【卓球】チキータの打ち方のコツ!チキータがやりやすいラバーとは?

どうも、卓球好きしゃちょーです^^

今でこそ多くの選手が使っているチキータですが、
ちょっとしたコツがあるため、
なかなかチキータを習得することができずに
困っているという方も少なくないようです。

チキータは2バウンドするような短いサービスに対して
使用する台上攻撃技術となりますが、
何よりも特徴的なのは横回転を加えているため
相手のコートに入ってから曲がっていくような起動を描きます。

なので、チキータを打たれると取りづらいですし、
横回転によって返すコースが限定されやすくなってしまうため
非常に攻撃的な台上技術というわけなんですね。

つまり、チキータを使いこなすことができれば
先手を取って攻撃することができるだけでなく
その後の展開も有利に持っていくことができるはず!

というわけで、今回はチキータの打ち方について
ご紹介していきたいと思います。

 

 

チキータの打ち方のコツ

 

チキータを使っている選手を見かける事も多いですが、
チキータをうまく打てないで悩んでいるという選手も少なくありません。

チキータは一体どのようにすれば打てるようになるのでしょうか?

チキータを打つためのポイントについて
以下にご紹介していきます。

 

1,ボールの後ろに素早く回り込む

 

チキータを打つ時にはボールの後ろに
素早く回り込みましょう。

バックハンドを安定して打つためには
ボールを体の正面付近で捉えるのがポイントとなります。

・バックハンドドライブの打ち方のコツ

 

2,体勢を低くし肩を前に出し肘を高く上げ手首を大きく内側に入れる

 

ボールの後ろに素早く回り込んだら
体勢を低くし肩を前に突き出し肘を高く上げ手首を
内側に入れるようにしてバックスイングを取ります。

この時にサーブの回転を見極めて
ラケットの角度を調整することが大切です。

例えば上回転系のサーブであればラケットの角度を
かぶせ気味にしてバックスイングを取りますし、
下回転系のサーブであれば少しラケットの角度を
開き気味にしてバックスイングを取ります。

 

3,ボールをよくひきつけの斜め後ろを手首のスナップを利用し回転をかける

 

ボールの後ろに回り込みチキータを打つ体勢を整えたら
ボールをよくひきつけボールの斜め後ろを
手首のスナップを利用して回転をかけるようにして打球しましょう。

手首のスナップがうまく使えていれば、
相手の回転を上書きしてかけ返すかたちになり、
相手の回転の影響を受けにくくなり
より攻撃的なチキータを打つことができます。

・チキータの打ち方【動画】

 

チキータがやりやすいラバーとは?

 

さて、ここまではチキータの打ち方についてご紹介しましたが、
チキータがやりやすいラバーについて気になっている人も多いようなので、
ここからはチキータがやりやすいラバーについて
解説していきたいと思いますが、
チキータがやりやすいラバーの特徴は
回転と弾みのバランスが良いラバーとなります。

ですから、テナジーシリーズやファスタークシリーズというように
回転とスピードを両立しているラバーはチキータがやりやすいと思います。

ファスタークG-1【送料無料】

 

逆に、回転がかかりにくいラバーだと、
チキータに回転をかけづらくなって
相手の回転に負けたりネットミスをしたりということが
多くなってしまいますし、
弾まないラバーだとボールにスピードを出すことができず
棒球チキータになりカウンターされてしまう
可能性が高くなってしまうので注意が必要です。

なので、チキータを多用して台上から先手を取って攻めていきたい
という場合には回転と弾みのバランスが良い
ラバーを使用するようにすると良いでしょう。

 

まとめ

 

今回はチキータの打ち方のコツや
チキータがやりやすいラバーの特徴についてご紹介しました。

チキータは使いこなせるようになると
短いサーブを積極的に狙って先手を取っていけるので
相手がサーブを持っている時の得点力を
高めていくことができるため
習得しておいて損はない技術になりますので
ぜひ今回ご紹介したコツを参考にして
チキータを練習されてみてください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください