ラバーの貼り方と剥がし方!誰でもきれいにラバーを貼り替えられるやり方

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

ラバーを張り替えたい…と思った時、
いつも誰かに張り替えてもらっていて
自分で張り替えられないと、

自分の好きなタイミングで
ラバーを張り替える事ができないので、
何かと不便だったりしますよね?

あまり、
頻繁にラバーを張り替えない方であれば、
そこまで気にならないかもしれませんが、

自分でラバーを張り替えられると、
何かと便利な事が多いので、

今回は、誰でもきれいにラバーを張り替えられる
ラバーの剥がし方や貼り方について
みなさんにシェアしていきたいとと思います。

 

ラバーの剥がし方

 

では、まずラバーの剥がし方について
解説していきたいと思います。

ラバーを剥がす際は、
斜め下方向からゆっくりと、
剥がしていくように剥がしていきましょう。

もし、ラケットの真下から、
真上に向かうようにラバーを剥がしてしまうと…

ラケットの板がラバーと一緒に剥がれてしまう
という事故が起こりやすいです。

 

注意

ラケットの木目は基本縦目になっているので、
木目に沿うようにラバーを剥がそうとすると、
ラケットの板への負担が大きくなってしまいます。

 

また、剥がしたラバーの裏や
ラケットの表面には接着剤のカスが
残っているはずですので、

ラケットとラバーそれぞれ、
しっかり残っている接着剤のカスを
落としておくようにしましょう。

接着剤のカスが残っているまま、
ラケットにラバーを貼ってしまうと、
ラバーの表面に凸凹ができたり、
ラバーがしっかり貼りつかなくなったりします。

 

ラバーの貼り方!誰でもきれいにラバーを張り替えられる方法

 

では、続いて、
ラバーの貼り方について解説していきます。

紹介する手順通りラバーを貼るようにすると
かなりの確率で思い通りに
ラバーが貼れるようになるので
ぜひ参考にしながらやってみてください^^

 

  • STEP.1
    必要な物を準備する

     

    1. ラバー
    2. ラケット
    3. 接着剤(ファインジップ・フリーチャックなど)
    4. スポンジ
    5. ボールペン
    6. 裁ちばさみ
    7. 丸い棒
    8. ドライヤー(あれば)
    9. ラバーについてくる薄い紙(あれば)

    ラバーを貼る際は、
    上記のものを用意しておくと、
    失敗せずきれいに貼りやすくなります。

  • STEP.2
    ラケットにラバーを合わせボールペンでマーキングする

     

    まず、ラバーとラケットの中央を
    合わせてラケットにラバーを載せます。

    そうしたら、ずれないように裏返して、
    ラバーとラケットの境界線になっている
    スポンジ部分をボールペンできれいになぞっていきましょう。

    すると、このようにラバーに
    ラケットの形が残せるかと思いますが…

    このようにマーキングしておくと、
    接着剤を塗る時にムダに塗ってしまう
    範囲を減らすことができますし、
    また、ラバーを貼り付ける時の
    目安にもなります。

    ちなみに、
    ラバーが2枚貼りたい場合は、
    もう1枚も同じ要領でやっておきましょう。

  • STEP.3
    接着剤を塗り乾かす

     

    ラバーにラケットの形をマーキングすることができたら、
    次はラバーとラケットに接着剤を塗っていきましょう。

    このように、ラバーの下の方に接着剤を出していき、
    スポンジで全体にまんべんなくむらが出来ないように塗っていきます。

    接着剤が塗りたての状態は
    上の画像のように白っぽく見えます。

    ラケットにも接着剤を塗っていきましょう。

    薄くまんべんなく、
    ダマにならないようにがコツです。

     

    接着剤が白っぽく見える段階では、
    まだラバーを貼りつけることはできないので、
    接着剤が乾くまで待たなければなりませんが、
    ドライヤーがあると早く接着剤を
    乾かすことができます。

     

    接着剤が完全に乾くと、
    半透明だった接着剤が透明になります。

    下の画像はラケット、
    ラバーともに接着剤が乾燥した状態になりますが、
    かなり透明な色合いになっていることが分かりますよね。

  • STEP.4
    ラケットにラバーを貼り付ける

     

    ラバーとラケット両方に
    接着剤が完全に乾いたら、
    ラケットにラバーを貼りつけていきましょう。

    ラバーの中央とラケットの中央を合わせ、
    ラバーをゆっくりラケットにおろして、
    ラケットにラバーが載ったら
    紙をラバーの上にかけましょう。

    紙をラバーの上にかけたら、
    丸い棒状のものでラバー全体を
    押さえるようにしながらラバーを
    ラケットに貼り付けていきます。

    ちなみに、この段階ではまだラバーは
    片面だけ貼るようにしてください。
    両面貼ってしまうとラバーを
    カットすることが難しくなります。

  • STEP.5
    ラバーをラケットに合わせてカットする

     

    ラケットにラバーを貼りつけたら、
    裁ちばさみを使ってラケットから
    はみ出している部分をカットしていきます。

    画像のようにラケットをひっくりかえして
    ラバーのスポンジが上にくるようにしたら
    ラケットの根本の方からはさみを入れて
    ゆっくりとラバーを切り進めていきましょう。

    また、ラバーを切る時のコツは、
    ラケットの根本の部分に近い時は
    少し細かく切るようにはさみを動かし

    それ以外の部分ははさみを大きく開いて
    ラケットに沿わせるようにしながら
    ゆっくり大きく切るようにする事です。

    ラケットを回すようにしながら
    ラバーをカットするようにすると、
    ラバーの切断面がガタガタに
    なりにくくなります。

    こんな感じでラバーの余分な部分を
    カットしたらラバーの貼り付けは完了です。

    もう一枚ラバーがある場合は
    手順4から同じ要領で貼ってください。

    ちなみに、
    ラバーは貼ってからラケットに馴染むまで
    2~3日かかるので、
    貼ってすぐ打たない方が良いです。

    貼ったあとは分厚い本などを載せて
    ラバーがしっかりラケットに
    圧着されるようにしておくと、
    ラケットとラバー本来の性能を
    しっかり引き出す事ができると思います。

まとめ

 

今回は、ラバーの剥がし方や貼り方について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

ラバーの貼り替えは人にやってもらっている
という方も結構多いかもしれませんが、
自分でラバーを貼り替えられるようになると、
よりいろんな用具を気軽に試す事ができたり、
調子に合わせてラバーを変えるなんて事が
しやすくなりますよ^^

ということで、
もし、ラバーを自分で貼り替えたい…
と思っている方は参考にしてみてください。

3 Comments

卓球好きしゃちょ~

sさん

この記事を参考にしていただきありがとうございます(^^)/

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください