【卓球】バックハンドドライブの打ち方!つなぐ・決定打を決めるコツ!

どうも、卓球好きしゃちょーです^^

 

 

今回は、

バックハンドドライブの打ち方を
書いていきたいと思います!

 

シェークハンドはバックハンドが
ペンホルダーに比べて
振りやすいというメリットがありますが、

 

 

そのメリットを活かせるようになるには
バックハンドドライブを
しっかりと振れなければなりません。

 

 

逆に、シェークハンドなのに
バックハンドが苦手…

という状態だと、

 

相手からバックを狙われてしまい
かえって不利になってしまうので、

 

シェークハンドで卓球するのであれば
バックハンドの強化は必須です。

 

 

 

というわけで、

バックハンドドライブの打ち方を
見ていきましょう!

 

 

【卓球】バックハンドドライブの打ち方

 

バックハンドドライブは

 

まず、肘を体の外に出し
ラケットが体の正面に来るようにします。

 

 

で、この時フリーハンドが重要なんですが、

 

 

フリーハンドはラケットを持っている手よりも
少し高い位置に持ってきます。

 

 

そうしたら、ラケットを持っている側の肩を
少し前に出すようにして体をひねります。

 

 

これがバックハンドドライブの
バックスイングを取った状態となります。

 

 

 

バックスイングが出来たら、
バックハンドドライブを打つ準備完了です。

 

 

 

で、バックハンドドライブのスイングのポイントなんですが、

 

 

肘を支点に腕を回転させるようにスイングし、
スイングと同時にフリーハンドを
開くように動かします。

 

 

つまり、体の中心に向かって
集めていたエネルギーを
外側に発散するような形で
バックハンドドライブを打つ

 

というイメージですね。

 

 

 

で、バックハンドドライブを打ったら
すぐに肘を体に寄せます。

 

 

打ち終わった後に、
肘を体に寄せると

 

 

スイングスピードが加速しやすくなり
コンパクトなスイングで
威力のあるバックハンドドライブが打てて

すぐに基本姿勢に戻ることができるので、
次の打球に対して
素早く備えやすくなる

 

という効果があります。

 

 

 

また、バックハンドドライブを打つ時は
できるだけ体の正面付近で
捉えられるようにするのが理想です。

 

 

体から離れた位置になればなるほど
ラケットの角度を合わせるのと
十分なスイングをするのが
難しくなってしまいます。

 

 

 

・バックハンドドライブの打ち方【動画】

 

 

以上が、

基本的なバックハンドドライブの打ち方となります。

 

 

バックハンドドライブを打つ時は
一度体の中心に向けて溜めをつくり

 

そのエネルギーを開放するように打つ

 

というふうにすると
しっかりとしたスイングで
バックハンドドライブが打てるようになります。

 

 

あと、手首のスナップを使うと
回転量やボールのスピードを
さらに出しやすくなるので

 

バックハンドドライブが打てるようになってきたら
手首のスナップを加える

 

ということも意識してみてください。

 

バックハンドドライブでつなぐ・決定打を決めるコツ

 

バックハンドドライブが打てるようになったら

 

つなぐバックハンドドライブと

決めるバックハンドドライブを

 

使い分けられるようにしていきましょう。

 

 

つなぎのバックハンドドライブと
決めるバックハンドドライブを
打つ時の違いなんですが、

 

つなぎのバックハンドドライブは
回転をかける感覚を重視して打球するのに対し、

 

 

決めるバックハンドドライブは
ボールを弾く感覚を重視して打球します。

 

 

 

で、バックハンドドライブに回転をかける場合は、
ラケットヘッドが下になるように手首を曲げて
円を描くような感じでスイングすると良いのですが、

 

弾く感覚のバックハンドドライブを打つ場合は
ラケットヘッドが自分を向くように
手首を内側に折るようにして
裏拳をするような感じでスイングします。

 

このように、つなぐバックハンドドライブと
決めるバックハンドドライブを
使い分けられるようになると、

 

 

かなりバックハンドの攻撃力や安定感が
増強されるはずです!

 

まとめ

 

ということで、

 

今回は、
バックハンドドライブの基本的な打ち方と

 

バックハンドでつなぐドライブと
決定打を決めるドライブを
打ち分けるコツについて書いてみました。

 

 

シェークハンドは
バックハンドで多彩な技術が出来る

というメリットがあるので、

 

この特徴を最大限に活かせるように
バックハンドドライブを
ガンガン振れるようにしていきましょう。

 

 

バックハンドドライブが強くなってくると
あまり大きく動かなくても

両ハンドで相手を攻めていく

 

という高速卓球ができるようになります。

 

 

で、高速卓球ができるようになると
そこまでボールの威力がすごくなくても
相手を押していくことができますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください