【卓球】ストップレシーブを成功させる4つのポイント!

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

卓球の王道の攻め方といえば3球目攻撃ですよね?

なので、自分がサーブ権を持った時は
3球目を打ちやすくするためのサーブを
出すように戦術を組み立てていくと思うんですが、
相手もサーブを持った時は同じように
3球目攻撃しようと思っているはずなので、
相手に3球目を打たせず自分のパターンに
持っていくことができるかどうか
ということはとても重要なポイントになります。

そこで、効果的なのが
ネット際に短く止めるストップレシーブなんですが、
ストップレシーブはちゃんとポイントを守らないと
すぐに長くなってしまいますので、
今回はネット際にピタッとストップレシーブを
落とすための方法について紹介していきたいと思います。

 

 

【卓球】ストップレシーブを成功させる4つのポイント

 

ストップレシーブを成功させるためには
次に紹介する4つのポイントを守ることが重要です。

 

[icon image=”point1-1-b”]短いサーブの時に使用する
[line color=”blue” style=”solid” width=”1″]

ストップレシーブを成功させるためには
短いサーブを出された時に積極的に使うようにする
ということが1つめのポイントになります。

長いサーブを短くストップレシーブするのは
かなり難しいですし、
それであれば2球目攻撃をしていくべきなので、
ストップレシーブは台から出ない短いサーブに対して
使用するというふうに決めた方が良いですね。

 

[icon image=”point1-2-b”]打点を極限まで早くする
[line color=”blue” style=”solid” width=”1″]

ストップレシーブを成功させるための2つ目のポイントは
打点を極限まで早めるということになります。

ボールが自分のコートにバウンドして
跳ね上がろうとする瞬間は
ボールの伸びが最も少ない状態となるので
最もボールを短くコントロールしやすい打点です。

もう少し詳しくいうと、
ボールが自分のコートにバウンドした直後は
ラケットに当たった時の跳ね返りが
他の打点と比べると最も小さく
またネットに近い位置となるので
ストップレシーブを決めるには
絶好のポイントとなるわけです。

なので、ストップレシーブをする場合には
ボールが自分のコートにバウンドした直後を
捉えるようにしましょう。

 

[icon image=”point1-3-b”]ボールの勢いを吸収するように打球する
[line color=”blue” style=”solid” width=”1″]

ストップレシーブを成功させる3つ目のポイントは
ボールの勢いを吸収するように打球するということです。

ボールの勢いを上手に吸収するには
練習あるのみ…
ということになるんですが、
いくつかボールの勢いを吸収するためのコツを上げると、

  1. 肘を曲げてボールを打球する
  2. ボールの打球直後ラケットを少し手前に戻すようにする
  3. ラケットを強く握りすぎないようにする

というふうにすると、
ボールの勢いを吸収しやすくなります。

 

[icon image=”point1-4-b”]足を使ってボールと適度な距離感を作る
[line color=”blue” style=”solid” width=”1″]

ストップレシーブをする時には片足を台に踏み込んで
ボールと体の位置を適度な距離に調整することも重要です。

手だけ伸ばしてストップレシーブを
しようとしてしまうと
ボールをコントロールするのが難しくなり
ストップミスをしてしまう事が多くなるので、
足を使って素早くボールの打球点に入り込むようにして
適度な距離感を作るようにします。

また、足を使ってボールとの適度な距離感を作ることによって
ストップレシーブではなくフリックやチキータというような
攻撃的な技術に瞬時に切り替える事もできるようになるので
より、相手に的を絞らせないレシーブをすることが可能となります。

 

ストップしやすいボールとしづらいボールを見極めよう

 

ここまでに紹介したストップを成功させる
4つのポイントを守ってストップすれば
おそらくネット際にピタッとストップレシーブが
決められるようになると思います。

 

ですが、ストップレシーブは非常に繊細な
ボールタッチが要求される技術なので
ストップしやすいボールと
そうでないボールを見極められるようになる目を
鍛えることも同時に重要となります。

 

例えば、上横回転系サーブはストップしようとしても
回転の影響でボールが飛んでいってしまいやすいので
ストップするのが難しいですよね?

なので、上横回転を出された場合はストップするのではなく
回転を利用してフリックやチキータで対処したり
ラケットを立てて厳しいコースにレシーブするようにして
甘い返球にならないようにした方が
その後の展開を楽にすることができる場合もあります。

 

なので、なんでもかんでもストップレシーブをする
というのではなく適切にボールを見極めながら
ストップしやすいボールはストップできっちり止めて、
ストップしづらいボールは払ったり、
深くツッツキで返したりというふうに
臨機応変に対応できるようにならないと
せっかくのストップレシーブを最大限に活かすことは難しいです。

 

まとめ

 

今回はストップレシーブを成功させるための
4つのポイントを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

ストップレシーブが上手く使えるようになるだけで
相手に強烈な3球目を打たれにくくなって
自分にとって有利な展開を作りやすくなるはずなので、
ぜひ今回紹介したポイントを参考にして
ストップレシーブをピタッとネット際に落としてみてください。

ただ、相手もストップレシーブを使ってくるはずなので、
ストップレシーブをされた時自分はどうするのか
ということも同時に考えておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください