翔龍試打レビュー!粘着寄りの粘着テンションラバーという感じでした

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

今日は、ヤサカから発売されている
粘着テンションラバーの
「翔龍(RISING DRAGON)」の
試打レビューを書いていきたいと思います。

以前スポンジが柔らかいバージョンの
輝龍を試打したことはあったんですが、
翔龍は今回がはじめてということで
かなり興味津々という感じでした^^

 

 

翔龍試打レビュー!粘着寄りのテンションラバーという感じで癖球が出ますね

 

というわけで、

じゃん!

翔龍です^^

割りとシートが透き通っていますね~

シートを触ってみると微粘着という感じで
粘着ラバーのベタベタという感じではありませんね。

スポンジは赤系でしっかりと硬さはあるんですが、
弾力感が高い感じです。

 

では、早速試打してみます。

 

まず、フォア打ちしてみると、
割りと弾む感じがありますね~

フォア打ちをした感じだと
粘着ラバーのように弾まなすぎて~
という感覚はほとんどなく
適度に弾んでくれました。

 

では、ドライブを打ってみます。

すると…

 

かなりエグいボールが出ますね~(;・∀・)

 

テンションが入っているんですが、
粘着ラバーの嫌らしさがしっかり残っている感じで、
うねるようなドライブが打てますね^^

 

 

ただ、安定してドライブを連打するのは
なかなか難しい印象がありました(^_^;)

 

やはり、しっかり1球ずつ体をつかって
インパクトをしないと
良いボールが出せないといった感じ。

 

 

しっかり体を使ったスイングができないと
良いボールが打てないのは粘着ラバーに共通した特徴ですが、
テンションが入っているといっても
翔龍はどちらかというと粘着ラバー寄りな感じなので、
ラバーの弾みを利用してコンパクトにスイングする
というような打法だと使いこなせないと思いました。

 

 

あと、翔龍は弾むラケットと合わせた方が使いやすいですね。

インナー系やアウター系素材や飛ぶ木材合板ラケットに
粘着ラバーを合わせるようなイメージと同じ感じです。

 

 

で、翔龍を使ってみて良いと思った部分は
やはり粘着ラバー的な癖球が出てくれて
それで相手が取りづらいボールになって
ミスってくれたりということが
テンションラバーよりも多くなったということですね。

 

テンションラバーだとどうしても
返しやすい素直なボールにしかならないところが
翔龍だと粘着ラバーの嫌らしい取りづらい
ボールになってくれる感じですね~(笑)

 

それでいて、純粋な粘着ラバーよりも弾みはあるので
比較的粘着ラバーの中では
扱いやすさもあるという感じです。

 

 

ただ、そうはいっても粘着ラバー寄りなので
それなりにしっかりスイングできる人でないと
全然ボールが飛ばないという事態になってしまうので、
翔龍を使ってみてボールが飛ばせない場合は
ややテンションラバー寄りの輝龍にすると良いと思います。

輝龍の方が勝手にボールを飛ばしてくれるので
テンションラバー的な感じで打てるかと思います。

【ヤサカ】翔龍(RISING DRAGON)

 

まとめ

 

というわけで、ヤサカの翔龍を試打してみたんですが、
思ったよりも粘着ラバー寄りといった感じでしたね~

打球感的にはキョウヒョウよりも
テンキョクに似ている気がしました。

 

なので、気にいる人はかなり気にいるし、
合わない人は全然合わないというような
使い手を選ぶラバーであることは間違いなさそうですね~

これまでテンションラバーを使っていた人が
翔龍を使うのは割りと厳しいのではないかと思ったので、
どちらかというと、粘着ラバーを使っていたけど
もうちょっと軽く飛んでくれたらという人や
スピン系テンションラバーを使っていたけど
弾み過ぎと感じていたり、
もう少し癖のあるボールを出したいという人に
良いラバーなのではないかと思います^^

もし、よければ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください