省狂NEO3試打レビュー!品質と性能がさらに磨き上げられたキョウヒョウ

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

 

 

今回は結構レアなラバーの
レビューを書いていきたいと思うんですが…

 

 

 

そのラバーは…

 

 

省狂NEO3になります^^

 

 

 

省狂といえば、
中国の省チーム用に作られている
特別バージョンのキョウヒョウなので、

 

 

 

市販されているキョウヒョウよりも
さらに高性能になっているというのは
これまで耳にしていたんですが、

 

 

 

そんな省狂を実際に手に入れることが出来たので、
省狂をこの手でしっかりと打ち込んで
その性能を余すとこなく体感しました(*^^*)

 

 

省狂NEO3試打レビュー!品質と性能がさらに磨き上げられた特別なキョウヒョウ

 

 

 

ということで、

省狂NEO3です^^

 

 

 

 

市販のキョウヒョウNEO3を使った事が
ある方はすぐに気がつくかと思いますが…

 

 

明らかに、

 

 

シートがテカテカというかキラキラしてますね!

 

 

 

で、シートを触ってみると
普通のキョウヒョウNEO3が微粘着なのに対して
省狂は強粘着でボールが簡単にラバーに
ひっついてしまいます(;´∀`)

 

 

 

 

フォルティウスFTバージョンDに
貼っているのが普通のキョウヒョウNEO3です。

 

 

 

 

 

で、スポンジはブルースポンジではなく
普通のNEOスポンジタイプの省狂です。

 

 

 

なので、いずれブルスポタイプの
省狂も入手して打ち込んでみたいですね~(笑)

 

 

 

指で省狂NEO3のスポンジを押してみると
ノーマルのキョウヒョウNEO3よりも
モチモチとした感じがあり、
弾力感がアップしている感じがありました。

 

 

 

 

では、早速省狂を打ち込んでいきます。

 

 

 

まず、フォア打ちしてみます。

 

 

 

すると、かなり打球感がノーマルの
キョウヒョウNEO3よりも好感触です。

 

 

 

シートが強粘着になっているからか分かりませんが、
ボールの飛び方がかなり分かりやすい感じがします。

 

 

 

 

続いてドライブを打ってみると、

 

 

 

おお~~!!!

 

 

 

 

これは…

 

 

 

信じられない程エグい
キョウヒョウのボールがズバズバ入りますΣ(´∀`;)

 

 

 

 

明らかに普通のキョウヒョウNEO3よりも
ボールの回転とか飛距離が上がってますね~

 

 

 

 

これは一度使ったら元に戻れなく
なってしまう中毒性がある感じです(^_^;)

 

 

 

 

一瞬「普通のキョウヒョウNEO3は
これから使えなくなってしまうのでは…」
とガチで思ってしまった程でした(笑)

 

 

 

省狂を使うとまるで中国人になった気分の
卓球を展開できるようになるから不思議です。

 

 

 

なんだろう、

 

 

 

省狂だと下がってもボールが
勝手に飛距離が伸びて
ボールが走ってくれるので
ドライブの引き合いになっても
全く怖くないんですよね。

 

 

 

ノーマルキョウヒョウだと
下がってしまうと、
ボールの飛距離が出なくなってしまったり
スピードが遅くなってしまう
ということがあったんですが、

 

 

 

省狂ではそういった弱点だった部分が
全てなくなっている感じさえありました…

 

 

 

 

「こんなラバー使ってたらそりゃ中国強いって」

 

 

と割りと本気で思える性能です。

 

 

 

これに補助剤まで塗ったとしたら
完全にチートラバーが完成してしまうのは
想像に難くない感じでしたね(;・∀・)

 

 

 

 

そのくらい省狂はスゴイです。

 

 

 

これからも使い続けたい…
素直にそう思える素晴らしいラバーでした。

 

 

 

 

 

ただ…

 

 

 

省狂は手に入れるのが難しく、値段も高いので、
練習の時は普通のキョウヒョウNEO3で
十分かもしれません。

 

 

 

ボールのスピード的には
省狂もキョウヒョウNEO3も
そこまで変わらないですし、
普通のキョウヒョウNEO3も
十分使えるラバーですからね。

 

 

 

 

省狂は粘着ラバーに対する見え方が
180度違ってしまうくらい
高性能かつ高品質なので
粘着ラバーが苦手という人にも
一度は使ってみて欲しいですね~

 

 

 

個人的にはテナジーをはじめて
打った時くらいの衝撃を受けました(笑)

 

 

 

 

省狂はマジで別格過ぎます(汗)

 

 

 

 

ただ、省狂はシートが強粘着なので、
レシーブ時には相手の回転の
影響をモロに受けてしまいます。

 

 

 

なので、回転を見極められて
正確な角度を作れないと
レシーブでミスが多くなってしまう
可能性があるので
その点だけ注意が必要です。

 

 

 

まとめ

 

 

 

というわけで、

 

 

 

今回は省狂NEO3の
レビューを書いてみました。

 

 

 

 

これまでは市販のキョウヒョウNEO3
ばかり使っていたんですが、

 

 

 

省狂は品質性能とも
はるかに市販のキョウヒョウNEO3を
上回っていると感じました。

 

 

 

これぞ本物の粘着ラバーという
気迫すら感じさせられた1枚でしたし、
他のバリエーションのキョウヒョウも
検証していきたいと思う
きっかけが出来ましたね(笑)

 

 

 

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです^^

1 COMMENT

T

先日とあるネットショップで省狂NEOを買ったのですが偽物が届いてしまいました。
そちらの省狂NEOはどこで買われましたか?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください