【卓球】アンチラバーとは?使い方や打ち方、相手選手使用時の対策!

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

 

 

アンチラバーというと、
なかなか使っている人が少ない…

 

 

非常にレアなラバーです。

 

 

 

で、レアなので、
アンチラバーを使っている人と試合すると
かなりやりづらかったりします(笑)

 

粒高と違って変化というよりは、
すべるような感じで
ボールが返ってくるアンチラバーは

 

 

どのような対策をしていくと、
良いのでしょうか?

 

 

 

【卓球】アンチラバーとは一体どんなラバー?

 

 

アンチラバーの正式名称は…

「アンチトップスピンラバー」というそうです^^

 

 

アンチラバーの特徴は…

 

裏ソフトラバーのシートの
摩擦力を極限まで減らし

弾みもかなり抑えているということです。

 

 

なので、アンチラバーは回転の影響を
ほとんど受けることがなく、弾まないので

当てるだけでレシーブが返せたり、
ブロックが出来たり…

 

 

という感じのラバーです。

 

 

 

よく、卓球は回転のスポーツといわれますが、

 

 

 

アンチラバーはラバーの中で
最も回転を無視することができるラバーです!

 

 

 

逆にいうと、
アンチラバーは自らボールに回転をかける
ことがかなり苦手なので

 

当ててボールを打つということしかできません。

 

 

 

なので、アンチラバーで攻撃する場合は
ほとんどがプッシュ系の技術になります。

 

 

あとは、相手の回転を利用して
変化に富んだボールを返す感じですね。

 

アンチラバーのおすすめな使い方とは?

 

というわけで、

 

一応アンチラバーについての
基礎知識を書いてみたのですが…

 

 

アンチラバーを使っている選手は

  1. カットマン
  2. 前陣異質攻守型(シェーク・中ペン)

のどちらかであることが多いです。

 

 

カットマンの場合は…

 

バック面にアンチラバーを貼って

 

 

ラケットをくるくると回転させて

どちらの面でカットしたのか分からないようにすると

 

 

アンチでカットしたのか
裏でカットしたのかを
迷わせることができるので

 

ミスを誘うことが出来ます。

 

 

 

大昔の話ですが、

 

 

両面同じ色のラバーが使えた時は

裏とアンチの同じ色のラバーを両面に貼った
カットマンが強かった時代がありました(笑)

 

 

 

今では同じ色のラバーを貼ることが
ルールで禁止されてしまったのですが、

 

 

アンチと裏、見た目がそっくりなので、

 

片面にアンチを貼っている
というカットマンの方もいますね。

 

 

 

あと、もう1つのタイプは
前陣異質攻守方なんですが、

 

アンチラバーでブロックしたり、
変化のあるレシーブをして

 

決め球は表ソフトとか裏ソフトで打つ

 

というタイプの選手もいます

 

 

アンチラバーのブロックは
かなり低くすべるように入っていくので

 

 

 

ひょっとしたら粒高よりも
打ちづらい可能性があります(笑)

 

 

その特性を活かしつつ、
裏ソフトラバーでブロックしたり…

 

 

と、

 

 

球質が違うボールを次々に繰り出していく…

という感じで

 

 

相手を翻弄するようなプレースタイルで
粒高や変化形表ラバーの選手と似ています。

 

 

アンチラバーの打ち方について

 

 

アンチラバーは回転が
かからないラバーではあるんですが…

 

 

実は…

 

裏ソフトラバーと同じ打法で打っても
相手のコートにちゃんと
ボールを入れることができます。

 

ただ、回転がかからず
ナックル性のボールでかえっていくので

 

弧線を描いて飛んでいく
という感じにはなりませんが(笑)

 

 

ただ、アンチラバーは回転はかからないものの…

 

 

打法がしっかりとしていれば
比較的裏ソフトラバーと同じような打法で
使うことができます!

 

 

といっても、試合で裏ソフトと同じように
アンチを使うということはないので、

 

 

アンチラバーを使っていくという場合は
武器となるブロックやプッシュ、

 

カットマンの場合は反転させてカットする

 

というような技術を高めていくと良いと思います!

 

 

・アンチラバーの打ち方【動画】

 

対戦相手の選手がアンチラバーを使っていた時の対策はどうすればいい?

 

 

で、ここからは、

 

もし、アンチラバーの選手と試合することになったら
どういう対策をすれば効果的なのか?

 

 

ということで、

アンチ対策について書いていきたいと思います^^

 

 

 

アンチ対策というと、
なんだか有名人みたいな感じになりますね(笑)

 

 

 

と、いう話はさておき、

 

 

相手がアンチを使っている場合は、
粒高と同じようにナックル性のサーブを出して
レシーブで回転の変化をつけさせないようにする

というのが効果的です。

 

 

 

例えば、ナックル系のロングサーブを
アンチに出すと、

ナックルの長いレシーブが返ってくるので

 

それを、3球目で狙う

 

 

という感じです。

 

 

 

あと、ナックルを出されると
アンチはかなり返球しづらいので
ミスが出やすくなったりするので、

 

 

むやみやたらに、
回転を切ったサーブを出さない方が
展開がよくなる傾向があります。

 

 

 

あと、回転量の多いドライブなんかも
アンチブロックの餌食に
されてしまいやすいので…

ナックル系のドライブを打つと良いです^^

 

 

 

回転量の多いドライブを打ってしまうと…

 

超ブチギレ状態の下回転ブロックを
低~く返球されてしまって
つなぐしかなくなったりするので、
注意が必要です。

 

まとめ

 

 

というわけで、

 

長々とアンチラバーについて
いろいろと書いてみました。

 

 

アンチラバーを使っている人が
身近にいるケースは少ないと思うので、

 

 

いきなり試合で当たってしまう…

 

 

という事が発生してしまうラバーだと思いますが、
基本的には今回書いたような
特徴を持ったラバーということを
理解しておくと良いですね。

 

 

何かの参考になれば嬉しいです^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください