省狂NEO3ブルースポンジ試打レビュー!ノーマル省狂よりさらに飛ぶ感覚があります

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

 

 

 

先日、省狂NEO3の試打レビューを書いた時に…

 

 

「いずれブルースポンジタイプも試打してみたい…」

 

 

というような事を書いたんですが、

 

 

 

 

早速省狂NEO3ブルースポンジを
入手することができたので、

 

 

今回は省狂NEO3ブルースポンジを
試打した感想やノーマル省狂NEO3との
違いはどんなところなのか
ということについて
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

 

 

省狂NEO3ブルースポンジ試打レビュー!ノーマル省狂よりも飛ぶ感じが強いです

 

 

 

 

というわけで、
省狂NEO3ブルースポンジです。

 

 

 

まず、パッケージを見てみると、
「省狂」を表すシールが貼ってありますね^^

 

 

 

ここまでは、ノーマル省狂と同じですが、
左下の方にさらに「ブルースポンジ」を表す
シールが小さく貼ってあります。

 

 

 

といっても、
省狂は偽物も多く出回っているようなので、
残念ながらパッケージだけで本物と
判断することはできないようですね(^_^;)

 

 

 

 

ですが、

 

偽物の場合、

 

  • ラバーのロゴのデザインが微妙に違う
  • シートの粘着力が弱い
  • 明らかに弾まない
  • スポンジの色がおかしい
  • シリアルナンバーが違う

 

などの特徴があり、
割りと本物と偽物は見分けやすいようなので、

 

もし偽物を買ってしまった事に気づいた場合は
すぐに購入先に連絡を入れ
問い合わせをした方が良いかと思いますし、

 

できるだけ信頼できるショップなどから
今後は買うようにした方が良いかと思います^^

 

 

 

 

と話が少しそれてしまいましたが、
省狂NEO3ブルースポンジです(^^)/

 

 

 

 

シートのロゴなどは市販されている
キョウヒョウNEO3と全く同じなので、
シートだけでは省狂かどうか
判断することはできませんが、

 

 

 

 

ブルースポンジタイプのキョウヒョウは
このようにスポンジが真っ青になっているので、
すぐキョウヒョウのブルースポンジであることが分かります^^

 

 

 

ちなみに、
下の画像のものはノーマルの省狂のスポンジです。

 

 

 

 

 

 

 

早速、省狂NEO3ブルースポンジを打ち込んでいくと…

 

 

 

弾みが非常に感じられますね^^

 

 

 

市販されているキョウヒョウNEO3よりも
数段弾みがアップしているという感じで
簡単にボールが飛んでくれます!

 

 

 

 

 

 

ただ、

 

 

 

 

普通のキョウヒョウより弾むというのは、
ノーマル省狂も同じでした。

 

 

 

 

 

じゃあ、

 

 

 

ノーマル省狂NEO3と
省狂NEO3ブルースポンジは
何が違っているのか?

 

 

 

ということなんですが…

 

 

 

 

個人的に感じた大きな違いは、

 

 

ボールのスピードとボールの飛び方でした。

 

 

 

 

ブルースポンジの方が
ボールのスピードも飛距離も出やすく、
ボールスポンジに食い込みやすいので
弧線がやや高めに出やすく
下がってからのプレーがしやすい印象があり、

 

 

 

また、ボールの飛び方も
キョウヒョウとテンションラバーの中間
というような感じで、

 

 

 

粘着っぽい飛び方をするときもあれば
テンションっぽい飛び方をするときもある
という感じでした。

 

 

 

 

 

なので、ノーマル省狂とブルスポ省狂を比較すると
ノーマル省狂は粘着ラバーっぽさが強く感じられ
ブルスポ省狂はテンションっぽさがより強く感じられる
というのが率直な感想です。

 

 

 

 

なので、

 

 

 

おそらく下がってプレーすることが多い場合は
ブルースポンジタイプのキョウヒョウの方が
相性が良いと思います。(*^^*)

 

 

 

かといって、
テンションラバーほど弾みがある
というわけではないので
普通に前でも使いやすいというのが
ブルースポンジの恐ろしいところですが(笑)

 

 

 

 

 

逆に下がってプレーすることが
あまりないという方の場合は
ノーマルスポンジの省狂を使った方が
より粘着ラバー質のボールを
出しやすくなるので、

 

 

ブルースポンジではなくノーマルスポンジの
キョウヒョウを使った方が良いかもしれません。

 

 

 

 

この辺の使い分けは
人によって好みが違うところだと思いますが、

 

 

 

 

個人的にはこんな感じで
ノーマルスポンジとブルースポンジを
使い分けると良さそうだと思いました(*^^*)

 

 

 

まとめ

 

 

 

今回は省狂NEO3ブルースポンジの
試打レビューを書いてみました。

 

 

 

省狂は値段が高く入手が難しく
さらに偽物も出回っているようなので、
手に入れるハードルが高いラバーではありますが、

 

 

 

性能も高く品質も良いので、
一度使うと気に入ってしまう
可能性があるので注意が必要ですね(笑)

 

 

 

ということで、
この記事が何かの参考になれば嬉しいです(⌒▽⌒)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください