【卓球】ブロックを確実に止めるコツ!守備力の高いブロックのやり方

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

夜は卓球動画を見ながら時間を過ごす事が
結構あるんですが、
強い選手を見ていて共通していると思ったのが
「ブロックがとにかくうまい!」
ということなんです。

やはり、どんな強い選手といえども
すべて自分のパターンに持ち込んで
攻撃していけるというわけではなく
ときには相手に攻められるんですが、
その時にしっかりブロックで相手の攻撃を
止めて守りで得点できるかどうかで
試合が決まっていくというような面もあるので
ブロックはとても重要な技術だと思いますが
なかなかブロックを止めることができない
という方も多いみたいです。

そこで、今回はブロックを確実に止めるコツ
について紹介して行きたいと思います。

 

 

【卓球】ブロックを確実に止めるコツ!守備力の高いブロックのやり方

 

では、早速ですがブロックを確実に止める
コツについて紹介していきますね。

 

1,打点は頂点より少し前

 

ブロックをする時にはブロックする打点が
重要になってくるんですが、
相手が打ったボールが自分のコートにバウンドして
頂点に上がる少し前で捉えるようにすると
ブロックが相手コートに返りやすくなります。

なので、まずはブロックする時の打点を
バウンドして頂点に上がる少し前という
タイミングを意識してみましょう。

 

2,ラケットはややかぶせ気味、ヘッドを縦に

 

ブロックをした時に相手のボールの威力に押されて
オーバーミスしてしまったという経験は
誰もがあると思いますが、
ブロックでは相手のボールの威力に負けないということが大切です。

で、相手のボールの威力に押されないように
するためのコツがあるのですが、
それはラケットの角度をややかぶせ気味にして
ラケットヘッドを縦にしてブロックするということになります。

なので、フォアもバックもブロックをするときは
ラケットの角度をかぶせ気味にして
ヘッドを縦にしてブロックしてみてください。

 

3,威力があるボールはブロック時にラケットを上方向に流す

 

相手のドライブが強烈な場合
単にラケットの角度を合わせてブロックするだけでは
オーバーしてしまうという事があります。

強烈なドライブをブロックするコツは
ブロック時にラケットを上方向に流すようすると良いです。

ラケットを上方向に流すことで
相手のドライブの威力をいくらか
逃がすことができ、
また上回転が少しかかってボールが弧線を描きやすくなるので
相手コートにブロックがおさまりやすくなります。

 

ブロック技術が高いほど安定した試合運びがしやすく、卓球の上達も速くなります

 

ブロックというとなんだか地味な技術という
イメージを持っている方もいるかもしれませんが、
ブロックは卓球では必ず必要な技術なので
しっかりと自信を持ってブロックできるくらいまで
練習して身につけておきましょう。

試合ではすべてのボールをドライブで攻められる
というわけではなく
ときには打たれたドライブをブロックで
止めなければならないということもありますからね。

そういった時にブロックができないと
相手に打たれたら必ず得点されてしまい、
相手にペースを握られてしまうので
ブロックでしっかり守って
相手を振り回して得点につなげたり、
反撃のチャンスを作り出すようにしていけるように
していけるというのが理想的なブロックの使い方となります。

なので、安定したブロックができればできるほど
試合運びも安定したものになりやすくなると思います。

 

また、ブロックができないと練習の質も
低くなってしまう事が多いですね。

例えばどちらかがドライブをして、
片方がブロックをするという練習をしたい時
相手のブロックがミスばかりでつながらなければ
ドライブを打つ方は練習になりませんよね。

なので、ブロックがちゃんとできるようになれば
卓球の上達も自ずと速くなっていきますよ。

・ブロックやレシーブがやりやすい裏ソフトラバーとは?

 

まとめ

 

今回はブロックを確実に止めるコツについて
紹介しましたがいかがだったでしょうか?

ドライブやスマッシュなどの攻撃的な技術を
覚えるよりもブロックやツッツキなどの
守備的な技術から覚えていった方が
卓球は強くなりやすいという面があるので、
もし、ブロックをしっかりと止めることができない
と感じているのであれば、
今回紹介したコツを参考にして
ブロックの練習をしていって
守備力を高めていくようにしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください