【卓球】ブロックやレシーブがやりやすい裏ソフトラバーのおすすめは?

卓球の試合ではドライブやスマッシュなどの
攻撃的な技術よりも
レシーブやブロックなど守備的な技術が
まずは大切といわれますが、
そんなレシーブやブロックがやりやすい
裏ソフトラバーにはどんなものがあるのでしょうか?

これについて気になっている方も多いようなので、
今回はブロックやレシーブがやりやすい
裏ソフトラバーについてご紹介していきたいと思います。

 

 

【卓球】ブロックやレシーブがやりやすい裏ソフトラバーの特徴とは?

 

ブロックやレシーブなどの技術がやりやすい
裏ソフトラバーには3つの特徴があります。

  1. 回転の影響を受けにくいラバー
  2. 弾み過ぎないラバー
  3. 硬度が硬すぎないラバー

この3つのポイントを押さえているラバーであれば
ブロックやレシーブのような技術がやりやすい
ラバーであるといって良いと思います。

 

一方で、回転の影響を受けやすいラバーや
弾むラバーや硬いラバーは
ボールコントロールがやや難しくなってしまうため
ブロックやレシーブなどをしにくくなってしまうので
ある程度技術に自信がついてきてから
使用するというふうにした方が良いでしょう。

 

【卓球】ブロックやレシーブがやりやすい裏ソフトラバーのおすすめは?

 

さて、ここまではブロックやレシーブがやりやすい
裏ソフトラバーの特徴についてご紹介してきましたが、
具体的にブロックやレシーブがやりやすい
裏ソフトラバーにはどのようなものがあるのでしょうか?

ということで、いくつかおすすめの裏ソフトラバーを
ご紹介していきたいと思うのですが、
ブロックやレシーブなどがやりやすいラバーとして
ヴェガヨーロッパ がありますが、
口コミなどでも初心者が使いやすいラバーとして人気が高いですね^^

 

ヴェガヨーロッパは非常に柔らかいため
ボールコントロールがしやすく
ブロックがやりやすいと思います。

また、回転をかけやすいため相手のボールに
回転を上書きしてレシーブするということがやりやすいんですね。

なので、ブロックやレシーブがやりやすい裏ソフトラバーを
探しているという場合は一度ヴェガヨーロッパを
試してみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

 

今回はブロックやレシーブがやりやすい
裏ソフトラバーの特徴などについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

初心者の場合だとまずはブロックやレシーブがやりやすい
ラバーを使った方が試合で点数が取りやすいと思いますし、
練習の質も上がるかと思いますので、
あまり背伸びをして弾むラバーや回転がかかるラバーに
こだわり過ぎないようにした方が良いかと思います。

ということで、参考になれば嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください