スーパーヴェンタス試打レビュー!高コスパ過ぎでまさかの不満ナシ?

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

今回は、TSPから発売されていて、
かなり人気になっているラバー
「スーパーヴェンタス(SUPPER VENTUS)」の
試打レビューを書いていきたいと思います。

個人的に以前から気になっていたんですが、
身近でも使っている人の評価も良く、
また、ツイッターでも性能が良い
というふうに話題になっていたので、
買ってじっくり試打してみました。

ということで早速、
スーパーヴェンタスがどんなラバーだったのか?
みなさんにシェアしていきます。

スーパーヴェンタス試打レビュー!高コスパ過ぎでまさかの不満ナシ?

 

コスパが高いラバーの中で
今特に人気が高いスーパーヴェンタス。

この、スーパーヴェンタス一体どんな
ラバーなのか?というと…

【VENTUSシリーズのフラッグシップモデル、スーパーヴェンタス】

日本の繊細な開発ノウハウとドイツのハイテクノロジーを駆使した生産技術が合体した、J-G.Combi(Japan・Germany Combination)。
開発コンセプトであるORC(Optimaizep Rotation Concept)を継承し最大限まで性能を高めた。スピン性能・スピード性能のバランスもよく、硬めのスポンジでありながら打球感の良さを追求し、トップモデルでありながら幅広い選手に対応するラバーに仕上げた。

ということで、
トップ選手の使用にも耐えうるような
高性能なフラッグシップラバーでありながら、
一般選手でも扱いやすいラバーになっていそう
という事がパッケージ裏だけ見ると言えそうですね。

では、スーパーヴェンタスのシートを拝見していきます。

シートの第一印象は
ドイツ系スピン系テンションラバー
そのものといった感じ。
ファスタークG-1に近いような印象を受けます。

このように、しっかりとした光沢感があり、
シートの質感の高さや引っかかりの良さ
見た目の雰囲気から感じさせてくれます。

 

続いて、スポンジを見てみると…
なんと、ピンク色のスポンジです。

バタフライのロゼナもピンク色でしたが、
スーパーヴェンタスの方が薄いピンク色です。

少しクローズアップしてスポンジを見てみると…

なんと!独立気泡がしっかり入っているスポンジ!

これはかなり驚きです^^

これほどしっかりした独立気泡スポンジのラバーは、
なかなか低価格帯のラバーには見られないのですが、
スーパーヴェンタスのスポンジは
実売価格3~4千円という価格帯でありながら、
しっかりとした独立気泡スポンジがになっている
数少ないラバーの1枚といえますね。

 

では、早速試打していきたいと思います。

 

まず、軽くフォア打ちします。

スピン系テンションらしい、
しっかりと球持ちがある打球感で、
ボールがシートに引っかかって
飛んでいく感覚が強いです。

硬度は47.5°±3と硬めなので、
フォア打ち程度だとボールがラバーに
食い込む感覚があまりなく、
自分で力を加えて打たないと
ボールを飛ばす事ができませんが、

シートでボールを掴む感覚は
はっきりとあるので、
コントロールはしやすいです。

 

続いて、ドライブを打ってみます。

すると…

「まさか、これが3~4千円で買えるラバー?」
ってくらい回転量が多く威力のあるボールです。

力を加えて打つと独立気泡のスポンジが
ボールがはじき出す打球感に変わり、
回転もスピードも十分満足できるレベルです。

特にも球持ち感がしっかりあるので、
6千円以上のラバーで打っているのと
変わらない質感です。

イメージでいうとファスタークG-1を
ちょっと硬くしたような感じでしょうか?

なので、「ファスタークG-1ハード出たんだよ」
って言われてブラインドで試打したら、
きっと「あ~確かに」って疑うことなく、
信じ込んでしまうと思います(笑)

 

また、ドライブはしっかり弧線を描いて
相手コートに落ちていくので、
打点を落として打っても持ち上げられますし、
ネットミスもかなりしづらく
安定して連打していく事ができます。

ここでは、スーパーヴェンタスの
シートの質感の高さとスポンジの性能の高さ
による安心感がしっかり感じられました。

 

続いて、ツッツキやストップ、
フリック、チキータなどをしてみました。

こうした技術はシートの引っかかりが
特に大事になってくる技術ですが、
スーパーヴェンタスの引っかかりの良いシートによって、
どれも難なくこなすことができるだけでなく、
回転量の多いボールを出す事が可能です。

ラバーがそれなりに硬い分、
弾くような打ち方もやりやすいですし、
シートに引っ掛けて打つというのもやりやすいので、
こうした試合で使う技術でやりづらさがなく、
また、安定して打てるというのは高評価につながります。

 

値段から考えれば、
スーパーヴェンタスには
全く不満というものはない…
という結論になってしまうのですが、

やはり、ボールの威力という点では、
高価格帯のラバーには劣ります。

スーパーヴェンタスのボールも
十分スピードと回転があるのですが、
テナジーなどと比べると、
ボールが台に入る深さが短いですし、
ブロックした時に手元で感じる球威も弱いです。

とはいえ、値段差を考えると、
倍くらいの差があるわけなので、
逆にこの値段でここまでの性能を
持ったラバーを出しているのは
すごい事だと思いました。

逆に、少し飛ばない分ミスしにくくなるので、
使いやすいと思う事もありましたし、
コスパ的にも買い替えやすい値段なので、
それも嬉しいポイントかなと思います。

卓球 ラバー 初心者 中級者 上級者 卓球ラバー TSP ティーエスピー スーパーヴェンタス aba0128 ネコポス便送料無料

 

使う前から評価が良いラバーというのは知っていましたが、
実際スーパーヴェンタスを使ってみて、
多くの人が高評価をしている理由を肌で感じる事ができました。

パッケージデザインがちょっと微妙と
感じてしまう人も多いようで、
それで、候補から外してしまっていた
なんて方もいらっしゃるかもしれませんが、
実際使ってみると驚くほど高性能な
ポテンシャルを持っているラバーなので、
コスパが良いスピン系テンションラバーを
探している人はチェックしてみて下さい。

 

まとめ

 

今回は、TSPのスーパーヴェンタスの
試打レビューを書いてみましたが
いかがだったでしょうか?

スーパーヴェンタスは、
実売3~4千円クラスのラバーの中では
間違いなく性能が高い部類に入るラバーですし、
打球感は高価格帯のラバーに匹敵する
質感の高さを持っているので、
練習で使うにしても試合で使うにしても
どちらでも多くのプレーヤーが満足して
使用できるクラスのラバーだと思います。

若干硬いのでパワーがないと、
良いボールだ打てない可能性もあるので、
その場合はソフトの方が良いかもしれません。

ということで、
もしよかったら参考にしてみて下さい。

1 COMMENT

Haku

ティバーのエボリューションMX-P 50°のレビューとノーマルのMX-Pとの比較をしてほしいです!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください