ラバーの貼り方と剥がし方!誰でもきれいにラバーを貼り替えられるやり方

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

ラバーは定期的に貼り替えるものですが、

ラバーを貼り替える時は、
自分でやっていますか?

私は、以前はラバーを
貼ってもらう事が多かったのですが…

最近は自分でラバーの貼替えを
する事がほとんどです^^

ただ、ラバーってちゃんとした
やり方で貼らないとちゃんと貼れなかったり、
貼り上がりが汚くなってしまうので、

自分でラバーを貼るのが怖い…

と思っている人も多いのではないでしょうか?

私も何度かラバー貼りの
失敗経験があるんですが…

実はラバーをきれいに
貼り替える方法をするようになってからは、
ラバー貼りに失敗することがなくなりました^^

で、今回はその方法を
みなさんにシェアしていきたいと思います。

ラバーの剥がし方

今ラケットに貼ってあるラバーがある場合
最初に剥がしておかなければならないんですが…

ラバーを剥がす時は必ず斜め方向に剥がすようにしましょう。

このようにラケットに対して
斜めにラバーを剥がすようにすると

ラケットの板がラバーと一緒に
剥がれてしまうという事故が起こるのを
予防しやすくなります。

ちなみに、ラバーをラケットの木目と同じ方向に
剥がしてしまうとラケットの板が
剥がれやすくなってしまうので注意しましょう。

また、古いラバーを剥がした
ラケットの表面には
接着剤のカスが残っているので
次のラバーを貼る前に
取り除いておくようにしてください。

古い接着剤のカスがのこったまま
次のラバーを貼ってしまうと
表面が凸凹になってしまったり、
ラバーがちゃんと貼りつかなく
なってしまう原因になります。

人気記事

ラバーの貼り方!誰でもきれいにラバーを張り替えられる方法

では、ここからはラバーの貼り方を見ていきましょう。

紹介する手順通りラバーを貼るようにすると
かなりの確率で思い通りに
ラバーが貼れるようになるので
ぜひ参考にしながらやってみてください^^

[icon image=”check1-b”]ラバーを貼る時に用意するもの

  1. ラバー
  2. ラケット
  3. 接着剤(ファインジップ・フリーチャックなど)
  4. スポンジ
  5. ボールペン
  6. 裁ちばさみ
  7. 丸い棒
  8. ドライヤー(あれば)
  9. ラバーについてくる薄い紙(あれば)

以上がラバーのを貼る時に用意しておくものなので、
一式まとめて普段からどこかにしまっておくと便利ですよ^^

ラバーの貼り方

■手順1:ラケットにラバーを乗せ、ボールペンでマークする

まず、ラバーとラケットの中央を合わせるようにしてのせます。

そうしたら、ずれないように裏返して、
ラバーとラケットの境界線になっている
スポンジ部分をボールペンできれいになぞっていきましょう。

すると、このようにラバーに
ラケットの形が残せるかと思いますが、

こうやっておくと、
接着剤を塗る時にムダに塗ってしまう範囲を
減らすことができますし、
また、ラバーをあわせる目安にもなります。

ちなみに、ラバーが2枚ある場合はもう1枚も同じ要領でやっておきましょう。

■手順2:ラバーとラケットに接着剤を塗り乾かす

ラバーにラケットの形をマーキングすることができたら、
次はラバーとラケットに接着剤を塗っていきましょう。

このように、ラバーの下の方に接着剤を出していき、
スポンジで全体にまんべんなくむらが出来ないように塗っていきます。

接着剤が塗りたての状態は上の画像のように白っぽくみえます。

このように接着剤が白っぽく見える段階だと
まだ貼ることはできないので、
接着剤が乾くまで待つのですが、
この時ドライヤーがあると早く接着剤を
乾かすことができます。

そして、接着剤が完全に乾くと透明になります。

下の画像はラケット、ラバーともに接着剤が乾燥した状態になりますが、
かなり透明な色合いになっていることが分かりますよね。

また、ラケットにも同じように接着剤をまんべんなく塗っておきます。

[icon image=”arrow4m-b-b”]

 

■手順3:ラケットにラバーを貼る

ラバーとラケット両方に接着剤を塗って
接着剤が完全に乾いたら、
いよいよラケットにラバーを貼っていきます。

ラバーの中央とラケットの中央を合わせたら、
ラバーをゆっくりおろしてラケットに載せ
ラケットに載せたら紙をラバーの上にのせます。

そうしたら、丸い棒状のもので全体を
押さえるようにしながら延ばし
ラバーをラケットに貼り付けていきます。

ちなみに、この段階ではまだラバーは片面だけ貼るようにしてください。
両面貼ってしまうとラバーをカットすることが難しくなります。

■手順4:ラバーを裁ちばさみでカットし棒でよく延ばす

ラケットにラバーを貼ることができたらい
裁ちばさみをつかって、
ラケットからはみ出しているラバーを
きれいにカットしていきます。

画像のようにラケットをひっくりかえして
ラバーのスポンジが上にくるようにしたら
ラケットの根本の方からはさみを入れて
ゆっくりとラバーを切り進めていきましょう。

また、ラバーを切る時のコツは、
ラケットの根本の部分に近い時は少し細かく切るようにはさみを動かし
それ以外の部分ははさみを大きく開いて
ラケットに沿わせるようにしながらゆっくり大きく切るようにする事です。

こうするだけで、ラバーの切断面がガタガタになりにくくなりますよ^^

また、はさみはラケットサイドに対して垂直にして
切り進めていくように意識します。

ラバーの余分な部分を切り落とすことができたら
ラバー貼り完了となります。

また、もう一枚ラバーがある場合は
手順4から同じ要領で貼りましょう。

まとめ

今回はラバーの貼り方と剥がし方を紹介しました。

ラバーを貼るのは結構慣れないと
うまく出来なかったりするのですが、
今回紹介したような手順で行っていくと
誰でもきれいにラバーが貼れるようになるのではないかと思います。

近場にラバー貼りがうまい人がいればお願いして
貼ってもらっても良いかもしれませんが、
やはり自分でラバー貼りができるようになった方が
なにかと便利だと思いますので、
もしよければ参考にしてラバー貼りにチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. s より:

    丸い棒はどこで使うのですか?

  2. s より:

    やってみたら完璧に貼れました!ありがとうございます。

    • 卓球好きしゃちょ~ より:

      sさん

      この記事を参考にしていただきありがとうございます(^^)/