルを試打していきます。

一通りラウンデルを試打してみて思ったのが、
思ったよりもスピードが出るし回転もかかるということでした。

「もしかしたらそこまで弾まないかも」
という勝手なイメージがあったんですが、
打ってみるとかなりスピードが出るし回転もかかるので
予想を外されてしまいました(笑)

で、ラウンデルは打球感が非常に独特な感じがします。

テンション系ラバーの打球感というと、
ボールがグッとラバーに食い込んでビュンと飛んでいく
というようなイメージが強いんですが、
ラウンデルはボールの勢いを一度吸収してから
飛ばすというような打球感で、
表現が難しいのですが半分低反発ウレタンが
入っているような打球感なんですよね。

この、独特な打球感がラウンデルと
一般的なテンションラバーとの最も大きな違いになると思ったんですが、
ラウンデルのボールの勢いを吸収してから飛ばす打球感は
台上技術をやるときに抜群の安定感を感じさせてくれます。

例えば、ボールを手で持って相手コートに落とすような感覚で
ストップすることができたり、
手でボール持ってはじくようなフリックをすることができたりと、
とにかく台上技術がやりやすかったですね。

それと、ラウンデルはシートの引っかかりが
そこまで強いわけではないので、
相手の回転の影響をうけにくい
ということも台上プレーのやりやすさに貢献しているのだと思います^^

ちなみに、レシーブなんかも本当に振るだけで
入ってしまうくらい回転の影響を受けません。

あと、驚いたのがドライブやブロックが
低い弾道で飛んでいってくれるということです!

一般的なテンションラバーはラバーに食い込んで
反発して飛んでいくためどうしても
弧線が高くなりやすいのですが、
ラウンデルの場合は上に飛び出していく感じが少ないので
自然とラケットを合わせた角度に対して
まっすぐ飛んでいってくれる感覚です。

なので、オートマチックに低い弾道でドライブが打てたり、
ブロックをすることができるんですよね。

これは日本製テンションラバーがなせる技なんでしょうね~

【BUTTERFLY】ラウンデル

ただ、カウンターやドライブの引き合いになると
ラウンデルはやや不利になってしまうような気がしました。

シートの引っかかりが薄い感じなので、
回転をかけかえすプレーになると
やや物足りなさを感じてしまいました。

もしかしたら引っかかりが良いラバーに
慣れてしまっているからかもしれませんが、
シートの引っかかりが強い系のラバーを好んで使う人だと
ラウンデルは引っかからないと感じてしまうかもしれません。

まとめ

ということで、今回はラウンデルの試打レビューをしてみました。

ラウンデルはコントロール系ラバーに
テンションを加えた感じのラバーだと思います。

狙ったところに確実にボールを打てる
そんなコントロールラバーの良さを持ちつつも
ハイテンション技術によって十分な
スピードと回転も出せるようにした
というようなイメージですね。

非常にバランスが良いラバーだと思いました^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿 名 より:

    厚さはなんですか?